アッソブのショルダーが小型カメラバッグとして絶妙なサイズでおすすめだという話

旅行/散歩用の小型カメラバッグがほしい!

ミラーレスと、交換レンズ一本と、あとは財布やパスポートくらいが入るもの。

もちろん

「人とかぶらない」「かっこいい」

という2点もクリアしてないとダメだ。

そんな天邪鬼な僕が色々ネットやショップで見て選んだのが上のアッソブのCORDURA DOBBY 305D 2WAYショルダー

CORDURA DOBBY 305D 2WAY BAG S

 

素材:DOBBY CORDURA® 305d fabric/ベジタブルタンニンレザー

サイズ:W240 x H180 x D120 mm

重量:400g

上の画像/詳細はアッソブ公式より引用させて頂きました


ということで今回は

・アッソブのショルダーの魅力

・特徴

・サイズ感

というのを写真を交えつつお話した後、おまけとして

・他のCORDURA DOBBY 305Dもカメラバッグとしておすすめやで

という話をしていきたいと思います。

アッソブのコーデュラドビー305 ショルダーの魅力とは。

 

なぜコイツを選んだかというと、ずばり

「かっこよくて」「頑丈で」「安くて」「意外とかぶらない」

という魅力があったからだ!!以下に詳しく解説していくよ。

qubotan

魅力1・かっこよすぎ

 

外部ジッパーすべてについている革の引き手。

革の引き手、光沢感のある素材、真鍮プレート・・・。CORDURA DOBBY 305Dシリーズ全般に言えることだけど、シブくて高級感がある。所有欲を満たしてくれること間違いなし。

上の製品情報で引用したもう一つのカラー「カーキ」も、目の前にするとめちゃくちゃ素敵な色!!とくに肩掛けが上品なゴールドで、僕は悩みに悩んで黒に。

qubotan

魅力2・頑丈

 

CORDURA DOBBY 305Dという生地は摩擦、擦り切れ、引き裂きに強い。安心して旅行のお供にできる。

しかし引き手の革の部分は雨に弱い素材らしい。

強いんだか弱いんだかよくわからんところもちゅき!

qubotan

魅力3・安い

 

 

シブくて頑丈なアッソブのコーデュラドビーシリーズ。安くて20.000円~なんですが、この2wayはなんと8000円ほどで買える!店で見たとき思わず「安!」って声を出してしまった。

魅力4・意外とかぶらない

 

 

「マスターピース」という有名なバッグブランドから独立し、平成25年に新たに誕生したのがアッソブ。

知っている人は知っている、的なブランドなので意外とみかけない。しかし今に知れ渡るブランドだと思う。

コーデュラドビー305 2way ショルダーの特徴

 

さてここまで魅力をお伝えしてきたんですが、ここからはその他の特徴を紹介します。

qubotan

メインポケットのサイズ感

ミラーレスとしては少々大き目のカメラとそのレンズをソフトケースに入れ、その上からアッソブにいれてみるとこんな具合。

はしのほうに少し余裕があり、おりたたみ財布や350mlのペットボトルが入るくらいのスペースが。横から見てもパンパン感はないです。

ちなみに使っているソフトケースはこちら。

その他のポケットについて

上で挙げたメイン以外に3つのポケットがあるので順に紹介!

qubotan

1・バッグ外側の前ポケット

止水ジッパーがしてあるので雨に強い。大きさは成人男性の手をパーにしてちょうどおさまるくらい。


2・バッグ外側の後ろポケット

背負ったときに体に密接する側のポケット。サイズ感は前のポケットと同じだけど、止水ジッパーではない。


3・内側のポケット

メインポケットの中のポケット。外二つに比べて少し小さめパスポートがちょうどおさまる深さ。横幅は多少余裕がある。

 

肩掛けについて

 

アッソブ・コーデュラドビーシリーズは、肩にかける部分や背中にしっかりしたパッドが入っていて、体の負担を軽減してくれるものが多い中、この2WAYショルダーにはパッドがありません。

でも、たくさんのものは入らない大きさなので必要ないし、夏のラフな服装にも合わせやすく、仰々しくなく気軽に持ち出せるので逆にメリットかと。

アッソブのコーデュラドビーシリーズのリュックはショルダーハーネスがゴツく、パッドも本格仕様!コートとの相性は抜群です!!

qubotan

2通りの使い方ができる

 

もうひとつの持ち運び方がこれ。手に持つ手荷物、なんつって。

取っ手を拡大。

as2ov CORDURA DOBBY 305D 2WAY BAG Sのまとめ

「ちょっとそこまで」のカメラライフやお出かけをより楽しくしてくれそうなアッソブの小型ショルダー。魅力が少しでも伝わったのなら幸いです。最後にここまでのまとめをどうぞ。

  • 「かっこいい」「丈夫」「安い」「かぶらない」
  • ポケットはメイン以外に外2つ/中1つ
  • ミラーレス+交換レンズ1本+折り畳み財布くらいの容量
  • 肩掛けや本体にパッドなし
先日四天王寺へ万灯供養の写真を撮りに行った際にこれを引っ提げていったんですが、小回りが利き口もそこそこ開くのでカメラをさっと取り出せたんで助かりました。

qubotan

 

 

ちなみにこれよりもう少し大きなMサイズと Lサイズもあるよ。

 


さて、アッソブのショルダーについてはここまで。ここからはおまけ。

カメラバッグとしておすすめできそうな他のアッソブ

についてお話していこうかと。

出典:unby

実はこれを買うまでに悩んだアッソブのバッグがあったんですが、サブバッグではなくメインとして機能しそうなもので旅行に持って行くにはちょっと、と思い今回は購入に至りませんでした。

しかし、メインとして使うにはほんとによさそうだと思ったので以下にそのアッソブのボディバッグを紹介しようと思います。

出典:unby

2WAYと同じ生地なので光沢があり、革の使用率が上に紹介したショルダーより高く、シブさがアップ

 

出典:unby

背中と肩にパッドが入っていて、ウエストバッグとしても使用可。ショルダーにはないPCスリーブも。

SとLの2サイズあるのでそれぞれを以下で簡単に紹介。

Sサイズ

出典:unby

サイズ:約 W290×H180×D100(mm)

ショルダーストラップ:長さ 約 820~1270(mm)×幅 約 37~138(mm)

重量:約 670グラム

外側:ジップポケット(L)×1、ジップポケット(S)×1

内側:タブレット収納×1、ジップポケット(L)×1、オープンポケット(M)×2

出典:アマゾン

Lサイズ

出典:unby

サイズW350×H220×D120(mm)

ストラップ:長さ 約 830~1270(mm)×幅 約 30~130(mm)

重量:約 750グラム

外側:ジップポケット(L)×1、ジップポケット(S)×1

内側:タブレット収納×1、ジップポケット(L)×2、ベルクロ留めポケット(M)×2

出典:アマゾン

 

SとLでそこそこサイズが変わるが、値段は1000円ほどしか変わらない。

 

ショルダーと比べた時のメリット・デメリット
  • 肩にかける部分の幅が厚く、服によっては合わせづらい。
  • PCスリーブやパッドのおかげで電子機器の持ち運びがより安心。
  • 高価。お値段15,000円ほど。
僕の購入したショルダーより機能性がアップ!PCやタブレットも同時に持ち運びたい人におすすめです。

qubotan

 

おしまい!最後までおつきあいありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です