GoPro HERO7の3種とHERO6を比較!ゴープロ7のどのモデルが誰におすすめかを教える!

2018.10.10追記:表を改善&タイムラプス関連の修正

みんな~~~!Go Pro Hero7が9/27に発売されたぞ~!!

7blackの公式動画↑

おまけに3モデルもでたぞ〜!!!

長男の7ブラック君。

次男の7シルバー君。

三男の7ホワイト君。

 

ども!goprohero7の発売でテンションがあがりまくっているqubotanです!

今日はこの愉快な3兄弟について

  • それぞれが超おおまかに誰向けなのかを説明し
  • 一世代前のhero6も交えた計4種類を比較し
  • 共通点とちがいを解説しつつ
  • ハイスペックのものだったらどれがおすすめか
  • エントリーモデルだったらどれがおすすめか

をお話していこうと思います!!

それぞれのGoProが誰向けかの超おおまかな説明

・7ブラック&6→アクションカムのガチ層向け

 

・7シルバー&ホワイト→Goproちょっとさわってみたいな~という人向け

というのも、性能や使い勝手が

7ブラック  >  6  >>>  7シルバー  >  7ホワイト

ぐらいのパワーバランスでして、7ブラックと6の方が写真も動画もきれいに撮れて、できることの幅が広いからです。

その根拠を以下にHERO73種類+HERO6の合計4つを比較した表を挙げた後で、説明していこうと思います。

GoPro HERO7の3種とHERO6の比較表

種類 7 black 7 silver 7 white hero 6
写真 12mp 10mp 10mp 12mp
動画 4K60fps 4K30fps 1080p60fps 4K60fps
手ブレ補正
画質調整 ◎(HDR) △(WDR) × 〇(HDR)
タイムラプスフォト × ×
タイムラプスビデオ
スローモーション ×8 ×2 ×2 可能
防水 〜10m 〜10m 〜10m 〜10m
電池 着脱式 内蔵 内蔵 着脱式
音声コントロール
wifi+bluetooth
GPS ×
タッチスクリーン
値段 54,460 41,580 31,860 44,000~
この表をもとに、共通点と違いを以下で解説!

qubotan

ゴープロ7の3種類とHERO6の共通点

・タイムラプスビデオ

・10m防水

・wifi+bluetooth

・タッチスクリーン

どのモデルも水遊びや雨天時に安心して使え、スマホからの遠隔操作が可能でおまけにタイムラプスビデオ(早送り動画)も撮れるということですね。

また、表にはありませんがブラック/6のバッテリー1個とシルバー/ホワイトの内臓電池の容量もおそらくほとんど同じです。

ゴープロ7の3種類とHERO6のちがい

ゴープロ7 BLACKの手ブレ補正がやばい!

5から6でも手ブレ補正は進化してたんですが、7ブラックはさらにパワーアップでジンバル(別売の手ブレ補正のマシン)いらずとの噂も!なので「アクション」カムとして動きのあるスムーズな動画を撮りたいなら7ブラックが最強。

ゴープロ7 BLACKは画質調整もパワーアップ!

出典:gopro

superphotoというHERO6のHDRを強化版みたいな機能で、より美しい写真が撮影可能に。↑はsuperphotoで撮影されたもの。

HERO6だと日光が出ていない時だと色味が少し薄かったんですが、改善されているようですね。

qubotan

ゴープロ7 BLACKとHERO6は音声コントロールが充実!

音声コントロール自体はここで紹介している全モデルにあるけど、電源ONが出来るのは7ブラックと6のみ。

サーフィンやロードバイク、スケート中など、手が離せない時にも動画撮影可能で活躍してくれること間違いなし!

ゴープロ7 BLACKとHERO 6は夜に強い!

このナイトラプスはhero6のもの。暗いところでも綺麗に撮影できるナイトラプスやナイトフォトが搭載されているのはこの二つだけ。

ゴープロ7 BLACKは動きながらのタイムラプスが可能!

一つ前の動画のよう従来はカメラを固定して撮るものだったんですが、7ブラックは動きながらタイムラプス「タイムワープ」が撮れる!

これまでにあまり見なかった目新しい映像はSNS映えすること間違いなしだ!

qubotan

ゴープロ7 SILVERとWHITEは電池内蔵

充電がなくなった際に予備の電池さえ持っていれば撮影を続けられる7ブラックと6と違い、シルバーとホワイトは充電する時にコンセントが必要。モバイルバッテリーで給電しながら撮るという方法もあるけど、gopro周りがごちゃつく・・・。

なので旅行や登山などのアクティビティで一度でたくさん撮りたいという人にはシルバーとホワイトは不向き。

シルバーとホワイトは二世代前のモデル、HERO5Sessionの進化版ってところやね。

qubotan

長時間撮るのはタイムラプスだけにしようという人はシルバー/ホワイト+モバイルバッテリーもありかもしれない。詳しくはGoproのバッテリーの種類にて解説してますので是非。

まとめ1・ハイスペックなGopro HERO7 BLACKとHERO6だったらどっちを買うべきか

出典:gopro

HERO7がおすすめ。

なぜなら同じハイスペックモデルの両者の値段を比べてみると、2018年9月末現在で5000円ほど違うわけですが、この価格差で

・動きながらタイムラプス可能

・手ブレ補正強化

・写真の画質強化

・縦向きでの撮影可能

・写真タイマー

これだけの恩恵が得られるからです。

僕は7blackを10月末に購入しました。

qubotan

まとめ2・エントリーモデルのHERO7 SILVERとWHITEだったらどっちを買うべきか

出典:gopro

登山、バイク、車、ロードバイクをするならシルバーがおすすめ!

上と同じように今度はエントリーモデルでの値段を比べてみますと10,000円。この価格差で

・4K撮影

・画質調整

・GPS機能

これだけの恩恵が受けられます。

7ブラックと6ほどの変化はなく「これだけに1万円?」と思うかもですが!

こんな感じでGPSがついていると場所だけでなく速度やルートもわかるので、登山をはじめとした上記のアクティビティで使用するとこれが思いのほか楽しかったりするんです。

とはいえ、上に挙げたように両モデルともに「ハウジングなしで10m防水」「手ブレ補正(7ブラックよりは劣る)」「音声コントロール」「縦向き撮影」と、ある程度の利便性はあるのでとりあえずお試しで、という人だったらホワイトでも存分に楽しめるかと思います。

qubotan

追記:シルバー、ホワイトにもうひとつのエントリーモデル「goproHERO2018」を加えた、goproエントリーモデル3機種がそれぞれ誰におすすめかという記事を追加したので、エントリーモデルで悩んでいる人はそちらもぜひ。


あわせて読みたい記事
GoProHERO7で何がしたい?シーン別オススメマウント&アクセサリ集!

これ以上ないくらいに色んなジャンルのマウントを1記事にまとめてみました


最新の格安ゴープロ比較!HERO 7と HERO 2018、買うならどっちか。

HERO7ブラックは高くて手が届かないという人向けに最近の安いGoproだけを比較。


値段が同じinsta360 ONE xとGopro HERO7 BLACKを比較してどっちを選ぶべきか本気で考えた

発売日も価格も近いinsta360 one XとHERO7 BLACKどちらを選ぶべきか考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です