ワコムのペンタブintuosシリーズの種類と違いをがっつりくわしく総まとめ!

どうも、ワコム歴10年のqubotanです。

そこのアナタ・・・。

「今からワコムのintuosを買おうとしてるんだけど種類が多すぎてどれがいいかわかんない」

「intuosのそれぞれの違いはなんなのよ」

とか思ってるんじゃあないですか??

おっけーおっけー!

この記事だけ見りゃ全部解決ってくらいintuosの種類とその違いをがっつり書いたのでまあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

いやいや自分の環境に合うintuosさえ教えてくれたらいいから!というせっかちさんはあとから書いたこちらの記事「環境ごとのおすすめINTUOS」の方がおすすめだ!

どれを買えばいい?環境ごとのおすすめintuosシリーズ!自分に合ったワコムのペンタブを。

時間はじたくさんあるぜ、詳しく知りたい!という人はどうぞ以下へ進んでいってね。

intuosとは!

出典:imagescience

 

  • ペンタブレットを作って35年もの歴史を持つワコム製のペンタブレット。
  • 昔bambooという初心者向けペンタブがワコムから出てたけど、今はintuosがそのかわり。
  • 最近は他のメーカーのペンタブも見かけるけど、シェア率的にはまだまだワコム一強。
  • デジ絵初心者向けのintuosと中級者~向けのintuos proがある。
今日は初心者向け、intuosのお話

qubotan

intuosは何種類あるの・・・?

出典:アマゾン

旧型7種と新型3種で合計10種類!

  1. 「旧型Sサイズ イラスト・マンガ用ソフト付き」
  2. 「旧型Mサイズ イラスト・マンガ用ソフト付き」
  3. 「旧型Sサイズ アート用ソフト付き」
  4. 「旧型Mサイズ アート用ソフト付き」
  5. 「旧型Mサイズ 3D制作用ソフト付き」
  6. 「旧型Sサイズ 写真編集用ソフト付き」
  7. 「旧型Sサイズ 簡単なお絵描き用ソフト付き」
  8. 「新型Sサイズベーシック」
  9. 「新型Sサイズワイヤレス」
  10. 「新型Mサイズワイヤレス」

ざくっとならべてみたけどそれだけじゃよくわからんと思うから以下に

1・新旧の本体について

2・新旧本体のちがい

3・新旧の付属ソフトとそのちがい

4・サイズの選び方

5・賢いintuosの選び方

の順で詳しく説明していきます!!

 

新旧intuosの本体について

旧型

新型

全部で10種類あったけど、本体のカタチは2つだけ。古いか新しいか。

新型はintuosもproも去年や今年出たばかり。旧型は3~4年前の製品。

ペンの見た目と、本体のカラーバリエーションの数とボタンの数は同じ

値段は同じサイズの新旧で1000~5000円くらいの差。

 

新旧intuosの本体の違い

①・新型の方が筆圧レベルが高い

 

②・新型の方がコンパクト

 

③・新型にはタッチ機能がなくなった

↑のざくっとした説明でオッケーという人は↓は開かなくていいよ

新旧本体のちがい1・筆圧レベル

ペンをぐっと押し込みながら描くと線が濃く、太くなる。逆にそっと描くと薄く、細くなる。これはペンタブが筆圧を感知してくれているからなのだ!

旧型では2048段階の強弱を感じ取れたが新型では4096段階に。

いや、2048段階でも大概すごくね??

qubotan

 

新旧本体のちがい2・新型の方がコンパクト

同じサイズでも新型の方がよりコンパクトに。技術の進化にむせび泣け!

製品 旧型 新型
intuos S 210×169 200×160
intuos M 275×217 264×200

ちなみにproの方も新型の方がコンパクトになってて、あちらの方がもっと顕著。

 

新旧本体のちがい3・新型にタッチ機能がない

新型唯一のデメリット。

一部を除く旧型のintuosにはタッチ機能が搭載されていて、タブレットみたいに操作できたんだけど新型にはない。

直感的な操作が出来るというのが売りなんだろうけど、個人的な話をすれば絵を描くとき僕は使わない。

 

新旧intuosについてくるソフトとそのちがい

出典:クリップスタジオ

intuosシリーズは初心者用ということで新旧ともに無料でソフトがついてくる

単品で買うと3000~16000円くらいするソフト(モノによる)がタダなのですごい得。

ただ、新旧でソフトが変わり、その取得方法も変わった。

旧型はソフトがあらかじめ同梱されているのに対し、新型は買った後で好きなソフトをダウンロードする形に。

つまり、旧型を選ぶ場合はペンタブで何したいかを買う前に決めとかないと取り返しがつかないってことだね(まあやりたいことなんて決まってると思うけど)

qubotan

どんなソフトがあるのかは以下でみてみましょ!まずは旧型から。

 

intuos旧型の名前とその付属ソフト

目的ごとのラインナップを以下に紹介するけど、ぶっちゃけると3D制作用以外は素直に新型を買った方が徳なことが多い。


マンガ・イラスト用「intuos Comic」

クリップスタジオプロ(2年ライセンス) 6000円程度が無料。

超有名イラストソフトだね。

本体サイズ…SとM

+4000円ほど買える、後述する新型ワイヤレスの方にも同じソフトがついてくる。


本格的なイラスト・絵画・油彩用「intuosArt」

corel painter essentials5(64bit)というソフトがついてくる。

本体サイズ…SとM


3D制作用「intuos3D」

Zbrushcoreという16000円程度の3D制作ソフトが無料。

後述の新型にはこの3Dソフトはついてこないので今から格安で3D制作したい人はこれがいい!!

本体サイズ…Mサイズのみ


写真編集用「intuos Photo」

以下の3つのソフトが付いてくる。

  • corel paintshop pro x8(windows用)。買うとおそらく8000円くらい。
  • macphun pro package(マック用)。
  • corel aftershot pro 2(windowsとマック両方対応)。 4000円くらいのソフト。

本体サイズ…Sのみ


簡単なイラスト用「intuos Draw」

artrage lite という3000円ほどの画像編集ソフトが無料。

旧シリーズのラインナップで唯一、指でのタッチ機能がないので注意。

本体サイズ…Sのみ

新型Sベーシックモデルの方がついているソフトもいいし、全く値段が変わらないので今これを買うメリットはまったくない


intuos新型の付属ソフト

製品によって1~3種類選べる。

上にも書いたけど旧型と違いペンタブを買った後でダウンロードする。

買ったペンタブによってダウンロードできる数と選択の幅がちがう


wacom intuos small(ベーシックモデル)

Sサイズのintuos。

  • corel painter essentials 6(イラスト用ソフト)
  • corel aftershot 3(写真編集用ソフト)

この中から1つ選べる。

一番お手頃で2018年5月現在アマゾンで9000円くらい。


wacom intuos small(ワイヤレス)

Sサイズのワイヤレス。

  • corel painter essentials 6(イラスト用ソフト)
  • corel aftershot 3(写真編集用ソフト)
  • クリップスタジオプロ(2年ライセンス)

この中から2つ選べる。上より4000円くらい高い。

4000円で定価数千円のソフトとワイヤレス機能が付いてくると考えるとこっちの方がお得な気がする。


wacom intuos medium(ワイヤレス)

Mサイズはワイヤレスのみ。

  • corel painter essentials 6(イラスト用ソフト)
  • corel aftershot 3(写真編集用ソフト)
  • クリップスタジオプロ(2年ライセンス)

これ3つともダウンロードできる

2018年5月現在お値段2万円ほど。


新旧intuos付属ソフトまとめ

・intuos旧はペンタブと同梱なので用途を決めてから買うべし。

・3D制作を格安でしたいのならintuos3D(旧)一択。

・intuos新はあとからDL!クリップスタジオが使いたいのならワイヤレス。

intuosのサイズの選び方

出典:wacom

↑に書いたけど、旧intuosはシリーズによってSしかなかったりMしかなかったりなんてものもありますが、ワコムのHPにオススメが書いてたyo

出典:wacom

ノートPCをメインPCとして使っているのならほとんどの人がSかと。

しかし逆にデカいモニターなのにSを使ってもそのうち物足りなさを感じるぞ!(体験済み)

 

かしこいintuosの選び方

まず、旧シリーズを選んでも幸せになれる人は以下のどれかに当てはまる人。

  • 絶対タッチ操作がしたい
  • 少しでも安くクリップスタジオ(イラスト・漫画ソフト)を手に入れたい
  • 3D制作を格安でしたい

それ以外の人は新型をおすすめ!何故ならば

Sサイズを買う人は新型ベーシックモデルの方が

  1. 値段も変わらず
  2. できることも変わらず
  3. 本体の性能が高い

のでタッチ操作必須じゃない人は絶対徳だから!

 

・Mサイズを買う人は新型の方が5000円くらい高いけど、

  1. 上にあげた新型Sサイズの3つのメリットがあり
  2. 入手できるソフトの数が増え
  3. ワイヤレス対応済み

なのでコスパは絶対にいいから!!旧型は少しでも初期投資を抑えたい人向け。

 

全体のまとめ

出典:internet watch

・intuosには新型と旧型がある。新型=ペン高性能&コンパクト 旧型=タッチ可能

・新型は「S」「Sワイヤレス」「Mワイヤレス」の3種。

・新型のソフトはあとからDL!クリップスタジオ使いたいならワイヤレスモデルを選ぶべし

・旧型は「イラスト・マンガ」「アート」「3D」「写真」「簡易版」とそのサイズ違いで7種。

・旧型はソフト同梱!用途を決めて買うべし!

・Sサイズ買うんだったら新型ベーシックモデルの方が徳

・格安で3D制作したいんだったら旧型intuos3D一択

・Mサイズも新型の方がコスパ高い

・タッチ操作必須の人は旧式

・サイズはPC画面の大きさにあったやつにしろ!

以上!

何かの参考になれば幸い!!

次に読みたいオススメペンタブ系記事
どれを買えばいい?環境ごとのおすすめintuosシリーズ!自分に合ったワコムのペンタブを。

上にも挙げましたがサクッと自分に合うintuosを見つけたい人はこちら。


あなたに合うのはコレ!新旧ワコムintuos proシリーズの種類と違い

中級者~向けintuosproについてがっつり知りたい人へ。


ワコムのペンタブ系の記事総まとめ

僕が書いた数あるワコム記事のまとめはこちら。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です