旅行用にkarrimorsf SABRE45Lを購入した結果&30Lとの違い

登山と旅行が趣味の自分は少し前にkarrimorsfのsabre45を購入しました。

sabre45Lは店頭においてないのでちょっとした冒険だったのですが、今回は

・sabre45を購入するに至る経緯

・sabre30や、同じカリマーSFのプレデターパトロールとの比較

・購入してわかったメリットデメリット

をお話したあと

・サイドの拡張パックのバリエーション

を挙げていこうと思います。

けっこう長いので下の目次から興味のあるところだけ読んでもらってもオッケーです。

セイバー45を買う前の要望

バックパッカーがしたかったので40L以上、だけどアウトドア特有の赤+灰色とか水色+黄色みたいな配色はさけたい。おまけに天邪鬼ということで

・大き目

・人とかぶらない

・かっこいい(超主観)

簡単にまとめるとこの3つ。

今回、結果的にセイバー45Lを選んだけど、実はこいつを選択するまでに上の条件を満たしてくれているリュックが2つがありましたのでそちらもあわせて紹介。興味あったら下をクリックしてね。(別のページにはとびません)

qubotan

セイバー45Lと迷ったバックパックたち

1・ボレアスのhalo65の緑

主な特徴

・見た目がかなりクール。

・ポケット多数。

・腰のベルトしっかり。

・独自のクッションで背負い心地◎。

・人とかぶらない。


ちなみにボレアスのかっこいいバックパック特集はこちら

boreasのバックパックはカッコよく高機能なのに認知度が低いのでおすすめ

2・ミレーのサースフェー40L黒

主な特徴

・配色がシンプルで合わせやすい。

・日本人にあったサイズ感。

・フィット感がよくめっちゃ背負いやすく腰ベルトの腰のいたわり具合が最高。

・ポケット多めでさらに丈夫。

・リアル店舗に置いてあって背負い心地も試しやすい。

・安い。なのでコスパも抜群。

なぜこの2つが選考からもれたのか。

ボレアスはがっつり登山するのならともかく日本人には65Lは大きすぎる、と聞いたため。

一方、サースフェーは以前登山(デイハイク)用に30Lを購入しているから。

あとショルダーハーネスを背負った時に前から見える、裏側からの灰色の汗吸収パッドが個人的には気になった。黒で統一してほしかったな・・・。

しかし30L持ってなかったらこれ買ってたかも。

あとセイバーはミリタリーっぽく見えないのも自分にとっては購入のきっかけのひとつ。

いやいや由緒正しいミリタリーものだろうとお叱りを受けそうですが、僕みたいな素人がミリタリーか否かを判別するのってモールの有無が大きく関わってくると思うんですよね。

このSABRE45L、モールがない

モール付きバックにピンとこない僕はこのフォルムと色味が気にいって購入を決意しましたとさ。

セイバー45L君、店頭に置いてない事件

さてそんなドラフト一位で選ばれたセイバー君なのですが店頭に30Lの方は置いてあるのに45Lは置いてない。結構回ったけど置いてない。

そこで分からないなりに色々違いを調べてみました

SABRE30Lと45Lの違い

 

全部で三つあるのでひとつずつ解説。

qubotan

違い1・sabre45にはサイドポケットがない

↓の画像見てもらってもわかると思うんですが45Lのほうにだけペットボトルの飲料をしまえるスペースがない。なんでなくした・・・。

違い2・sabre45にはサイドと後ろに拡張の仕組みがある

45lは両サイドにジッパーが付いていて専用の追加パーツを購入することで色々拡張できる。この記事の下の方で紹介してます。

また、横だけじゃなくフロントにあるこのフックもモールのような役目を果たしていて、色々拡張したりカラビナつけたりできる。

カラビナってこれね。

 

30Lはバックパック本体で完結しているのに対し45lは自分好みに拡張でき、有料DLCが楽しめるといったところでしょうか。

qubotan

違い3・sabre45は腰ベルトがごつくてでかい

 

容量が多くなった分、負担を分散させる役割のある腰ベルトのパッドがしっかりしたものに。(本当は腰より上で安定させるものらしいですが)

この腰ベルトについているひもは手の休めどころとしてとてもいい感じです。

sabre 30について、「誰向けでどんな特徴があるのか」等くわしく知りたい人は「sabre 30Lはおすすめのリュックだ」という記事を書いたんでもしよければ。

qubotan

sabre45Lとpredatorpatrol45Lの違い

出典:amazon

カリマーSFシリーズの容量が同じものには「プレデターパトロール45」が。これはsabre45と比べて

・サイド、フロント、腰ベルトにモールがあり

・サイドポケット付き

・1万円ほど高価

という違いがあります。

やはりディティールがよくわからない。

出典:カリマー

こんな感じで違いは事前に調べたのですが細かいところは実際手に取ってみないとわからない。こりゃあ参りました。

やっぱサースフェーにしとくかなぁとも思いましたが「ええ~い、ままよ!」という感じでアマゾンで購入。

そうして今手もとにあるセイバー45L君なのですが実際手に取ってみたり、使ってみたりしていいなぁと思える部分と悪いなぁと思える部分があったので以下にまとめてみようと思います

セイバー45Lのいいところ

1・色味

実際に手に取ってみると緑が深くて鮮やかなのに驚きました。

2・腰のベルトの安定感

旅行の長距離移動の際に負担を軽減してくれる大きな役割を果たしてくれるであろう腰ベルト。

正直、一番購入前に気がかりだったのがこれ。

ミリタリーのベルトは本来おなか周りで締めるもので、本来腰をサポートするものではないそう。

しかしショルダーハーネスの長さを調整することで腰あたりまで持ってくることが可能でした

サースフェーには劣るけれど全然快適。

 

3・ショルダーハーネスと背中のクッションがごつい

さすがミリタリーもの。しっかりしてます。背負い心地がいい。

この前の台湾旅行で基本背負いっぱなしでしたが全然疲れなかった。

通気性もよかったです。

4・しまいやすい

サイドのジッパーをしめると驚きの細さに!!

週刊少年ジャンプと同じくらいの厚さになるのでしまうときに場所を取りません。

セイバー45Lのイマイチなところ

ポケット少なすぎ

これに尽きます。

メイン以外にはトップの外側に一つと内側にメッシュ状のものが一つ。メインの背中側に簡素なPCスリーブ的な場所が一つ。以上!

いやいや、アマゾンや公式見たらわかるやろ!と思われた方が多いと思います・・・

ええ、わかってたんです。でも意外と何とかなるんじゃないのって思ってました。

その考えが浅はかでした・・・。

30Lとの違いにも書きましたが、旅行中ペットボトルさすところがないのは地味に痛い。

他に地図帳出せるところ、携帯入れは欲しいと旅行中感じました。

幸いこのセイバー君には上述の拡張バッグがあるので、これを購入しようと心に決めた僕です。

どんな拡張バックがあるの??

 

サイドのジッパー部分につけるタイプのもの正面につけるものとあるので、それぞれ代表的なものを以下に紹介。

 

サイドのジッパーを利用するタイプ4種類

 

①・かなりデカいやつ

正式名称「サイドポケット」。容量12,5L×2

これでトータル45L+25Lで70Lの大容量に。お土産どんどん買おうぜ。

これを装備するとこんなパンパンになると思いきや

動画を見るとモノを入れてない状況だとスマートさをキープできているようです。

 

ちなみにセイバー45Lとこのサイドポケットがセットになったものもある。

別に割引があるわけではないけど、両方購入することを決めているのであればこっちをはじめから買うといいと思います。↓

 

②・色々小分けできるヤツ

正式名称「ダブルオムニ サイドポケット」。

ポケットが合計3つも増えるので一気にポケット問題を解消できる。

下のポッケはドリンクホルダーとしても使えそう。

左右両方につけるのなら2つ買わなきゃだめよ

 

③・色々小分けできるヤツその2

正式名称「アモ オムニ サイドポケット」。

上段のポケットが二分割されてもっと小分けできる。

ひとつ上と同じくこれも一つの値段だから注意!左右で違うのを付けてもいいかもね。

 

④・モールパネル

一見するとタダのモールのようだけど、これ自体裏側に底アリのポケットがついている。

本や雨具を入れるのに適しているがペットボトルは取り出しにくそう。

でも、途中までジッパーをしめてサイドのベルトをしめることでドリンクホルダーの役割も出来るんじゃないかとも。

正しい使い方はこんな感じ。ポーチを付けて色々遊べる。

シンプルな分、値段が上記三つに比べて安く半額くらいなのも魅力。

すでにモールシステム対応のポーチを持っているのであればよい選択

 

正面につけるポーチ4種類

 

①・大ポーチ

正式名称「オムニポーチ」約3,4L収納可。

唯一開け閉めがチャックじゃないポーチ。

そんなに入らなさそうと思っている人のための動画。

 

②・中ポーチ

正式名称「ラージユーティリティポーチ」。約2・5L収納可能。

実際のサイズ感は動画を見てみると分かり易いかと思います。

 

 

③・小ポーチ

正式名称「スモールユーティリティポーチ」容量1L

これはセイバーに限って言えば正面よりサイドにつけるモールパネルにつけたい。

さすがに値段が安い。

 

④・小分けできるポーチ

正式名称「メディカルポーチ」容量1,2L

その名の通り本来はファーストエイドを入れておくポーチ。

他の正面ポーチと違って色々小分けできるのがうれしいところ。

ちょっとした食べ物なんかを入れておきたい。

 

 

 

ほかにもあるのですが代表的なものはこれくらいでしょうか。

 

結局どんな人におススメ?

・モールシステムはあんまり・・・。

・安く済ませたい

・人とかぶりたくない

なんて人にはお勧めです。逆に

・モールが気にならない

・モールシステムのポーチを既に持っている

・より自由にカスタマイズしたい

・デフォルトでサイドポケット欲しい

という人は、プレデターパトロール45Lがよいかと。

 

旅行用だったらセイバー45Lとプレデター45Lのどっちが買い??

個人的な考えでいうと、まずどちらを買うにしても拡張ポケットが一つは欲しいところです。

セイバーの方がプレデターより1万円ほど安く、その差額で上で紹介した公式のサイドバックやポーチが買え、お釣りも来るかもなのでプレデターのデザインが好きという人でなければセイバーを購入した方が幸せになれる気がします。

ということでめちゃめちゃ長く語ってしまいましたが今回はカリマーSFのセイバー45Lについての記事でした。

 

ほかのおすすめバックパック系記事

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です