そのmicroSD大丈夫?アマゾン等で購入後チェックすべき2つのポイントとその方法!

?「ファァぁぁアアアッ!!だまされたぁぁぁあッ!!!」

この記事で得られるもの

・偽物マイクロSDの特徴

・Gopro4K撮影に必要なmicroSDのスピードクラスとその具体的な速度

・microSDのチェック方法とその使い方/見方

ちょっと前にGoproを購入したクボタンです。大容量のmicroSDって記録の読み書きも速いスピードで行えますが、家電量販店でみるとめちゃくちゃ高いですよね〜。64GBで1万以上。

これがなんとアマゾンで買うと1/3くらいの値段で買うことできます。が、偽物を引き当てることもあります。でもamazonの場合30日以内なら返品が可能なので、アタリを引くまでやり直しができるわけですね。

今回は僕みたいなamazonでリセマラしたい人用に、SDカードのアタリハズレの判別方法をまとめてみました。

注意
偽物をつかまされた場合返品&交換してもらう期間も必要なので、そのmicroSDを使うまでの時間があまりないという人にはオススメしません。

偽物の特徴

色々サイトを見ていると偽物は本物と比べて

①・容量が少ない

②・PCへの読み取り/カメラへの書き取りスピードが遅い

③・①と②の両方(最高だな、オイ!)

という特徴があります。パッケージや本体のデザインが違うというのもあるけど、そんなの購入前に確認できるわけないので割愛。つまり、ネット購入で偽物かどうかを判断するポイントは「容量」と「速度」の2つということですね。

書き込みが遅いと写真や動画を撮る際、書き取りのスピードが遅いとビデオがカクついたり連写が遅くなったりするので使い物にならない。

qubotan

GoProの4K撮影に必要なスピードとは

Goproの日本の代理店TAJIMAによると公式の推しmicroSD「sandisc」のスピードクラスはc10クラス,u3クラス,v30クラス。これは

最低読み書きスピード・・・30mb/秒

ということみたい。以下のテストでチェックしてみて、結果がこれ以上だったらおそらく正規品ってことですね。よりくわしく知りたい人はSANDISCのHPで確認してみてね。

チェックに使うソフト2種類

  1. H2testw
  2. crystal disc mark

という2種類のものを使います。2つともでチェックすることをおすすめしますが、面倒臭いのであれば容量と速度の両方を調べられる1だけでもいいかもしれない。

1・H2testwの使い方・見方

  • STEP.1
    ソフトDLと解凍

    ここからDLするんだけど海外のサイトなのでよくわかりづらいので解説。

    ⬇︎

    こんな感じで、現状では上の方の右の緑色のボタンを2回押すだけ。DLしたら解凍します。

  • STEP.2
    セッティング

    立ち上げたらまず言語設定を英語に変更。

  • STEP.3
    マイクロSDが刺さっているところを指定

  • STEP.4
    テストスタート

    ここのボタンからテストスタート!全容量を使ってテストするので結構時間がかかります。僕の場合124Gbだと一時間以上かかりました。

  • STEP.5
    結果の見方

    下の文字群に注目。

    まず容量を偽装している場合、ここの背景がピンク(もしくはブルー)になります文字列に「DATA LOST」という記述があった場合、その横に書いてある容量が偽装分(もしくは破損分)。つまりこのマイクロSDの場合、容量はクリアいうことですね。

     

    次に文字の中の「writing speed」「reading speed」を確認。30MByte/s以上だったらクリア。はい、このSDは偽物です本当にありがとうございます。しかも微妙に足りないというネタ的にもおいしくない感じの最悪なやつです。

     

    まあこの速度だとフルHDの動画用、もしくは写真用としては使えそう&めんどくさいので返品はしません。

  • STEP.6
    あとかたづけ

    テストの後にマイクロSDのフォルダをみると容量分のいっぱいのデータがギッチギチに残っているので削除、もしくはフォーマットを。

2・crystal disc markの使い方・見方

スピードを調べられるソフト。上のH2testwよりサクッと短時間でできるのでついでにやっておくことをオススメします。

  • STEP.1
    ソフトのDLと解凍

    窓の杜でソフトをDL。

  • STEP.2
    マイクロSDが刺さっているところを指定

  • STEP.3
    テストのルール決め

    赤ワク左の数字は「テスト回数」。デフォルトでは5回になっている。回数を多くした方がより正確に測れる。

    右は「SDカードの中の、どれだけの容量を使って速度を測るか」。デフォルトの1GBで問題ないかと。

  • STEP.4
    テスト開始

    「ALL」ボタンを押してスタート。テストの回数や容量にもよるけど、結果が出るまであんまりかからない。

  • STEP.5
    結果の見方

    左が読み、右が書きのスピード。30mb/秒以上であればおそらく本物ですが、やっぱりまがいもの!デジャブ。

まとめ

・ネットで(micro)SDを買ったら「容量」と「速度」を調べるべし

・H2testwというソフトは「容量」「速度」の両方調べられるが時間がかかる

・crystal disc markは「速度」のみ調べられるが短時間で終わる

・両方でテストした方がいいけどどっちか選ぶのならH2testw。

・Gopro4K撮影に必要な書き込み速度は最低30Mb/秒


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です