個人的におすすめの面白い音楽PV6選〜驚き編〜

ども、割と最近までプテラノドンのことをプラテノドンと呼んでいたqubotanです。

音楽のプロモーションビデオ系の記事3つ目。

以前は「シンクロしているPV」や「ストーリーになっているPV」を紹介してきました。

今回は感心、驚き系と言いますかナイス発想!と言いたくなるもの

さっそく見ていってみましょう。

 

OK Go “I Won’t Let You Down”

「オネガイシマース!」前回も登場したokgo。

いつものように定点カメラかと思いきや・・!!!

なんかとてつもないスケールになって終わります。

 

OK Go “Upside Down & Inside Out”

okgo2つ目でございます。

PV最初の注意書きで「飛行機を利用して無重力空間で撮ったぜ。マジだぜ。」みたいなことが書かれてある。

前回の「white knuckles」同様その練習量が気になるのはもちろんのこと、費用面も非常に気になるPVです・・・。

 

Red Hot Chili Peppers “Tell Me Baby”

PV本編だけではわかりづらいけど、

レッドホットチリペッパーズのPV参加へのオーディションしてたら、会場にアーティストご本人が登場

というやつですね。

こういう誰も傷つかないどっきりって素敵。

見ている間ね、ずっと笑顔になってしまうんですよ。

憧れのアーティストと共演ってどんだけ嬉しいか。

ジョンがノリノリでうれしかったです。(小学生並)

 

追記2018.4.2

あ、こんな記事書きましてん。よろしければあとでどうぞ

 QUBOTANSACK
QUBOTANSACK
http://qubotan.com/zakki/youtube_surprise/
ペンタブとバックパック、ときどき旅行。

 

OK Go “This Too Shall Pass”

okgoに戻ってまいりました。ピタゴラスイッチ的なやつ。

曲より周りが気になってしゃーないね。

 

OK Go “The Writing’s On the Wall”

いわゆる錯視というものをふんだんに利用しているPV

手を変え品を変え色んな角度から楽しませてくれますな。

 

Kylie Minogue “Come Into My World”

待って!曲に興味ない人も2番まで聴いて欲しい!!

きっと「んん???」となるはず。映画監督ミシェル・ゴンドリーの作品。

ループしているのは曲だけではなかった。一巡後の世界・・・?

でもよく考えると方向性としては以前紹介したThe Chemical Brothersの “Star Guitar”と似てますね。

 

終わりに

3シリーズにわたって続けてみたPVシリーズですがいったんここらでネタ切れということで終了でございます。

何か面白いのが見つかりましたらまた記事にしてみようと思いますのでその時はどうぞよろしくお願いします~!

ではでは。

 

過去の音楽PVに関する記事はこちら

 QUBOTANSACK
QUBOTANSACK
http://qubotan.com/music/pv-story/
ペンタブとバックパック、ときどき旅行。
 QUBOTANSACK
QUBOTANSACK
http://qubotan.com/music/pv-synchro/
ペンタブとバックパック、ときどき旅行。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です