大阪難波からの日帰りラピュタ和歌山の友ヶ島を観光!加太観光切符がお得でオススメ!

どうも、コンバットqubotanです。

週末、日帰りでラピュタに行ってきました。

詳しく言い直すぞ。

7000円で美味い漁師飯を食い、温泉に入り、ラピュタを観光してきました。

飛行石も彼女もありませんが交通費さえあればいける!いい時代になったもんだ。

ラピュタの別名は「友ヶ島」。和歌山県の加太というところからフェリーで少し揺られたところにある島です。

今回はその冒険を振り返ってみようと思います。

予算・注意事項・時間関係の情報は一番最後の「まとめ」に書くのでよかったら参考にしてね。

準備編

40秒で支度しな!

もっていったほうがいいもの

・虫除けスプレー
・飲食物
・懐中電灯
・日焼け止め
・汚れてもいいくつ(白がおすすめ)
・カメラ
・ウェットティッシュ

1・虫除けスプレー

虫がいるのでスプレーがいる。あと、マムシ注意の看板もみかけた。

2・飲食物

飲食物は島には少しの自販機があるだけでほとんど何もないのであらかじめ買っておくことが吉。トイレもあまりないので出すもんだしていこうぜ!

3・懐中電灯

メインディッシュの第三砲台跡の中に入るときに使用。中はライト一つなくて昼間でも本当に漆黒の闇。でもスマホのフラッシュライト機能でどうにかなったっちゃなった。

4・日焼け止め

森の中、建造物の中はひんやりしてて気持ちいいんですが海岸沿いは日を遮るものがないところもちらほら。

5・靴

靴は動きやすいものがいい。基本的に舗装されてないので一日歩くと土ぼこりが。

僕は黒い靴で行ったらまあ帰りは軽くお化粧をしたみたいになったよね。

6・カメラ・ウェットティッシュ

無いよりあった方がいい。海岸沿いは見晴らしの良い高台なんかもあり、弁当休憩する時にウェットティッシュがあると便利。

電車で行くなら加太観光切符を買った方がいい

加太観光切符のメリット

・和歌山~加太1日フリー乗車券つき

・協賛施設・店舗での割引

難波で加太線までを普通に買ったら1920円、観光切符を買うと1980円。普通に買うより60円高いけれども協賛施設を一つでも使うと元が取れるのでおすすめ。因みに+510円で指定席が買えるよ。

発売場所や協賛店舗等くわしくは南海電車のHPにて。

当日の流れ

加太港にて防波堤の向こうで釣りをするおじさん

7:45南海難波発

空が明け始めたくらいに起きる。トランペットもないし鳩も飼っていないので特筆することはとくになし。

この電車に乗ることにした。

10時には船にも乗れるだろうという腹積もりだったがこれが甘かった・・・

8:45和歌山着

ホーム反対側で加太線に乗り換える。専用の観光列車のお出迎えにあがるテンション!五分ほどで発車。

つり革も海産物ぅ~!

車内全体はこんな感じ!

広告スペースなんかもお魚天国。

しかし気づいた。周りは家族連れかカップルか友達ばかり。一人で行くの僕だけやん。スイミーみたいな僕。

9:16加太着

悲しみを胸に抱きつつ加太駅に到着。15分程歩いてフェリー乗り場へ。

人大杉

青いパーカーおばさん「今からお渡しできる整理券は11時半発の便以降のものでーす

え、今9時30分でっせ??あと、11時30分ってナニ??事前に調べた出航時刻表にはなかった時間だよ??

(*時間関係は一括して最後に「まとめ」に書きます)

おばさん「人が多いと、当日の判断で10時番半とか11時半の便も出すねん」

つまり、10時、10時半、11時の便は売り切れていると。

人気やばすぎ

とりあえず11時半の整理券をゲット!

 

さて一時間以上空きが出来たのでピンチはチャンスと思い、周辺散策&飯を食いに移動。魚を推している街で海のそばだから絶品漁師飯が食えるはず!

5分ほど歩いてここにたどり着く

おさかな創庫!

中は市場みたいになっていて(今は使われていない?)1つだけ売店が。

朝何も食べていなかったのでウニトーストとしらす丼の二つを頼んだ。

ウニトースト350円。注文してからオーブンで揚げてくるので熱々。ほんのり甘くて非常に美味い。ohマイコ~ンブ!!

しらす丼850円。

見てこのしらすのボリューム!!けしからんぞ!

分け入っても分け入ってもしらす、しらす、しらすのてんこもり。日本昔話みたいになっとるやないか!

画像の梅がまた美味くてびっくり。酸っぱくて甘い。ご飯に合う!!!正直梅に魅力を感じたこと生まれてこのかた一度もなかったんですが、評価を改めなければ。さすが和歌山。

あと、タッパーから取り放題なんですこの梅最高。

その後適当に周囲を散策。釣り人多し。

11時すぎ船場へ到着→11:30出航

整理券を渡し往復券を購入。2000円。

船の定員100名ちょうど。船内手前に2~3人がけのシートが左右に3つずつ。船内奥にに3人シートが左右に7つずつ。

残りは立ちっぱになるのでチケット買った後、15分前くらいに並ぶが吉!

表によると本日の帰りの便は30分間隔らしい。

12:00友ヶ島到着

船着き場の目の前は芝生の茂った広場に。

和歌山市観光協会HPによると友ヶ島には

・西側にある砲台跡等の史跡をめぐる、3.3キロの名所探訪コース(赤丸)

・北東にある虎島へ向かう、6.0キロの自然散策コース(青丸)

の二つがある。

「せっかくだから、俺はこの赤い名所探訪コースを選ぶぜ」

↑の数字と下の見出しの数字はリンクしてます。

1・海の家付近

船着き場から右折して道なりに歩いているとドーラの乗り物が。

たまたま劇団の方が持ってきたみたい。そういや来る途中パズーとシータもいたわ。写真撮ってないけど。

やはりここはラピュタだった・・・

2・第5砲台跡

階段の上にも上れますが特に何もなし。メタルスラッグのステージみたいやな!

その後来た道を下り海岸線を西へ。

3・第2砲台跡

バルスされているためここはさっきみたいに階段に登ったりできません。手前に柵がある。

迂回して反対からも眺められる。目の前は海。解放感!!

4・友ヶ島灯台

第二からほど近いところにある小さい灯台。灯台下暗しと大正デモクラシーって似てるよね。

5・幸助松海岸

絶景。パノラマ感が無い写真だけど実際は結構広く海が見渡せます。

6・旧海軍聴音所跡

幸助松海岸から戻り東へ進むと二手に道が分かれる。そこからそこそこあるいたところにある聴音所は大体大きさにして20畳分くらい。

建物の中に入れます。

7・第3砲台跡

入口に藤が。ここがメインディッシュやで!

レンガ造りの建物がいい塩梅で残っとります。

中はほんと真っ暗レヌール城を思い出す僕・・・

3歳くらいの子供が恐怖でギャン泣きしてた。

携帯の懐中電灯機能でもいけるけど、別に用意していくとよりよいかも。ここは規模がデカいのでその気になればここだけで1時間くらい楽しめます。

14:30船着き場に戻る

探検終了。写真も撮りながらだと結構時間かかった。クリムゾンは見つけられませんでした。

友が島でロケハンをしたと思われるシューティングゲーム。

本当は自然散策コースにも行きたかったけれど、この距離で2時間半かかったので最終便に間に合わないかもしれないし、加太で風呂入りたいしで断念。

15:00乗船→15:30加太着。風呂屋にいく

加太観光切符の中の「協賛施設・店舗での割引」の中に、温泉の割引が含まれている!一日歩き回った筋肉をいたわってやろうじゃないか!

僕が行ったのは「ふじや」というところ。船着き場からあるいて5分。入浴料800円が割引きで600円に。

浴場は一度に5人くらいが限界の小さなものでしたがとってもきれいで好印象おまけに客が自分一人で貸切状態!!

16時すぎ~17時に閉店なので16時手前に入るのならば大丈夫とのこと。

ちなみに僕がいったところ以外にも割引がある温泉はある。僕が行ったところは屋内タイプだったけど、他のところは海見ながら入れるぜ。しかしだいたい14~15時くらいで閉まるので注意!

詳しくは加太観光切符のページから「マップ」のPDFで確認してみて!

16:30きれいな体で淡嶋神社へ

きれいな体になってスクナヒコナを祀っている淡島神社へ。風呂に入ったのは神様に会う前に身を清めるためでもあったのだ!

おっさんが一人で恋みくじ引いたよ☆200円

求む!水瓶、牡牛、しし座のB型!!!

願いをしながらくぐると願いがかなうといわれる柱。おっさんひとりでもちろん入ったよ☆入るかどうか心配でしたがトゥルンって入りました。

あっ心配すぎてお願いするの忘れてたわ…まじで…

お土産にタイの茶漬け。540円

16:50駅に移動→1712加太駅着

すぐ発車した。帰りはラッピングじゃない普通の電車。熟睡。

18:59難波着

おつかれ!!!!

さてここからはこの旅のまとめ!

まとめ

友ヶ島海の家近くの朽ちた家。

あるほうがいいもの

虫除けスプレー・ウェットティッシュ・飲食物・日焼け止め・(懐中電灯)・(カメラ)

 

観光切符がおすすめ

普通の切符より60円高いが、協賛店で割引が効くので1つの店でも行くと元が取れるぞ!

 

予算

絶対いるのは電車交通費+乗船券の4000円。

別にお土産、飯、飲食物で3000円あればおつりがくるかも。

僕が使った内訳

乗車券…1980円

乗船券…2000円

朝飯のウニトーストとしらす丼…1200円

ペットボトル飲料水…150円

温泉…600円

おみくじ…200円

お賽銭…5円

お土産…540円

全部で6675円

時間関係の注意点

各所要時間
難波→加太…電車で約1時間半

加太駅→乗船窓口…約15分

名所探訪コース…写真撮りつつで2時間半

船の発着時間
加太発…9時/(10時)/11時/13時/(15時)/16時

友ヶ島発…9時半/(10時半)/11時半/13時半/(15時半)/16時半

☆()内はGW(4/28~5/6)と夏休み期間(7/20~8/20)のみの臨時便。

☆12~2月は年末年始を除く土、日、祝のみ営業。

船の時間に気をつけろ!

休みの日など混雑が予想される日は早め早めに行け!予約も出来ない!

船のチケットが取れないぞ同じく船着場には乗船の15分くらい前に並べ!船はけっこう揺れるので立ちっぱなしはきついぞ!とくに帰り!

 

以上!!参考になれば幸い!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です