ワコムリンクとワコムリンクプラスの違いをわかりやすく解説!あと、誰向けか。

このページを見に来てくれているということは、現在ワコムリンク(以下WL)を持ってる、つまりシンティックプロ13/16かモバイルスタジオプロを持っている人だと思います。

そして、ワコムリンクプラス(以下WLP)が気になっている人。

 

今回はワコム歴10年の僕が細けえことはいいから!大体でいいから!という人向けに

 

WLPは誰が買うべきものなのか

・WLとWLPの違い

 

をざくっと解説します!

そもそもワコムリンクとは

PCとワコム製タブレット(cintiqpro13/16、モバスタ)をつなぐもの

上の図のように、タブレットから一本の線をWLにつなげ、WLから2本の線をPCへ。この構造はWLPも同じ。

ちなみにごく一部のすごいPCならばWLなしに繋ぐこともできる。

USB Type-C(オルタネートモード) または Thunderbolt 3に対応しているPC。でも現状90%くらいの人(勝手な予想)はそんなPC持ってないし、そもそも自分のPCがそれに対応しているのかの確認・判別もこちらによると難しいらしい。

ちなみにこの中のいずれかのPCだったら対応済です、おめでとう!

ワコムリンクプラスは誰向けか

  • モバイルスタジオプロ…×(未対応)
  • シンティックプロ13…△
  • シンティックプロ16…〇
ずばりワコムリンクプラスを使って得するのはシンティックプロ16を使っている人オンリー。理由は下にあげていく3つの違いを見てもらえればと思います。モバスタ民は解散!

qubotan

ワコムリンクプラスのワコムリンクとの違い

 

出典:アマゾン

 

これがWLPだ!

ざっくりいうとWLの進化バージョンWLとくらべてどう進化したか、以下に3つの違いをわかりやすく解説!3つ目が一番大事。

WLとのちがい1・ACアダプタ接続のポートがついた

いままで

WLP

 

シンティックプロを充電する時、いままでのWLだとシンティックプロから2本の線が出て周りがごちゃつく感じだったけれど、WLPを使うとシンティックプロ本体から出る線を1本にでき、多少すっきりする。

WLとのちがい2・HDMIポートがついた

今までのWLはこんな感じでMini DisplayPort ケーブル(もしくは別売のMini DisplayPort – DisplayPortケーブル)を用いた繋ぎ方しかできなかったけど・・・


WLPは代わりにHDMIケーブルを使って接続することもできる

ただし、HDMIケーブルは付属してないので別に買う必要あり。

より多くのPCに対応し、HDMIの場合は変換ケーブルを使わなくてもよくなったってことね!

qubotan

WLとのちがい3・4K対応

これが一番デカい進歩。

WLではWQHD(2560×1440)表示までしかできなかったけど、WLPではMini DisplayPortを使った接続に限り、4K表示に!

ただしHDMI接続だと今までどおりWQHD(2560×1440)

WLPの方が拡大してもきれいってことだね。

qubotan

注意

シンティックプロ13はそもそもフルHDまでの表示なのでWLPにしても4K表示になりません。HDMIで繋げられ、配線がごちゃつかないという上2つのちっちゃいメリットはあるけど。

ワコムリンクプラスまとめ

シンティック16で4K表示したい人向け

ACアダプタポートが付いて配線スッキリ

HDMIポートが付いてより多くのPCに対応

Mini DisplayPortを使った接続で4K表示

今からシンティックプロを買う人はワコムリンクプラスが同梱されている新型 (13:DTH-1320/AK0)   (16:DTH-1620/AK0)を買いましょう!

qubotan

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です