カメラ

厳選!2020上半期におすすめのアクションカム3種【gopro 8/osmo action/insta360 ONE R】

 

こんにちは、旅行や登山では常にGopro7とGopro MAX2台持ち!のクボタンです。

 

僕のように旅行やスポーツ、アクティビティをよくする方にとってあるとうれしいのがGoproをはじめとしたアクションカム!

 

ただ、2020年現在Goproと同じような

  • 小型で
  • 4K撮影可能で
  • しっかりした手ぶれ補正ができて
  • 防水/耐衝撃性があって
  • 名の知れたブランドメーカー

 

といったアクションカムは他にもありますので、今回は最新Goproを含めた超おすすめのアクションカム3機種をダイジェスト的にご紹介してみますね。

 

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]それぞれのより詳しい情報は記事中、記事末のリンクからどうぞ〜[/say]

Gopro HERO8

GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW
GoPro(ゴープロ)

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]アクションカムの代名詞と言っても過言ではないGoproシリーズ最新作。5~7まで全く変化がなかった本体が8になってパワーアップしました。[/say]

 

[box class=”box30″ title=”Gopro HERO8の特徴”] [list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • HERO7から2段階強化された手ぶれ補正
  • 色味が鮮やか
  • モジュールで広がる可能性
  • フレームがいらない
  • HDR動画は不可
  • 価格は一番高い
[/list] [/box]

 

手ぶれ補正がやばくて色あざやか

 

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]上の動画では5:30ごろから走行時のブレの検証をされていますが、gopro8はみじんもブレがないですね。[/say]

 

[box class=”box30″ title=”gopro8で設定できる3段階の手ブレ補正設定”]

HERO7と同レベル < 高 < ブースト

[/box]

 

HERO7でもかなり強かったブレ補正から最大2段階もレベルアップ。まさに無双。激しい運動もなめらかな映像にできます

 

また、他の2機種の映像が写実的なのに比べGoproは編集なしでそこそこポップな感じの色味に

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]空は青く、植物はイキイキして見えます。

味付けが多少濃いとも言えるかもしれません。[/say]

 

フレームがいらない

Gopro7まで必須だったフレーム

Gopro HERO8は本体に直接マウント(アクセサリ)をつけられます。

ということで他の2機種のようにバッテリーやmicroSDの交換の際にいちいちフレームを外す必要がありません

 

Gopro HERO8が向いているのはこんな人

 

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • 旅行・登山など、長時間撮影/流し撮りがしたい
  • 激しいスポーツ・アクティビティで使うことが多そう
[/list]

 

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]バッテリー類やmicroSDがぱぱっと入れ替えられるし、手ブレ補正のブーストで怖いもんなし![/say]

 

本体と一緒にいくつかのアクセサリが同梱され、少しお得になっている限定版もあるので気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

[box class=”box29″ title=”もっと詳しくはこちらから”] [card2mod id=”8914″][/box]

 

DJI Osmo action

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]ドローンで超有名なDJI社のアクションカム。こまめにアップデートをしてくれるユーザーフレンドリーなカメラです。

あと、完全に主観ですが一番見た目がかっこいい・・・[/say]

 

[box class=”box30″ title=”osmo actionの特徴”] [list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • ダブルモニターがめちゃくちゃ便利
  • 操作性がいい
  • HDR動画可能(手ブレ補正は不可)
  • コスパがいい
  • 色はあっさりめ
[/list] [/box]

 

便利なダブルモニターと快適な操作性

前面モニター搭載のosmo action

 

モニター前面にもあるおかげで、スマホのように自撮りの際にレンズの方を見ながら同時に写りも確認できます

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-akire.jpg ” from=”right”]同じことをGoproでやろうとすると数千円するディスプレイモジュールを別に用意する必要があります。[/say]

 

また、画面のタッチ操作のレスポンスがGoproに比べて非常によくキビキビしていまして、操作がとても快適

 

gopro7と8の中間くらいのブレ補正

 

手ブレ補正の強さ

gopro7 < osmo action < gopro8(ブーストモード)

といった具合です。

 

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]先ほどお話したとおりGopro7がすでにかなりの補正ですので、激しいスポーツやアクティビティとかで使わないのであればブレは感じません。[/say]

 

▽検証動画▽

 

[memo title=”MEMO”]ブレ補正の仕組みのせいでosmo actionは写る範囲が少しだけGoproよりせまくなってしまうと言われていますが、厳密にはgoproのブレ補正設定:ブーストよりかはosmo actionのほうが広いです。[/memo]

 

DJI osmo actionが向いているのはこんな人

 

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • とにかく安くすませたい
  • 自撮りにこだわりたい
  • めちゃくちゃ激しいスポーツではそんなに使わないかも
[/list]
[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]大正義のフロントモニター。Goproとかわらない性能で¥10,000以上安く、操作が快適なosmo actionのコスパは神です![/say]

 

 

[box class=”box29″ title=”もっと詳しくはこちらから”] [card2mod id=”7783″] [card2mod id=”9273″] [/box]

 

insta360 one R

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]多くの360度カメラを出しているinsta360の最新カメラ。なんと一眼レフのようにレンズの付け替えが可能です![/say]

 

[box class=”box30″ title=”insta360 ONE Rの特徴”] [list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • 色んなレンズに付け替え可能
  • HDR動画が可能(4K/360カメラ のみ)
  • 360度カメラのAIが優秀
  • モニターで自撮りしやすいが小さい
  • コスパがかなりよく、安すぎ
  • 色はあっさりめ
[/list] [/box]

 

3種のレンズが用意されている

[yoko3 responsive][cell]


4K広角カメラ

[/cell][cell]


360度カメラ

 

[/cell][cell]


1インチセンサーカメラ

[/cell][/yoko3]

Goproと似た「4K広角カメラ」に「360度カメラ」、キメ細かく高画質な「1インチセンサーカメラ」の3種。

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]あとからカメラ部分のみを追加購入もできるので、1台で色々な楽しみ方ができるカメラです。

以下ではGoproに近い4K広角カメラを中心とした特徴を紹介します。 [/say]

 

HDR動画で逆光に強い

HDR=暗すぎる部分を明るく、明るすぎる部分を暗くして見やすい映像にする機能

 

GoproはHDR動画は不可で、osmo actionはHDR動画中は手ブレ補正が効きませんが、insta360 ONE Rは手ぶれ補正をかけつつ逆光に強い映像を記録することができます。(4Kカメラ/360度カメラのみ)

ただ、osmo action同様に画質はあっさりめ。

 

モニターが便利だけど不便

 

液晶モニターをレンズ側に向けて組み立てられるので、osmo actionのように自分の写りを確認しながらの自撮りができます

 

ただ、osmo actionと違ってこのモニターがメインのモニターでもあるので他の2機種に比べて画面が小さく、操作をしにくいと感じる人も。

 

insta360 ONE Rがおすすめなのはこんな人

 

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • Gopro MAXなどの360度カメラにも興味がある
  • おトクにアクションカムと360度カメラの両方をゲットしたい
  • よりきめ細かな映像を残したい(1インチ)
[/list]

 

価格こそGopro HERO8とほぼ同じですが、おまけに360度カメラもついてくるのがinsta360 ONE R「ツインエディション」です。

 

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-akire.jpg ” from=”right”]insta360 ONE RはGopro HERO8と同じ値段でGopro HERO8とGopro MAXを同時に入手できるみたいなもんです・・。やばすぎです。[/say]

 

 

今回ふれていない360度カメラや1インチカメラについては下記の記事を参考にしてもらえればと思います。

[box class=”box29″ title=”こちらもおすすめ”] [card2mod id=”10272″] [/box]

 

何を優先するかでアクションカムの選びかたは変わる

[box class=”box30″ title=”おすすめアクションカムまとめ”]

激しいスポーツや長時間撮影 → Gopro8

お手軽価格で自撮りにこだわる → osmo action

お得に360度カメラもゲット → insta360 ONE R

[/box] [say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]

おつきあいありがとうございました!

細かくメリットデメリットを知りたい方は上のリンク先がそれぞれの記事になっていますので、よろしければそちらもどうぞ〜。

[/say]