未分類

英語初心者の僕でもできたDMM英会話のおすすめ教材とその特徴

 

DMM英会話がちょびっと気になりつつあるけれど・・・

 

「どんな教材があるの?内容はぶっちゃけどうなの?」
「英語が苦手でも安心して受けられる教材ってある?」

 

という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そう、入会する前の僕のように。

 

かくいう僕も英語が得意ではありません!!

・最後に英語を勉強したのは10年以上前

・センター試験の英語は7割くらい

・TOEIC/TOEFLはもちろん受けたことない

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]こんな僕でも、今のところ楽しくDMM英会話は続けられています。[/say]

 

DMM英会話の無料体験はこちらから

 

 

さて、この記事では今なおいろいろな講義を受け続けている僕が

1・入会してわかった教材の特徴

2・こんな悩みにはこの教材のレッスンがおすすめ

というお話をしてみます。

というのも、これらは僕が入会前に知りたかったことなんです。

 

英語のプロじゃないので、専門的な効果のほどはわかりませんが僕と同じく苦手な英語に立ち向かおうとしているあなたの後押しができればうれしいな〜と思ってます!

 

DMM英会話の教材

 

[box class=”box26″ title=”主な特徴”] [list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • オリジナルの教材もしくは市販の教材を用いたレッスンが計27種ある
  • 難易度が1~10に分かれていて、自分の実力にあったものか一目で判断できる
  • 自分の悩みや学びたいことからもレッスンを選択できる
[/list] [/box] [say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]

今回、下記でおすすめするのはオリジナルテキストを用いたものです。

[/say]

 

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]教材ページでは単語や文の音声を聞けるので予習がはかどります。[/say]

 

レッスン画面

 

市販の教材は購入せずともオリジナル教材と同様に画面上(①)で確認できますが、講座によってはテキストに書き込みたくなるものも。

③のチャット画面で講師と文字を使ったコミュニケーションをすることもあります。

 

DMM英会話の教材一覧ページ

 

DMM英会話のお悩み別おすすめ教材

[box class=”box30″ title=”こんな悩みを解決できます”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]
  1. 自分の英語力がわからない・知りたい
  2. リスニング力を鍛えたい
  3. 海外旅行でスマートにやりとりしたい
  4. 文法のチェックをしてほしい
  5. 自分の意見を言えるようになりたい
[/list] [/box]

 

①・自分の英語力が知りたい/わからない

 

[yoko2 responsive][cell] [/cell][cell] [rate title=”スピーキングテストの評価”] [value 0.5]予習時間[/value] [value 2]面白さ[/value] [value 4]難しさ[/value] [value 5 end]おすすめ度[/value] [/rate][/cell][/yoko2]

 

「スピーキングテスト」を受けると、いくつかの質問に答えていくことで講師が授業後に会話力、もしくは英語力をレベルで判定してくれます

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]英語から遠ざかっていた人は最初のレッスンにおすすめ!![/say]

 

DMMの教材にはすべてレベルが設けられているので、自分のレベルを知っておくことで、以後自分にあった教材かの判断がしやすくなるかと思います。

 

「基礎(レベル2~6の判定)」「上級(レベル4~8の判定)」の2種あるので、学生時代の成績などを参考に選びましょう。

また、テストなので他のテキストと違って予習ができません。(一部、予約後に見られるものもあるようです)

 

②・リスニング力をつけたい

 

[yoko2 responsive][cell] [/cell][cell] [rate title=”会話(LEVEL4)の評価”] [value 3]予習時間[/value] [value 4]面白さ[/value] [value 3.5]難しさ[/value] [value 4.5 end]おすすめ度[/value] [/rate][/cell][/yoko2]

 

「会話」ではテキストにない文章を講師が読み、それに対する質問に答えるリスニング問題があり、聞く力をつけられます

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]反復してもらったりゆっくり言ってもらうこともできるので、遠慮せず聞きまくりましょう〜〜[/say]

 

授業の流れ的には、単語と文の音読→リスニングテスト→ディスカッションといった感じです。

ディスカッションのお題はテキストにあるので、あらかじめ言いたいことを考えておくと安心かと。

 

 

「今日はどうだった?」「仕事は?」などレッスン前に軽く雑談をすることも多いんですが、ぶっちゃけあんまり聞き取れなくて

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]ハハ・・イエス!(わかってない)[/say]

みたいなことになる僕のような人に特におすすめしたいです!

 

③・近々海外に行くんだけど、ホテルや交通機関でのやりとりが不安

 

[yoko2 responsive][cell] [/cell][cell] [rate title=”旅行と文化(LEVEL6)の評価”] [value 3.5]予習時間[/value] [value 3]面白さ[/value] [value 3]難しさ[/value] [value 3 end]おすすめ度[/value] [/rate][/cell][/yoko2]

僕はこの教材が目当てでDMM英会話に入りました。

ニーズが限られているかもなのでおすすめ度は低くしていますが、「ホテル」「タクシー」「空港」などシチュエーションごとのよく聞くフレーズとその返答の仕方が学べるのが個人的にはうれしいです。

 

レベルが6ということで少しハードルが上がりそうですが、やることは「会話(LEVEL4)」と似ていて単語や会話文の音読とディスカッションです。

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]

「日常生活と比べて耳慣れない単語や言い回しが多いからレベルが高い」ってことだと僕は勝手に思ってます。

ということで、予習時間は「会話(LEVEL4)」に毛の生えた程度。

[/say]

 

④・アドリブ力を鍛えたい/文法のチェックをしてほしい

 

[yoko2 responsive][cell] [/cell][cell] [rate title=”写真描写(LEVEL4)の評価”] [value 1]予習時間[/value] [value 3]面白さ[/value] [value 2]難しさ[/value] [value 3 end]おすすめ度[/value] [/rate][/cell][/yoko2]

 

「写真描写」はタイトルそのままで、写真を見て思いつくことを話します

 

写真の下に「こういうの使うといいよ」というおすすめ単語集があって、その発音と和訳もついているので中学レベルの文法がいけるなら予習なしでもいけます。

 

他のテキストと違って自分が文を作るからか、講師の方が積極的に訂正してくれる印象。

[say name=”クボタン” img=”https://qubotan.com/wp-content/uploads/2019/02/qubotan-smile.jpg” from=”right”]ユニークな文が思いつくのなら会話が楽しくなる一方、アドリブが効かないと単調な授業になってしまうかもしれません。[/say]

とは言いつつも、わからないまま突撃することで「自分がどんな言い回しができないか」というわからないことに気づけるという利点もあります。

 

⑤・自分の意見を言えるようになりたい

 

[yoko2 responsive][cell] [/cell][cell] [rate title=”テーマ別会話(LEVEL4)の評価”] [value 5]予習時間[/value] [value 3]面白さ[/value] [value 4.5]難しさ[/value] [value 3 end]おすすめ度[/value] [/rate][/cell][/yoko2]

 

他のテキストと違いテキストには質問が5つあるだけで、それについてこちらがメインに話します

 

 

例えば「どんな音楽が好き?」という質問から「このジャンルはこんな特徴があって」「こんな理由で好きで」と深掘りして話さないといけないので、初心者がアドリブで行くのは危険。

大体こんなこと言おう、ということを決めないとめちゃくちゃテンパりますが、つまった時はこちらが発言した内容から新たな質問を投げてくれたりもします。

ただ、「写真描写」と同じくアドリブで行くことで自分のわからないことに気づけるという利点も。

 

講師は一通り辛抱強く聞いてくれたあと、「こう言ったほうがよりいいよ!」ということを言ったり書いたりしてくれます

 

とりあえず無料体験してみては?

 

僕なりに正直に書かせていただいたつもりですが、結局のところ百聞は一見にしかずだと思います

 

あとはやるだけ!よくわからんメガネの意見なんか参考にするより実際に自身で体験してみてはいかがでしょうか??

 

DMM英会話の無料体験はこちらから