m+(エムピウ)の二つ折り財布使用レビュー。箱型小銭入れが見やすくおしゃれで安い!

「おおむね満足。」


この記事はこんな人におすすめ

・エムピウのmillefoglieⅡを選ぶメリット・デメリットが知りたい

・お洒落な二つ折り財布を探している

・小銭収納部分が見やすい財布を探している

前使用してた財布がぼろぼろになったので財布を新しくしようと思い

・お尻のポケットに入るくらいまでの大きさ
・小銭収納部分ががばっと開いて見やすい
・かっこいい
・そんなに高くない

というものを探していたのですが、これらすべてをを満たしてくれたのがm+(エムピウ)の二つ折り財布、millefoglieⅡ(読めなかった///)でした。

millefoglieⅡ(ミッレフォッリエ2)P25

本体寸法 W110×D85×H25mm

重量 100g

皮革

  • blue : buttero(イタリア製タンニン鞣し革)
  • rose & navy : Minerva Box(イタリア製タンニン鞣し革)
  • その他 : Minerva Liscio(イタリア製タンニン鞣し革)
  • 内装 : ピッグレザー 裏地 綿

生産国 日本

エムピウより引用


ぼくはこのエムピウの財布を店舗で手にとって「上品な見た目」と「他にない形」と「使いやすそうな小銭入れ」に惹かれて購入しました。

しかし1か月ほど使ってみてここはちょっとなぁと感じたところもありましたので、タイトルでほとんど書いちゃってるメリットやその他感じたことと共に写真多めでお届けしますね。

外見

開くとこんな感じ。買って間もない頃はこんな感じでしたが

 

現在(1か月後)の姿はこちら。タテに筋がうっすら入ってるのがわかります?

おそらくぼくのように小銭入れのところに鍵も入れてパンパンにしたことが原因で、財布を閉じた時に札ばさみ(下の画像)部分が押し付けられたからではないかと。どちらにせよ色は変わっていくものとあらかじめ聞いてはいたのでこれも味だと思うことにします。

ちなみに表面の色味はカメラの設定が違うだけで今のところ当初と変わってないです。

お札収納スペース

この部分でお札をおさえることが出来、カードが一枚入る。僕はICOCAをいれてますが、ここにあえて何も入れないことで一つ上の画像のようなタテの筋は軽減されるかもしれない。

 

お札はこんな感じで小銭入れの下の収納スペースに半分ほど入れて、、、

 

札ばさみでパタン。お札持ってなかったら速攻バレる・・・!

カード収納部

一枚ずつではなく何枚かをまとめてざくっといれる感じ。普通の財布のようにカードの先っちょが見えてないと使いづらいんじゃなかろうかと少し疑問でしたがそうでもなかったのはうれしい誤算。ちなみに今確認したところ僕11枚のカードを入れてました。

小銭入れ

箱型になっていて小銭の種類と数が一瞬でわかるので会計の時に手間取らないのがメリット。こういう作りの財布で、なおかつ生地も素敵なものってなかなかないんですよね~。文句なしの使い勝手!

開け閉め

金具で留める。お洒落。ひとつデメリットをあげるとお札をいい加減に入れると端っこを巻き込んで破れてしまうことがあるという点。余裕がないわけではないけれど、僕のような横着マンは少しだけ気を使う必要あり。

まとめ

・上品な色味と独特なフォルム

・箱型小銭入れがやっぱり使いやすく会計がスムーズ

・札ばさみには何も入れない方がいい?

・お札がないことがすぐばれる

・お札は丁寧に入れる必要あり

・キーケースは別に持った方がいいかも

お代は¥15,000ほど。参考になれば幸い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です