GoProの360度カメラfusionが身に着けた三種の神器&他にない魅力+α

Go Pro Fusionというgoproシリーズ初の360度カメラ。

去年(2017)の11月発売と言われてたんですが、今年になってようやく発売されました。

go pro fusion

 

出典:amazon

寸法…74×75×40mm

重さ…220g

動画…5.2K30fps

写真…18mp

タイムラプス(ナイトラプス)…〇

スローモーション…×2

メモリ…microSD

電池…取り外し可能

gps機能…〇


go pro hero7で新たに追加されたタイムワープと、写真タイマーは使えません。hero7についてはgo pro hero7の比較記事で詳しく書いてますので是非。

qubotan

今回は彼の持つ強みと、他のライバルたちも紹介しようかと思います。

Go Pro fusionは何が強味なの?

シリーズ初の360度カメラであるこのfusion、普通に旅行や散策に使えるのは当然なのですが、スポーツ時に撮影をしたい人に不可欠の三種の神器(完全に私見)を装備してます。

スポーツ撮影時に不可欠な三種の神器とは

アクションカムに求められる3つの要素

音声コントロール

防水

手ブレ補正

1・音声コントロール

「GoProビデオスタート」「GoPro写真」等々、しゃべりかけることで撮影可能

gopro hero 5~7にもついているこの機能、記念撮影はもちろんのこと(一人で旅行してると少し抵抗がありますが。)激しい動きやバランスをとっていたり等、手が離せない時なんかにこそ真価は発揮されるかと。

2・完全防水(ハウジングなしで)

gopro hero 5~7にもついている機能その2。

ただしあちらが水深10Mまで対応なのに比べこちらは5Mまで。

さすがにスキューバダイビングにはハウジングが必要だろうけれど、他のマリンスポーツだったらなしで大丈夫そうです。

旅行先や登山中で急な雨に降られても心配なし。

qubotan

3・強力な手ブレ補正

公式サイトにて「ジンバル並み」と謳われているfusionの手ブレ補正。

旅行や散策の細かな振動はもちろんのこと、激しい動きをするスポーツまで様々なシーンで活躍!

他の360カメラでも出来るけど、もちろんfusionでも出来るぜという機能。

次に紹介するのは、insta360やthetaにもあるけれどfusionでもできるよという機能。

qubotan

1・スマホでのコントロールが充実

専用のアプリを用いて

撮影や写真の開始/停止

プレビュー

カメラの設定

撮った映像への音楽やエフェクトの追加

等が可能。既存の360カメラより充実しているのではないかと。

2・360度から一部の角度だけ抜き出して動画を作成できる

overcaptureと呼ばれるこの機能。

insta360 oneでも同様の機能がありますが、先にこの機能を発表したのはfusion。

普通のウェアラブルカメラとして使用する場合においても撮っている最中に画角を気にしなくていいのでストレスフリー。

Fusionの微妙なところ

さて、これだけ魅力的なfusionですがもちろん欠点もあります。最後にそちらを紹介!

音声でのon/offが出来ない

音声コントロール自体は出来るんですが、電源のon/offには未対応。hero6、7は出来るのに・・!

取り込みに時間がかかる

PCの性能がよくてもかなり時間がかかる・・!撮った時間の4倍くらいかかると言っている人もいますので撮るときはストレスフリーですが撮った後が面倒

Go Pro Fusionまとめ


GoProfusionまとめ

・音声コントロール / 防水 / 手振れ補正で特にスポーツで大活躍

・音声でonoff出来ない / PC取り込みに時間がかかる

既存の360度カメラに比べて少し値が張りますが、上述のとおり手ブレ補正、音声コントロール、防水という三種の神器を備えているので、スポーツ用途で360度カメラを買うのなら現状ではベストな選択ではないかと思います。

自分のプレイを他人にも追体験させたい、という方は購入を検討してみてもよいかもしれませんね。

 

[おまけ]fusionええやん!でもちょっと高すぎ!と思ったら。

値段が少しネックなんですよね、fusion。

もう少し他に選択肢ないの?というそんなアナタに。

削ってもいいところを考えた上でおすすめの360カメラを紹介。

ケース1・動画機能を削る

内臓メモリ19Gで拡張性はない

手ブレ補正なし

だけれども

無線LANで自動で撮った映像がスマホに送られる

↑だから速攻SNSにあげられる

国内企業で安心

theta Vがオススメ。

2018年1月現在、アマゾンで49000円ほど。

2・利便性を削る

転送はいちいち直接スマホに連結しないといけない(容量が多いと時間がかかる)

けれども

microSDを使って保存(大容量保存可能)

手ブレ補正アリ

バレットタイムで面白い動画も撮れる

INSTA 360 oneがオススメ。

2018年1月現在、アマゾンで42000円ほど。

2019.1追記

こちらもおすすめ

2 COMMENTS

うさぎさん

360°カメラで1番のオススメはGARMIN VIRB360ですね。
他のカメラ類の良いとこどりみたいな感じで欠点らしいものはないと思ってます。
Fusionはホント使えなかった…
PC取り込み、編集もPCスペックが高くても大変。
前後カメラでMicroSDメモリ同容量2枚必要。
最高画質録画で凄い熱になる。
冷却しつつでも大変。
2019年になり価格を大幅に改定。
YouTuberは色々な事情でGoPro製品使うのかもですが、
私はGoPro製品はあまり魅力を感じません。

返信する
qubotan

GARMIN!ヨドバシに置いてて僕も気になってはいたんですよね~

個人的にはfusionはちょっと前に半額くらいになって「これだったらちょっと試してみてもいいかな・・」的な感じでしたが
fusionの後継機(おそらくgopro maxという名前?)が出てくる気配もあるので360度カメラはしばし様子見です・・・。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です