こんなに使える!スポーツ・旅行以外のgopro7撮影アイデア15選!

この記事はこんな人におすすめ

・これからgoproを買おうとしているけど活用法がよくわからない

・面白い撮影アイデアを探している

どうもgopro HERO7 blackユーザーのクボタンです。

「goproに興味あるんだけどスポーツや旅行に行かない人にはいらないんじゃない?」
「普通に撮る以外にどんなアイデアがあるのか教えてほしい」

なんて人多いのでは?

確かに旅行やアクティビティって機会が限られているので、それ以外に有効な使い方を知っておくとgoproをより有意義に使えますね。

qubotan

ということで今回は「日常を少し楽しくするgoproアイデア集」的な動画を集めてみましたよ~。

以下のタイトルで気になったところをオープンしてみてもらえればと思います。

外のでgopro撮影アイデア

1・花火をぐるぐる回して幻想的なイルミネーションを楽しむ

正確にいうと上の映像は花火ではないんですが、花火でも似たようなことが出来そう。

クボタン

撮り方まで解説してくれてて分かり易いね
大量のロケット花火に巻き付けて発射!とかもしてみたい。

クボタン

・・・。

2・車のホイールにつけてターンテーブルみたいな映像を作る

PVに使えそうなクリエイティブな作品!

クボタン

夜だとライトのおかげできれいになるんだね~
同じ要領で扇風機やドリルにつけてみても面白そうじゃない?

クボタン

3・フラフープにつけて自分を中心に世界を回す

これは体の内側につけてますが、外側につけた方がよいのでは?とも。

体に当たったときに痛くてレンズ汚れる・・・。

クボタン

とか言いながら鼻の下のばしてんじゃね~よ

4・水槽に入れて水中探検 / 風船を割って逆再生!

風船は0:15~、水中探検は0:30くらいから。

飼っている魚を間近で眺める。

クボタン

アクアリウムの趣味がある人は、潜水艦で冒険してるみたいでワクワク!
風船を割って逆再生でスローモーションってのは気軽にできて、かつ面白いよね。

クボタン

小さなお子さんがいるお家におすすめ!

5・風船につけて空の旅へ

けっこう高くまで飛ばせるみたい。
風船じゃないかもしれないけど大気圏までとばしてるやつとかあるからね。

クボタン

えぇ・・回収どうやってんの?あと壊れないの?
・・・。

クボタン

6・凧につけてドローン代わりにして遊ぶ

最近流行りのドローンはちょっと高いけど、この方法ならお手軽。

クボタン

上の風船より高度は低いかもしれないけど、こっちの方がホネに固定できる分画像が安定しそうだね。

7・ラジコンの上に載せる

どんなゲームよりもリアルなレース/ドライブゲームに早変わり。

クボタン

この映像みたいにオフロードを走らせてるの、テンションあがるね~

クボタン

ミニ四駆につけても面白そうだし、プラレールやSL模型につけてジオラマの街を走らせても面白そう!

クボタン

(ついていけない・・・)

8・釣り竿につけて魚が飛びつく瞬間をとる

この映像は釣ってはないんだけどね。

クボタン

モリの先につけて魚をゲットする瞬間をとるというのも面白そう。
「とったど~」ってやつね!

クボタン

あと、タコが飛びつく瞬間を撮った映像とかも転がってたよ!

9・トラップにつけて獲物がかかるのを待つ

これもある意味釣り?
水中ではwifiが使えないので、リアルタイムで確認できないのが残念。

クボタン

でも地上だったらそれも可能ですね。
youtubeに小鳥を捕まえてるやつあったよ。

クボタン

屋内でのgopro撮影アイデア

10・飲み物の中に入れる

炭酸飲料に入れると泡のおかげで面白くなりそうだね。

クボタン

ボウル入れた水を冷凍庫に入れて凍っていく様子を撮るってできないかな??

11・トロンボーンの先につける

ただただシュール・・。
何でそこにつけたのってつっこみたくなるよね。水を口に含んだ状態で見ましょう

クボタン

あ!音楽の趣味がある人なんか練習の様子を撮ると面白いし、課題が見つかったりなんかして面白いよ。
マイクの音質もだいぶよくなったしね。

クボタン

12・料理の過程をpovで収めて一味違ったお料理教室!

お、この動画は素材調達からやってますね~。
povだと手元が見えるので細かなニュアンスなんかも伝わりやすいかもしれないね。

クボタン

pov…一人称視点での撮影方法。

男子がテンション上がりそうなやつも貼っておくね

クボタン

うまそう・・。

クボタン

13・冷蔵庫や棚の中に入れておやつ泥棒を発見する

この映像は泥棒を発見しているわけではなく、色んなものの中に入れて出し入れする瞬間を収めてるもの。

qubotan

今回の趣旨からはずれちゃうけど、こういう映像をちょっとはさむことでなんかシネマティックになっていいね。

ペットにgoproをつける

14・猫につけて素行調査してみる

彼らが飼い主のいない間にどこに行って何をしているのかがまるわかり!自由気ままな彼らの冒険をのぞき見させてもらいましょう。
hero7 blackだともう少しだけ手振れ補正が効いて安定するかな~。

クボタン

hero7 blackの手振れ補正って強力で「ジンバルいらず」とも言われてたもんね。

ジンバル・・・手ブレをおさえる機械

あと、ねこじゃらしの手前にセットしてじゃれついてくるのを撮っているものなんかもあるよ。

15・犬につけて一緒に遊ぶ

猫の場合と違って犬の場合は一緒に遊んでいる様子をとると面白そう。

クボタン

広い公園でフリスビー投げたりとかしたいね!
犬につける用の専門のアクセサリもあるよ。

クボタン

終わりに

なにか面白い映像はみつかりました??

こんな感じで工夫次第で日常を面白くできるのもgoproの魅力です。

興味が沸いたら、くわしくgopro hero7の性能を解説している下の記事も覗いてもらえればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です