限定版Gopro 7 black DUSKWHITEって何?お得なボックスとは!

3/13追記・boxエディションの予約について色々赤字で追加

3/15追記ダスクホワイトと通常版Gopro7 black、誰がどこでどっちを買うと損しないかという記事を追加。値段関係をくわしく知りたい人はそちらの方がおすすめです。


この記事でわかること

・HERO7ダスクホワイトの特徴

・通常版との違い

・値段と発売日

・お得な「ボックスエディション」について

どうもこんにちはGopro大好きクボタンです。

みなさん、Gopro7に「ダスクホワイト」ってやつが登場しましたのはご存知でしょうか!

彼がいったい何者なのか、をさくっと解説していこうと思います。

Gopro HERO 7 BLACK DUSKWHITEとは

ざっくりいうとこんなかんじ

・HERO7 BLACKの限定版の色違い

・発売日=2019年3/4

・価格は通常版と同じ

HERO7「ブラック」のダスク「ホワイト」ってわかりづらいな・・。

クボタン

違いはないの?
純正の簡易防水フレームまでも白いよ。

クボタン

完全な白じゃなくて少しマットで上品な感じっぽいね。
公式だと通常版と価格まで同じなので黒より白が好きな人はアリです。

クボタン

黒っぽいものばかりのアクセサリ類と合うのかが少し心配。

Gopro HERO7 DUSKWHITE、どこで買えるの?

3/13現在、公式と楽天とヤフーで取り扱いあり。

しかし本体のみの購入だったら絶対公式で買った方が10000%得!

絶対に損しないGopro HERO7 BLACKとDUSKWHITEの選び方!誰が買うと得か

ここにも書いてますが、2019/3現在ダスクホワイト単品の値段は公式と公式以外に差はないけど、公式だとmicroSD32GBがタダでもらえるからです。

DUSK WHITEにはお得なボックスエディションもある!

DUSKWHITEを買おうと思っているのならこのボックスエディションの方も単品で買うより得!!

その理由は!!!・・・の前にボックス~で本体以外についてくるものを紹介させてください。

付属品1・スリーブ+ランヤード

シリコンのケースとストラップが一つになったもの。シリコンは着脱がしやすい柔らかい素材。ストラップは首につけたり腕に巻き付けたり。

単体で購入すると約¥2,500。

付属品2・SHORTY(限定版ダスクホワイト)

三脚機能が付いた短めの手持ちポール。通常版と違って色が本体と同じ。

別の記事にもあげてますがこういう手持ちポールはのちのち絶対一本は購入することになるので持っといて損はないかと。

単体で買うと約¥4,000。

付属品3・延長保証(2年間)

通常版だと1年間の保証がもう1年延びてます。

頑丈なのでそうそう壊れないとは思うのですが、もらえるもんはもらっときましょう!

このほかにあと「簡易説明書」がついてきますがとくに説明することがないので省略しますね。

クボタン


▽ボックスエディションを開封している陽気な外国のおじさん▽

Gopro7 black DUSTWHITEのボックスはなぜ得か⇒値段が安い

・ボックスエディション=約¥55,000

・DUSKWHITE本体単品=約¥53,000

 

(3/13現在のおおよその値段。yahoo/楽天/amazonで調べましたが値段は似たり寄ったり)

ボックス~は通常版より2000円ほど高いけれど、

  • ボックス~の付属品の合計が約6500円
  • +1年間の延長保証がついてくる

なのでボックスの方が約¥4,500~トクすることになります。

ボックスは公式で売られていないのが残念。

クボタン

Gopro HERO7 black duskwhiteまとめ

  • HERO7 blackの色違い限定版。性能は同じ。
  • ボックスエディション=「SHORTY(棒)」と「スリーブ+ランヤード(ケース)」と延長保証つき
  • ボックスエディションはばらばらで買うより4500円ほど得

「白が好き」「限定版が好き」という人にとっては限定版の方が得かと思います。

僕は一体どれを買えば幸せになれるんだ!!ということが知りたい方は下の「あわせて読みたい」の記事が非常におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です