【Gopro HERO8 black超まとめ】これだけ知っとけばOK!HERO7との5つのちがい

みんな~~~~~!

例年どおり新Goproが10月に発表、発売されるぞ~~~~!!!

▽公式動画▽

Gopro公式サイトはこちら

Gopro HERO8は7からココが進化したよ
  1. 手ぶれ補正の超!進化で真・ジンバルキラーに転生
  2. タイムワープが改良されてドラマティックな映像を簡単に!
  3. フレーム撤廃でバッテリーとmicroSD交換が楽チン!
  4. 音声がさらに聞き取りやすくなった!
  5. 外付けモジュラーで自撮りしやすくなったり暗所強化したり!
hero7をほぼほぼ毎日使っている僕もワクワクがとまらないね!

クボタン

さて、この記事では上の5つの内容を

  • HERO 7とのスペック上のちがい
  • HERO 7との外観上のちがい

に分けてくわしく、かつわかりやすくお伝えしていこうと思います!

よりくわしいまとめだけを知りたい人は下の目次から一番下にとんでいってもらえればと思います

クボタン

Gopro HERO8と7の違い「スペック編」

gopro公式サイトで見られるHERO8のsuperphotoで撮影された一枚

スペックの簡易比較表

種類 8 black 7 black
写真 12mp 12mp
動画 4K 60fps 4K60fps
手ブレ補正 hyper smooth2.0 hyper smooth
タイムラプスフォト
タイムラプスビデオ
ナイトラプスビデオ ×
タイムワープ timewarp2.0 timewarp
スローモーション ×8 ×8
防水 〜10m 〜10m
電池 着脱式 着脱式
音声コントロール
音声起動
wifi+bluetooth
GPS
タッチスクリーン
値段(2019/10の公式サイトにて) ¥50,800 ¥40,800
以下で詳しく違いを解説していきますね!

クボタン

gopro8では手ブレ補正がさらに強力に!

まずおさえておきたいのが手ブレ補正の進化。

これまでのGoproの手ブレ補正の歴史

・HERO6 → めちゃ安定!でも素早い動きをすると画面がカクつく

・HERO7 → hypersmooth搭載でカクつきがなくなってさらに安定

今回HERO8 BLACKでは7の手ブレ補正機能「hypersmooth」をグレードアップさせた「hypersmooth2.0」が搭載され、さらにブレに強くなりました

しかもただでさえパワーアップした「hypersmooth2.0」にはブースト機能があり、画面はしを少しクロップ(切り取り)することでさらに一段上の手ブレ補正に!(120fpsまで対応!!!)

ブースト機能における注意点

上で紹介した手ブレ補正のブースト機能を使うために、より強力な新バッテリーを採用。

ただHERO7までとサイズは全く変わっていないので、これまでのバッテリーでもブースト機能以外は使えます

日常を撮る分には7までの手ブレ補正で充分ですが、

ジンバル(手ぶれ補正の機械)を使いづらいランニング、モトクロス、サーフィンなどをされる方にとってはうれしい進化と言えますね。

クボタン

TimeWarpがより気軽に撮影を楽しめるように進化!

TimeWarp=移動しながら撮影可能なタイムラプス(早回し動画

今までのTimeWarpの問題点として

・「編集がめんどい」

・「どれくらいの速度設定で撮ったらいいのかわからん」

というのが映像のプロではない一般人にはあったわけですが、それらをズバッと解決してくれるのがHERO8から搭載された「TimeWarp2.0」だ!

上の動画の30秒ごろからが分かりやすいんですが、gopro HERO8のタイムワープは撮影中の好きなタイミングで普通の動画の速度に変えることができます。

TimeWarp中、印象づけたいシーンの速度をゆっくりにすることで、動画にメリハリがついてインパクトのある映像、またはお洒落な映像が簡単に作れてしまうということですね。

クボタン

Goproだけである程度完結させられるので

・スペックの高いPCを持っていない人

・PCでの動画編集が面倒くさいけどある程度凝った映像が撮りたい人

もクリエイティブな映像作成を楽しみやすくなったとも言えます。

あと、TimeWarp2.0では撮影者の動くスピードに合わせて自動で速度を調節してくれる機能も追加されたので速度設定も迷わない!超便利!!

Gopro HERO 8とHERO7の違い「外観編」

HERO5~7で全く変わらなかった外観がここに来て大きく変化!具体的にどう変わったのかを紹介していこうと思います。

Gopro8は本体に直接アクセサリが付けられる!

HERO 8 BLACKのマウンター

ぱっと見でまず目につくのが本体の下に直接マウンター(アクセサリをとりつける部分)がついたということです。

7まではこういった別のフレームに入れないと手持ち棒のようなアクセサリが使えませんでした。

マウンターを使わないときは折りたたむこともできるので、HERO8はよりコンパクトに持ち運べるようになったと言えます。

フレームがいらない分、わずかに本体サイズが大きくなってもいるんだけどね。

クボタン

Gopro8はモジュラーで様々な拡張が可能に!

フレームに似た「モジュラー」を別途購入することでGoproを様々に拡張させることができます。以下で現在発表されている3種のモニターを紹介!

画像から各モジュラーの紹介ページに飛べますが、いずれも12月発売予定とのことです。

1・メディアモジュラー

高性能ショットガン マイク、3.5 mm マイク、HDMI 出力ポート、2 つのコールドシュー マウントがすべてこの一台に。

goproより引用

価格 ¥9,600

ただでさえ性能のアップしたマイク(後述)がさらに強力に!

クボタン

2・ディスプレイモジュラー

フリップ スクリーンでフレーミングを柔軟に調整。ビデオブログも自由自在。

goproより引用

価格 ¥9,600

画角にこだわりたい人向けに、DJIのosmo actionのようにレンズ側を向いた小型ディスプレイを外付けで。

クボタン

3・ライトモジュラー

HERO8 Black 対応のパワフルな LED ライト。GoPro マウントはもちろん、単体でも使用可能。

goproより引用

価格¥6,100

暗いところに少し強くなったり、明暗がはっきりした映像が撮れたり、肌をきれいに写したり。

クボタン


モジュラーについての疑問点

画像を見る限り1の「メディアモジュラー」は2「ディスプレイ~」,3「ライト~」にも必要なようですが、販売ページを見ると2、3は単体販売のようです。

 

つまり、2、3が欲しい場合はおそらく1も一緒に買わないといけないということ。(お金が・・・)

サードパーティー(公式以外)製のモジュールも出てくるかもしれないので、格安モジュールが出るまで待つというのもありかも。

何なら公式より先に出たりして・・。

クボタン

gopro8はマウントをつけたままmicroSDやバッテリー交換が出来る!

本体の下にマウンターをつけたことにより、バッテリー/microSDの差し込み口がカメラ正面から見て左のほうにまとめられました

自撮り棒などをつけた状態でバッテリーやmicroSD交換をする際、HERO7までだと「1・マウントを外す」「2・フレームを外す」という2ステップが要りましたが、HERO8ではそれらなしで素早く撮影を継続できます

ちなみに今まで左にあったモード切り替えボタン(写真⇒動画⇒タイムラプス)は右に配置。

クボタン

gopro8にはフロントにもマイクがついた

HERO7でも音声はだいぶよくなってたのですが、HERO8はフロント側、レンズの下部分に新たにマイクがつきました

これにより、自撮りでの音声がさらにクリアに!

Gopro8のレンズカバーは外れない

Goproより引用のHERO7レンズカバー

今まではレンズ前にカバーがあって、ダイビング用のハウジングを装着する際にこのカバーを外して装着していましたが、gopro8ではカバーを取らずに装着することに。

ダイビングをはじめとするハードな使い方をする人にとっては装着の手間が省け、カバーをなくす心配がなくなる一方で、万が一カバーが壊れた時に交換できなくなるというデメリットも。

HERO7を一年ラフに使い倒してきたけれど一回も壊れなかったので壊れる心配ないとは思いますが一応。

クボタン

Gopro HERO8のその他の進化

まだある細かな進化をざっと紹介!

  1. お気に入り撮影設定を登録可能 = ショートカットで起動後すばやく撮影できる
  2. 液晶にグリッドの表示 = 写真や動画の画角の調整がしやすい
  3. ライブバースト = 3秒の動画を撮影してその中から決定的な一枚を選べる

Gopro HERO8は10/25発売予定!震えて待て!!

Gopro HERO8まとめ
  1. 手振れ補正の大進化でさらに「アクション」向きに
  2. TimeWarp2.0中は等倍撮影可能で映像にメリハリ / 速度の自動設定で迷わない
  3. マウンターつき本体でコンパクト&スムーズなバッテリー / microSD交換
  4. フロントマイクやモジュラーのおかげで音声強化
  5. 自撮り用フロント向き液晶 / ライトが後付け可能
HERO7との共通点

・写真=12mp

・動画=4K/60fps 1080p/240fps

・スローモーション=×8

・音声起動・音声コントロール

・防水=~10m

上の方で述べたとおり日常使い「Goproのある生活」ならばHERO7で充分!

 

しかし激しい用途や撮れる映像にこだわりたい人であればHERO7に+¥10,000のHERO8を買う価値はじゅうぶんあるのではないかと思います。

僕はアクティブな使い方はあんまりしないし7持ってるけどtimewarp2.0使いたいから買っちゃうかな~・・・

クボタン

 

あわせて読みたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です