Gopro7持ちの僕がGopro MAXを選んだ理由と購入後わかったメリット/デメリット【8は見送り】

この記事はこんな人向け

・HERO7を持っていて8にするかMAXにするか悩んでいる

・Gopro MAXのレビューが見たい

 

Gopro HERO7をほぼ毎日使っていた僕は、迷いに迷った結果Gopro MAXを買いました!!!

Gopro MAX

 

Gopro HERO8ではなくMAXにしたのは

 

  • 7→8より7→MAXで得られるものの方が大きい
  • 7とMAXは同時に使える

 

と思ったからです。考えてみれば当たり前のような気もしますが、今日はこの点をちょっと掘り下げて考えてみますね。

 

また、購入後に気づいたいいところとイマイチなところも合わせてお伝えしていこうと思います。

僕と同じ状況で悩んでいる人の一助になれば幸いです!

クボタン

Gopro MAXの方がGopro8より得られるものが多いと思った

Gopro

 

MAX/8のどちらを買っても得られるメリット

手ぶれ補正の強化

タイムワープ2.0

フレームいらずでバッテリー/microSDの出し入れが楽チン

 

どちらかでしか得られないメリット/デメリット

7 ⇒ 8を選んだ場合
  • 今までのバッテリーも一応使える
  • 画質は7と同じか少し向上
  • 7と似た画角
  • 被写体にカメラを向ける必要あり
  • 7と同じ編集
  • 別売モジュールを使うと自撮りしやすくなる
7 ⇒ MAXを選んだ場合
  • 長時間撮影ではバッテリーが必要
  • 画質は落ちる
  • 360度/通常モードを切替可能
  • 360度撮影なので撮り漏らさない
  • 編集次第で面白い映像に
  • 本体だけで「写りを確認しつつの自撮り」が可能

僕が思いつく限りのポイントを洗い出してみました。

 

7→8のメリットが2個に対し、7→MAXは4つ。また、その内容を見てみても感動が大きそうなのはMAXだと判断しました。

 

MEMO

Gopro HERO8もモジュラーを使えば自分を確認しながらの自撮りが便利になりますが

・モジュラー購入でMAXより高くなる

・本体から飛び出ているのでアクション用途だと堅牢性が心配

というデメリットも。両者の詳しい違いは以下の記事を参考にしてみてください。

Gopro MAXとGopro HERO8の選び方を分かりやすく解説【何を優先するかでちがいます】

 

でも、Gopro MAXは画質はイマイチ

個人的にはこれが購入前結構ネックでして、Gopro MAXの公式ページを見た時正直

 

画質悪ない?

クボタン

 

って思いました。でも、そこで役に立つのがHERO7だと考えました。

Gopro MAXと7は共存できる

  • とにかく画質が欲しい / コンパクトさが欲しい → 7を使おう!
  • 編集で面白いものにしたい / 360度撮りたい → MAXを使おう!

Gopro HERO8と7は用途が同じなので、HERO8より劣る7を使うことはなくなりそうですが、MAXの場合上記のように状況によって使い分けることが出来ると考えました。

 

具体的には、登山や旅行でリュックにつけたり日常のPOV(一人称視点での撮影)したりするぶんにはHERO7の方が役立つと思います。

 

Gopro MAXを購入して感じたいいところ

ここからは購入後に感じたことをお話していきます。まずはいいところから。

 

Gopro MAXの方がHEROシリーズより付属品が豪華

本体と付属品一覧。

 

Gopro HEROシリーズと違って、MAXには

 

  • 巾着
  • レンズカバー
  • 保護レンズ

 

が付いてきます。

 

360度カメラのレンズは飛び出していて傷がつきやすいと思うのでありがたいですね。

クボタン

Gopro MAXは意外とコンパクト

正面から。HERO7の1.5倍ほど。

 

横から。分厚さはレンズ部分以外の分厚さはほぼ同じ

 

もう少し大きいイメージでしたが、ボディバッグに楽々入れられるサイズ感です。

僕のGopro HERO7ボロボロで見苦しくてごめんなさいね・・・

 

1枚の360度写真 / 動画で色々遊べる

 

これらの写真は、すべて同じ360度写真から編集して作成したものです。

 

このように、編集の際に見せる角度を変えることで同じ元ネタから全く異なる映像を作ることができるというのがMAXの魅力です。

 

また、それは動画にも言えることで、編集する時にアングルを変えることで全く別モノの映像に仕上げることができます。

 

カメラアングルを気にしなくていい(プロは別かも)

趣味で楽しむぶんには、アングルを気にしなくていいことによって「安全」「便利」「楽しい」のという3つのメリットが得られます。

僕の場合は登山の際に感じた点なのですが、↑の動画のように「撮影をしているけれど前方に注意をしたい」ような時、録画ボタンさえ押していれば360度カバーしてくれるので取り漏らしがなく安心、安全です。

 

また、360度カバーしてくれているので自撮り棒の先にとりつけたカメラの角度をいちいちいじる必要がないのも地味に便利

 

さらに、映像を確認する際に撮影時には気づかなかった何かが映っていたりするという副産物つき。

旅行やアクティビティの振り返りが楽しくなりそう!

Gopro MAXのイマイチなところ

レンズカバーが色々面倒くさい

僕は保護レンズではなくレンズカバーをつけて持ち運ぶのですが、これが少しキツめのフィット感で着脱しにくいです。

 

逆に言うと絶対外れないという安心感にも繋がりますが・・。

 

また、レンズキャップをしまうところがないので撮影しようと思った時にポケットにキャップを入れる必要があります。

 

キャップと本体をつなぐストラップとかあれば便利なのにな〜と思います。(そんなことしたら360撮影する時にキャップが映るじゃない!というツッコミがあるかもですが。)

クボタン

 

スマホ版アプリでの360度動画編集が少し重い

1:20ごろから始まるチュートリアルのように、360度動画から切り抜きをする場合、マーカーを設定して動画内の視点移動を行います。

 

撮影後にGoproアプリを使い、360度の中から見せたいところだけを切り抜いたり、視点の移動を行うわけですが、この視点移動の処理に少しだけ時間がかかります。

 

僕はiphoneXRを使用しているのですが、ひとつのマーカーを設置する度3〜5秒ほど待たされる感じです。最新の11proとかだともう少しマシなんでしょうか・・・

 

現状ではGopro MAXのバッテリーに公式以外の選択肢がない

2019/11/2現在、個人的に調べた範囲では公式の以外のバッテリーが「amzon」「yahooショッピング」「楽天市場」で売っていません。

 

公式のバッテリーは少し割高だったりしますので、早くサードパーティ製が登場してくれるとうれしんですけれど・・・。

 

自分は近々長時間使いそうな予定があるので、以下の大容量モバイルバッテリーを購入しました。

 

Gopro MAXは使ってて楽しいよ!

何より、あとで見返した時のワクワク感がたまらない!!

「撮って終わり!」ではなく編集もじっくり向き合いたい!なんて人には本当におすすめしたい!

クボタン

 

  • 360度カメラでの編集でアングルいじりが楽しい
  • 7と使い分けが出来る
  • カメラを必要以上に気にしなくてよいので目の前のアクティビティに集中できる

 

ということで、バッテリー以外に大きなデメリットも見当たらず、その問題も時間が解決してくれそうなので買ってよかったな〜という感じでした。おしまい。

Gopro MAX


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です