Goproにもミラーレスにも!HAKUBAのグリップになるミニ三脚使用レビュー

どうもGopro HERO7買って色々レビューやらアイテム紹介やらしてますクボタンです!

ゴープロ買ってすぐに三脚にもなる短い手持ちの棒がほしいと思ったのよ

クボタン

SHORTY(Gopro公式の手持ちの棒にもなるミニ三脚)買えばいいじゃん

SHORTY

いや、でも僕ミラーレスカメラも持ってるからさ、兼用できるのないかな〜って思ってさ。そんならあったのよ!

クボタン

HAKUBAミニ三脚eポッド

これ買ったから、その使用レビューするよ~!

クボタン

これを買ったただひとつの理由

安い。爆安。ただそれだけ。

GoproのSHORTYってGoproしか使えないのに¥4800くらいします。

それに比べてこのハクバのやつときたらミラーレスにも使えるし、Goproのマウントついてるしで¥1500くらい

余った3300円でうまい飯食えるぞ!

クボタン

ただ安物買いの銭失いとまではいかないですが、実際使用して不満がなかったと言えばうそになります

ということで以下で使ってみて感じたことをまとめてみますね。

Gopro用格安ミニ三脚を実際に使って感じたこと4点

①・Goproのパーツがちょっとだけゆるい

このパーツの底面にねじ穴があって三脚の上部につけられる

Goproを乗せた状態でスナップをきかせてふるとカクンとおじぎするよ!オッスオッス!

クボタン

なんでふるんだよ・・

このパーツがわずかにW字になっているのか、Goproをロックする横のねじ的なものを結構しっかり締めてもちょっとだけゆるいです。

ずるんずるんってわけじゃないけど上の会話レベルではあるので普通に使う分には大丈夫でしたが、人の多いところでは要注意かもしれません。

②・カメラ台の下のボールで角度の微調整ができる

アマゾンより引用

カメラ台の下にボールがはめ込まれてまして、カメラの角度を細かく調節できるのはかなりよい感じです。

僕のカメラもしっかり固定。ナナメにしても動かない。

しかし、さきほどのGoproのパーツほどではないですがこちらもほんの少しだけゆるめで、カメラ台のねじ穴にゴープロマウントをきつくつけすぎると、取り外すときにボールも一緒に回転してなかなか外せません。

上で語ったパーツの微妙さも相まっていい具合にアドレナリンを分泌してくれます。

クボタン

いやいや君がキツくしめつけたせいやんか

③・握りやすさは悪くない

可もなく不可もなく。

グリップはありませんがマットな質感なので、汗をかいてもつるつるすべらないのは〇!

④・デザインは普通

三脚の底にはすべり止めがあります

興味ない人も多いかもですが一応ふれておくと、これまた可もなく不可もなくって感じです。

全体的にマットな感じで安っぽくはないんだけど、ボール部分だけ銀色なのが微妙にダサい・・。

黒で統一してほしい。

クボタン

あと、Goproのパーツがもろ安物のプラスチッキーなのもイマイチ

いや、実際めちゃくちゃ安かったんだけどね

クボタン

その2点以外はまあまあ満足!

おまけ・スマホを載せるやつもついてくるよ

アマゾンより引用

僕は使わなくてどっかいっちゃったけど!

これも込みでたったの¥1500だから多少のおイタは目をつむってあげましょうというのが僕の気持ちです。

三脚としては普通、Gopro用手持ち棒としては用途を選ぶ

激しい動きが予想される場合は使わない方がいいので、スポーツやバンジージャンプみたいなアクティビティ、人の多いところでの観光には向かないってところでしょうか。

それ以外の風景の流し撮りレベルなら全然使えると思います。

個人的には、満足度は決して高くなかったけど値段を考えるとまあ、、、ナシではないかなぁといった感じでした。

もう一回言っておくけど、買う人はカメラ台の上にGoproをセットする時ねじ穴を回しすぎないようにね!!
合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です