insta360 goはこんなカメラ!持ってない人向けに使い方をわかりやすく解説【本体/アプリでの撮影方法と設定編】

 

 

この記事ではこんな疑問を解消します

「insta360 goが気になるけど、本当に誰でも扱えるほど簡単なの?」

 

こんにちは~。

先日、insta360 goのレビュー記事を書いたクボタンです。

insta360 goレビュー|SNS投稿を身近にしてくれる3つのヒミツ

記事の内容を超おおまかにまとめると

・何と言っても撮影とスマホでの編集が楽すぎ!

・だからSNSがんばりたい人や「凝り性の面倒くさがりや」におすすめ

・動画は1クリップ〜60秒までなのでライフログ向き

・goproのようなアクションカムとして期待してはいけない

といった感じです。

 

さて、この記事ではそのinsta360 goをもう少し深掘りして色々できることがあるんだけど、いずれも使い方は簡単だよという話をしていきます。

 

具体的には

  • 本体だけでできること
  • アプリを使ってできること
  • アプリの導入方法~撮影までの流れの解説
  • タイムラプス・ハイパーラプス・インターバル録画のちがい
  • アプリでの設定変更

なんかを実際のアプリや本体の写真たっぷりでお伝えしていきます。

「あ。たしかに簡単そうやな~」と思ってもらえればうれしいです。

 

ちなみに本記事では撮影中心のお話でして、編集についてはカンタン!insta360 goのテンプレ編集を参考にしてくださいね。

クボタン

 

insta360 go本体でできる4つのこととその使い方

本体裏の左側の●が唯一のボタン

 

本体のみでできるのは動画写真ハイパーラプススローモーションの4種類。

本体裏にあるボタンを表から押し込むことで操作します。

 

ボタンはしっかり押し込まないと反応しませんが、撮影が始まったかどうかはバイブレーションやレンズ下のLEDでお知らせしてくれます

 

本体の操作方法

 

  1. 動画:電源オフの状態から1回押す
  2. 写真:電源オン(長押し)→1回押す
  3. ハイパーラプス:電源オン(長押し)→2回押す
  4. スローモーション:電源オン(長押し)→3回押す

 

 

唯一の難点は厚めの服の上からだと少し押しにくいところかな。

クボタン

 

insta360 goはアプリを使うことで本領を発揮する!

限定版のキティちゃんバージョンにのみ付いてくる手持ち棒。

 

アプリを使うと、本体でできる4つに加えて以下の操作ができるようになります。

  • 動画の撮影時間の変更
  • 写真のタイマー機能
  • ハイパーラプスの撮影時間の変更
  • タイムラプス
  • インターバル録画
  • 内部メモリのフォーマット
  • 設定変更
  • らくらく編集

 

どちらにせよ録った映像を転送したりデータの消去したりするのに必要なので、以下でさっそくアプリの導入の様子を見てみましょう。

クボタン

 

アプリの導入【3分で完了する簡単4ステップ】

 

ここではiphone XRを用いた画面にて解説していきます。

 

STEP.1
Appストアからアプリをインストール

 

STEP.2
単体でアプリを立ち上げる

スマートフォンとの連携を許可します。

 

STEP.3
スマホアプリにinsta360 goを認識させる

本体を充電器に入れた状態でスマホと接続します。

iphoneなら充電器下部のライトニング端子から、androidなら充電器横から付属のケーブルを使っての接続です。

 

STEP.4
アクティベートする

スマホと連結してしばらくするとアクティベートを求められるので、許可します。

 

 

無事アクティベートが出来たら、充電器と本体は一端スマホから取り外しておきましょう。

 

アプリからカメラをコントロールするまでの設定【1分で完了】

 

 

insta360 goの電源を入れて、アプリ下部の黄色いカメラマークをタップします。

 

 

続けて表示される「bluetoothコントロール」ボタンをタップしてスマホと連動させると、いよいよ遠隔操作が可能です!

 

初回だけ認識するカメラを選ぶ画面になりますので、画面に表示されたカメラをタップしましょう。

クボタン

 

insta360 goアプリの使い方【撮影編】

 

シンプルなコントロール画面

 

スワイプすることで「ビデオ」「写真」「タイムラプス」の撮影画面に移動できます。

ご覧のとおり、insta360 goでは映りの確認をすることはできません。

以下では、写真→ビデオ→タイムラプスの順にできることを紹介してみますね。

クボタン

 

「写真」タイマーの使い方

 

 

「写真」のタイマーから使えます。

 

なし / 3 / 5 / 10 / 15 / 20 / 30 / 45 / 60秒の中から選択可能です。

上にモードというところがありますが、何も設定はいじれません。

というかこのinsta360 goで写真を撮ること自体あんまりないかと・・・。

クボタン

 

 

「ビデオ」動画の撮影時間を変更する

 

 

「ビデオ」の録画時間をタップすることで15 / 30 / 60秒の中から選択できます。

 

購入時の設定は30秒ですが、ここで設定したことは本体のみでの操作時にも反映されます

 

「ビデオ」インターバル録画で飾らない自分を記録しよう!

 

いや、インターバル録画ってそもそも何なん?

クボタン

って僕も最初思ってましたが、要は「カメラが一定間隔で自動的に動画をとってくれる機能」でした。

 

「ビデオ」のモードをタップすることでインターバル録画を選ぶことができるのですが・・・

 

・・・たとえば上記の設定なら、

  • 1分ごとに
  • 30分の間
  • 15秒の動画を

録ってくれます。

つまり、この設定だと撮影開始直後の1回目をふくめた合計31本の15秒動画を録ってくれるということです。

クボタン

 

 

【ちょっと寄り道】インターバル動画って何のためにあるの?

 

根本的にこのinsta360 goのコンセプトは

お~~いみんな~!お手軽に撮影できて、編集もラクでかっこよくできるカメラ作ったぞ~!さあ、SNS楽しもうぜ!

というところです。ほぼ間違いなく。

 

でも、ラクラクな編集を使うためには複数のクリップ(5~20ほど)が必要なんですね。

編集画面

 

なので、SNSにアップする楽しみを知るためにはじゃんじゃん撮っておく必要があるわけです。

 

ただ、みなさん録画ボタンを押すまでにためらいや、わずらわしさのようなものを感じたことないですか?

そういった撮影への障壁を排除するのに一役買ってくれる機能がこのインターバル録画でして、このおかげでクリップが溜まりやすくSNSを身近なものにしてくれるというわけです。

そしてこのインターバル撮影というのはあえて意図しないところを切り取ることで、面白い映像や自然な表情をとることも狙った機能なんだと思います。

クボタン

 

「タイムラプス」ハイパーラプスの設定変更

 

 

上のように、「タイムラプス」画面に移ると最初のモードがハイパーラプスになっています。

 

このハイパーラプスで変更できるのは録画時間のみで、タップすることで30秒~30分の合計7種の中から選べます。

 

ブレ補正が効くので、歩行しながら撮影してもなめらか!

クボタン

 

「タイムラプス」タイムラプスの設定

 

 

「タイムラプス」画面のモードからタイムラプスを選択できます。

 

インターバル撮影=シャッターを押す間隔。15秒~2分の中から選べます。

撮影時間=録画する時間。10分~8時間から選べます。

再生時間=早回し動画として再生した時の長さです。

 

ハイパーラプスと違いブレ補正は効きませんが長時間の撮影ができます。

定点カメラとして設置しておくと時間の流れを感じられるダイナミックな映像が撮れますよ~!

クボタン

 

insta360 goにおけるタイムラプス・ハイパーラプス・インターバル録画のちがいのおさらい

 

タイムラプス=撮影間隔が長めの早回し動画ブレ補正×なので固定しての使用が前提

ハイパーラプス=撮影間隔が短めの早回し動画ブレ補正〇なので動きつつ撮影が可能

インターバル録画=一定間隔で自動でふつうの動画を撮影する

 

insta360 goアプリの使い方【設定編】

 

 

カメラとスマホと連動させ、アプリ下部の右はしにある「設定」からできることをお伝えします。

 

本体のボタンの割り当ての変更

 

本体のみでできる操作として

・オフから1回押す=動画

・オン→1回押す=写真

・オン→2回押す=ハイパーラプス

・オン→3回押す=スローモーション

というのは冒頭でお伝えしましたが、これらの割り当ての変更ができます。

 

カメラの設置という項目の中にあるボタン設定から変更可能です。

 

 

 

それぞれのボタンの割り当てを「なし」「写真」「動画」「ハイパーラプス」「スローモーション」から選べます。

 

インターバル録画とタイムラプスが選べないのは少し残念かも。

クボタン

 

6.6GBの内蔵メモリとそのフォーマット

 

 

insta360 goは内部のメモリに保存していくカメラです。

 

上はフォーマットしたところですが、たくさん撮る人はこまめにカメラの設置カメラストレージからフォーマットすることをおすすめします。

 

もしくは、先ほどのカメラ設置の下にあるアプリ設定の項目の「ダウンロード後に自動削除」という項目をオンにしておくとアプリ内に転送したものを自動で消去してくれます(画像はオフの状態)。

 

 

insta360 goは2~3日触っていればすぐ慣れる

 

僕の場合、最初バイブレーションやLEDの意味がわからなくて「あれ?これ撮れてる?」となってましたが、2~3日撮ってたら慣れました。

 

慣れてしまうと

軽くてコンパクトだから邪魔にならないし、インターバル録画で面白いの撮れるかもだからとりあえず持っていくか

クボタン

となり、まんまとinsta360の策略に引っかかってる感じです(まあ現在はスーパーと仕事以外どこにもいけないわけですが・・・)。

 

 

今回はinsta360 goの撮影の仕方を主に見てきましたが、すでに言ってきたように編集の方も非常にシンプルで使いやすいものになっています。

近々そちらの方も解説していこうかな~と思っていますので、またよろしければお付き合いください。

ではでは~!

 

完成しました!insta360 go解説、編集編。

insta360 go初心者にやさしいアプリ編集の使い方|テンプレでお手軽にお洒落な映像を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です