今から360度カメラ始めるなら断然Gopro MAXよりinsta360 ONE R

 

だってinsta360 ONE Rめちゃくちゃコスパいいんですもん!

と思うGopro MAXユーザーのクボタンです。

 

ということでinsta360 ONE RのツインエディションとGopro MAXを比較して上のように感じた理由をシェアしていこうと思います。

 

insta360 ONE Rツインをおすすめする3つの理由

insta360 ONE RはHDR動画が可能。

1・むちゃくちゃ安い

 

これこそがおすすめできる一番大きな理由です。

 

「むちゃくちゃ」安くはないやん

って思うかもしれませんが、これinsta360 ONE Rは360度カメラと別に4Kカメラもついてきてこの値段ですからね。

 

「Gopro MAXより安く、Gopro MAXとGopro HERO8両方ゲットしてる」みたいなもんやで・・・

クボタン

 

2・4K撮影可能

 

 

Gopro MAXはHEROモードで片側のレンズのみを使用して「液晶を確認しつつの自撮り」ができますが、同じことが上で紹介した4Kモジュールでできます。

 

しかもMAXのHEROモードはFHDなのに対してinsta360 ONE Rは4K撮影が可能

 

3・編集が超楽チン

 

せっかく撮影したけど編集がめんどう・・・結局使わなくなった

クボタン

なんてことが起こりにくいのがinsta360 ONE R。

というのもGopro MAXよりカメラの機能が大きく優れていて、具体的に

 

・色々テンプレートが用意されてたり、

・AIがモノを認識してくれて編集時におすすめしてくれたり

・トラッキング(追跡)機能があったり

 

と撮影の初心者をサポートしてくれる機能がたくさん用意されているからです。

Gopro MAXの方が優れているところ

 

じゃあGopro MAXは全くダメなのかというとそうでもないです。

MAXをすでに持っている僕から見たinsta360 ONE Rより優れているところを紹介してみます。

長時間撮影が楽

 

Gopro MAXやHERO8はフレームを必要としないのでmicroSDやバッテリーの入れ替えがスムーズ。

 

一方insta360 ONE Rはフレーム必須で、外さないとバッテリー等の出し入れが出来ないので流し撮りをするぶんにはGoproの方に軍配が上がります。

 

僕みたいに登山・旅行が好きな人にはGoproの方が楽でいいかもしれません。

クボタン

Goproの方が色あざやか

6:00ごろから映像の比較がされています

 

この他何本かの動画を見たのですが、Goproに比べてinsta360 ONE Rは映像の味付けがあっさり。

好みにもよりますが、元気ハツラツな印象で映えそうなのはGopro!

 

ただし、色以外の編集に関しては先ほど書いたとおりinsta360 ONE Rの360度モジュールの方が圧倒的に時間を節約できます

 

360度から通常カメラへの移行がスムーズ

 

MAXは360度モードとHEROモードをタップ一つで切り替えられるので、片側のレンズだけ使って気軽に自撮りVlogができます!

 

一方、insta360 ONE Rで360度を撮影中「ここは通常カメラでVlog撮影したいな」と思った場合、フレームを外し、カメラモジュールを付け替えないといけないので手間がかかります。

 

とは言えMAXのHEROモードの解像度はFHD。4K広角モジュールのinsta360 ONE Rに比べると少し見劣りするかも。う〜ん、贅沢病!

クボタン

 

Goproの方が液晶が大きい

 

 

単純に液晶が大きいと見やすいし、操作しやすくなります。

 

ちなみにMAXの映像は片方のレンズの映像しか確認できないのに対して、insta360 ONE Rは液晶をスワイプすることで360度をぐるりと回して確認できます

そんなに必要性は感じないものの、あるに越したことはない?

クボタン

 

insta360 ONE Rの方がエントリー層にフレンドリー

 

  • Gopro MAX単体より安く、Gopro MAXとHERO8両入手するようなもの
  • 編集が楽で撮影がもっと気軽に

 

ということでinsta360 ONE Rは値段面、機能面両方から見て「これから360度カメラはじめてみようかな」なんて人の強い味方だと思います。

この値段でここまでついてくるの?って感じで、正直今AMX持ってなかったらinsta360 ONE Rを選んでましたね。

クボタン

 

 

よりくわしいinsta360 ONE Rの情報については以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です