jbl防水ポータブルプレイヤーの性能は?1万円で購入レビュー。

出典:speakerport

こんにちは、ファンクとハウス大好きクボタンです。

音楽好きの人なら多少わかってもらえるかもしれませんが

自分の聞いている音楽を知ってもらい共有したい

って欲求ないですか??

そんな僕みたいな人にはこれがおすすめだ!!

JBLのflip4

こいつを買ったのでレビューします!

下の方に開封レビューも。

JBLのflip4とは?

簡単にまとめると

  • 「防水」で
  • 「コンパクトで持ち運びやすく」
  • 「Bluetoothでも有線でも使える」

スピーカー!!

以下にくわしくまとめます!

防水レベル

ipx7相当。

このIPX7というのは水深1Mに30分沈めても大丈夫というレベル。

子供連れで川遊び、風呂場での使用も可能。

コンパクトで持ち運びやすい

517G 

7×17.5×6.8cm

500のペットボトルと同じくらいの幅で、高さはそれよりちょっと低いといった感じ。

片手で持ち運びするのにちょうどよく、女性も余裕で持てる幅。

バックパックに忍ばせるにも許容範囲かなといった具合。

bluetoothでも有線でも使える

外に持っていけるのはもちろんのこと、家にあるプレイヤーでも使えるものがほしいなぁーなんて人はいいかもしれない。

ただし、その有線は別売りなので気をつけて!その気になれば有線でもいけるで!という感じ。

その他の情報

音質

周波数70Hz〜20KHz

ラフな感じで聴くことが多いだろうしそこまでクオリティは求めてない。

価格

1万円ジャストくらい。

高すぎず安すぎず。

再生可能時間

最大再生時間・・・12時間

充電時間約・・・3・5時間

音量によっても前後するらしいですが十分じゃないでしょうか。

カラバリ

開封の儀

外観

こんな箱に入ってきます。

最近の家電は箱に高級感があってタマランなぁ。

裏にはこんな絵が。

そう、元気を分けている名シーンですよ。

箱の中に黒い箱二つ。

その下に本体。

 

周辺のものから開封。

小さい箱には充電用のUSB。

 

大きい方にはマニュアル類が。さらにあけてみると、、、

 

全部で4冊。マニュアルはほとんど英語で日本語の部分は2ページほど。

 

あとはメーカーの保証書。イラスト付きでわかりやすい。

 

本体の感じ。

フロントから。

僕はブラックの方がよかったんですが普段使用する家族がホワイトがいいと言ったのでこの色に。

重心があって上の写真の状態でストップします。ころころ転がっていかないので安心

 

バックにはコチコチと押しやすいボタン。

左下に見えているのはストラップ。

 

さらに角度を変えてみて、お尻の部分。

電源ボタンとそのとなりには、こいつを複数台使うときにコネクトするボタンが。

さらに右端の楕円の所をぱかっとあけるとその下に有線で使うときの穴と充電用の穴があります。

水回りで使うときはここに水が侵入しないように上の写真のようにしっかり栓をしておきましょう。

横から。

端っこがラバーになっているので落としたときにも安心。

こいつは自立するんだけどそのときの滑り止めにもなる。

使ってみる

電源を入れると「テュクトゥーーーーン」大きめの起動音が鳴る。

Bluetoothの電波を飛ばすときにも少しデカい音。

音質はさすがに以前使ってみたのと比べたらだいぶいい感じ。

ただ低音が強調されるという訳ではないのでファンクやクラブミュージックを聴く人は物足りなく感じる人がいるかもしれませんが個人的には十分。

音量も◎

試しに聴いてみたもの

・コーネリアス・los hermanos

・ua・fishmans・redhotchilipeppers

・ゆらゆら帝国・jamesbrown・daftpunk

その他テクノとロックとエレクトロとファンクを中心に。

まとめ

あくまで上に書いたように気軽に持ち運べ、聴き流す用にと考えるとアリではないかと。

音質は決して悪いという訳ではない。

コスパは悪くないんじゃないでしょうか。

より本格的な音がいいのであれば少しだけ持ちやすさ、コンパクトさを犠牲にしてもう少しだけ大きめの樽型もあるのでそれもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です