最新360度カメラQoocam 8Kの驚くべき性能【Gopro maxとの比較で乗り換えを考えるレベル】

すげーライバルきたーーーー!!

クボタン

 

みなさんこんにちは。Gopro7、MAXを大体毎日使っている程度には好きなクボタンです。

写真でも動画でもおそらく性能がGopro MAXより上で、そのくせ値段はあまり変わらないというすごいカメラを見つけました!!

 

KANDAO Qoocam 8K

 

映像のプロも使用するような業務用の高性能なカメラも出していて、実績はある企業の最新コンシューマ向け360カメラ。

 

今回はこの KANDAO Qoocam 8Kについて

 

  • Gopro MAXとの比較表
  • Gopro MAXより優れているところ
  • Gopro MAXと同じところ
  • Qoocam 8Kの気になるところ

 

という内容でお届けします!

まだ発売前の製品で不確定な要素もありますので、詳細がわかり次第さらに追記していこうかと思います!

クボタン

Gopro MAXとKANDAO Qoocamの比較

Gopro MAX QooCam 8K
写真 16.6mp/5.5mp  30mp
写真RAW撮影
360度動画 5.6K30  8K30/4K120
HDR
タイムラプス なし?
ハイパーラプス 〇(2/5/10/15/30) なし?
スローモーション ×2 ×8
ライブストリーミング
タッチスクリーン
バッテリー 外付け1600mAh  内臓3600mAh
防水 ~5m  別売ハウジングにて対応
手振れ補正
FOV 360度

MAX superview

広角

リニア

狭角

360度

PANOモード

Vlogモード

GPS 記述なし
別売りハウジング ×
記録 ~256GB microSD  ~256GB microSD

64GB 内臓メモリ

サイズ 69×64×24 記述なし
重量 154g 243g
価格 ¥67,100 ※¥70,860

※2019/11現在公式で予約注文するとMAXと同じ¥67100で購入できて、12/11までの予約で自撮り棒もついてくるらしいです。

QoocamとMAXの共通点
  • タッチスクリーンつき
  • 片側のレンズのみを使用しての撮影
  • パノラマ写真撮影
  • 手振れ補正

 

MAXを使っててつくづく思うのが、タッチスクリーンの便利さ。いちいちスマホで映りを確認しなくて済むので楽!

クボタン

片側レンズのみでの撮影はMAXで言うところの「HEROモード」。Vlogを初めとした、自身の映りやアングルを確認しながらの撮影に便利~

 

Qoocam 8Kの方が優れているところ

動画性能

 

  1. 解像度が高くて(8K/30fpsでの撮影が可能)
  2. なめらかな動画を撮影できて(4K/120fps)
  3. 暗いところにも強い(センサーサイズがほとんどの360度カメラより大きい)

 

8KというのはGopro MAX(5.6K)の2倍の解像度。そしてセンサーサイズは従来のほとんどの360度カメラより約2.5倍。おまけに8倍(960fps)のスローモーションに対応(Gopro MAXは2倍)。

クボタン

 

写真性能

 

  1. 逆光や暗所に強くて(HDR機能 / センサーサイズが大きい)
  2. PCでの本格的な編集も可能で(RAW撮影)
  3. 画素数も大きい(MAXの約1.8倍)

 

センサーサイズは先ほど説明したので割愛。MAXにはHDR機能がないんですよね~・・・

クボタン

RAW撮影だとAPS-C(一眼レフカメラのセンサーサイズ)レベルの画質に、つまりはむちゃくちゃきれいになるようです!

 

バッテリーが内臓だが大容量

Gopro MAX(1600mAh)の2倍以上の容量です。内部バッテリーですが給電しつつの撮影が可能なので、長時間撮影もできるようです。

 

給電中はカメラ周りがかさばるので、バッテリーの入れ替えだけで済むMAXと比べると一長一短といったところでしょうか。

クボタン

 

本体にもメモリがある

もちろんmicroSD(~256GB)も使えますが、本体にも64GBものメモリが内蔵されているので緊急事態にも使えます。

 

ダイビングでも使える

Gopro MAXは防水で5mまでで水上でのアクティビティには使えるものの、ハウジングの発売予定がありません

ダイビングで使うのであればこのQoocam 8Kか、insta360 oneXかな。

クボタン

 

Qoocam 8Kの気になる3つの点

 

上で見たようにGoproより優れた多くの点があるんですが、ここはどうなってるの?と気になった点があるのでそちらを紹介してみようと思います。

 

タイムラプス・ハイパーラプス機能がない?

物理的な撮影モードボタン「Q」をタップすると、8K写真/ 8K動画 / 4k動画 / 4KスローモーションまたはVlogなどの選択が可能。

Qoocam 8k

他に撮影モードについて書かれてあるところがないようなので、ラプス系はないかもしれません・・・。

クボタン

 

水平維持機能の有無

上の動画の8:40~を見ていただけるとわかりやすいのですが、Gopro MAXやinsta360 one Xには

撮影中にカメラ本体を前後左右に動かしてもモニター確認時に映る範囲が変わらない

というすごい機能があるのですが、これが搭載されているのか・・。

 

水中のステッチング

上で紹介したとおりハウジングはあるんですが、水中では陸上と屈折率が違うようで専用のステッチング項目が必要。

 

ハウジングが用意されているということは水中での使用が考えられているということなので、あると信じたいところですね。

クボタン

 

Qoocam 8KはGopro MAXをかなり意識している・・。

Qoocam 8Kまとめ
  • 動画の解像度がMAXの倍。4Kだと120fpsで8倍スローモーション
  • 写真の解像度もMAXの約1.8倍。PCで本格的な編集も可能
  • センサーサイズが大きいので暗所に強い
  • 容量多めのバッテリー内蔵型で給電しながらの撮影も可能
  • microSDが使えるほか、本体自体に64GBメモリつき
  • 水中ステッチングの有無は不明だがハウジングはある
  • ラプス系はないかも

公式動画の最後に「beyond the MAX(マックスを超える)」とあり、「限界を超える」的な意味もあるでしょうけれどGopro MAXを意識していることは間違いないQoocam8K。

 

個人的にはタイムラプスが撮れるのだったら乗り換えを真剣に考えてしまうほど魅力的なプロダクトです!発売が待ちどおしいですね。

3 COMMENTS

うさぎさん

センサーサイズ、画質などで比べるなら、
GoPro MAXより、Ricoh Theta Z1だと思いますけどねぇ…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です