OS付き(モバスタ/iPad)

iPad pro12.9用格安トラックパッド付きキーボードケースの購入レビュー【KVAGO】

この記事ではこんなことがわかります
  • KVAGO製の格安トラックパッド付きキーボードの見た目と特徴
  • KVAGO製が本格的な執筆やイラストに使えるか

クボタン
クボタン
ブログ執筆用、そしてお絵描き用と2つの使い方を一つで満たすんや〜

といった理由で最近macbook air2012モデルからipad pro 2020に乗り換え、トラックパッド付きキーボードを買いました。

  • 価格 約¥5,500
  • 重さ 1.02kg
  • bluetooth接続
  • microUSB充電
クボタン
クボタン
選んだ基準はAmazonでのレビューが多く高評価、かつ値段も安かったからです。
女の子
女の子
公式のは数万円するもんね。

 

使い勝手を簡単にまとめると、キーボードや見栄えはまあまあOK、トラックパッドとしてはすんごい微妙でした。

 

 

ということで本記事では

  • なぜ公式のMagic Keyboardにしなかったのか
  • KVAGO製を実際使ってみてのくわしい感想

を写真や動画つきでお届けしていこうと思います。

 

クボタン
クボタン
これを最後まで見ると、KVAGO製があなたのモノを書き方(描き方)に向いているかがわかりますよ~。

 

Magic Keyboardを買わなかった理由

mac公式のトラックパッド付きキーボードMagic Keyboardは

 

  • 値段が高すぎ
  • 絵を描くのに不便そう

 

だったので見送りました。

 

 

↑の写真(左下)のように絵を描く際キーボードを本体のウラにしまいたいのですが

Magic Keyboardではこれができないのが個人的には大きなデメリットでした。

 

コンドーさん
コンドーさん
Magic Keyboardだってイラストを描く時はiPadをキーボードごと逆さにすれば使えるぞ!
クボタン
クボタン
いや、数万円も払ってそんなヘンテコな使い方したくないよ・・・。

 

KVAGOのiPad pro 12.9用トラックパッド付きキーボードの使用レビュー

 

簡単にまとめると
  • 打鍵の感覚はいい
  • モノ(見た目)は悪くない
  • 素早いBluetooth接続
  • ペンシルホルダーはないけど一緒にしまえる
  • 自由度が高い角度調整とバックライト
  • enterキーが小さい
  • トラックパッドの感度が良すぎ

 

以下では↑の内容を

  1. 見た目とカバー
  2. キーボード
  3. トラックパッド

という順でよりくわしく解説していきます。

 

①iPad pro用カバーとしてはおおむね優秀

 

悪くはない見た目

 

 

表面は少し光沢がある合皮が使われ、内側は滑り止めのついたゴムのような素材です。

クボタン
クボタン
端っこは型が入っていなくて薄いので、将来的にヘタるかも。

 

収納も90点

 

 

ケース側の上部が平らで、第二世代ペンシルの収納と充電が可能です。

 

 

↑のようにキーボードとペンを一緒に収納するとキッチリとは閉じられません。

クボタン
クボタン
磁石でしっかりくっついてるし許容範囲かな~とは思う。

 

角度調整しやすいがイラスト用に限っていえば少しイマイチ

 

 

ご覧の通り3段階に角度をつけられるミゾがありますが、

カバーとキーボードの磁石がストッパーになってくれるので実際には細かい調整が可能です。

クボタン
クボタン
見る・書くといった動作は快適。

 

ただ、絵を描く時に手元まで画面を持ってくる際は机にベタおきでの作業になります

と言うのも磁石ストッパーなしでは先ほどの3段階のみの調整になり、

一番ゆるい角度(↓)でも絵を描くには急すぎるからです。

クボタン
クボタン
スマホとか置いて無理やり角度をつけても付け焼刃なんだよなぁ・・。

 

②iPad pro用キーボードとしてもまずまずOK

 

ケースと一体型のキーボードではない

 

ガワとセットになっているタイプではなく、キーボードは独立しています

カバーとキーボードの両方に磁石が付いているので安定性はバツグンですが、しまう時は一体型の方が楽なんだろうなとも思います。

 

キーの配置と数日使ってみた感想

 

見づらいかもですが、キーの配置は以下のようになっています。

コンドーさん
コンドーさん
日本語表記はなしなんだね。

 

  • キーがしっかり沈んで打ちやすい
  • 言語切り替え = caps lockキーかF6から
  • スリープからの復帰がCキー一発でとても素早い
  • enterキーが小さい(間違えて上の\キーを押しがち)
  • ¥キーがない(価格比較の時に面倒くさそう)

 

クボタン
クボタン
下2つ以外は満足です。

 

バックライトのかなり細かい調整ができる

 

スペースキー右側の💡キーからバックライトも色々拘れます。

操作方法
  • 1クリック → 点灯
  • 2クリック → バックライトの色が自動的に変化
  • 3クリック → 消灯
  • Fn+💡 → 明るさ調整(3段階)
  • Fn+Alt → 色変更(赤/紫/青/水/緑/黄/白)

 

充電ポートはmicro-usbでバッテリーは4時間ほど。

4隅にゴムが付いていて滑り止め&iPadの傷防止になっています。

クボタン
クボタン
iPad pro本体と同じUSB-Cだったらうれしいな~と思ったんですが、そんなキーボードないみたいです。

 

③トラックパッドに難あり

 

クボタン
クボタン
ここまでまあまあ高評価でしたが、これはアカン

 

何より指2本でのスクロール移動がめちゃくちゃ過敏!おまけに設定での調整ができません。

クボタン
クボタン

少しのスライドでビュン!とページが移動しまくりです。

 

 

・・・まあこれだけだったら慣れればいいかと思えるんですが、そこに追い打ちをかけるようにイマイチなのがタッチ認識の過敏さです。

スワイプしたつもりがタップやダブルタップと認識され、ページ移動したりドラッグしてたりします。

 

そしてこれはワードプレス側の問題かもですが、執筆中にスクロールすると画面が荒ぶリます。

クボタン
クボタン
目障りなくらいで執筆に問題はないんですけどね。

 

トラックパッドの一部挙動が公式と異なる?

 

具体的にはこちらの動作が違っていました。

  • ホーム画面での二本指スワイプでのページ移動ができない(1本指ダブルタップで移動)
  • 3本指で下から上 = ”直前に開いたアプリの表示”になる
  • 3本指で上から下 = ”ホーム画面へ戻る”になる

 

iPad pro12.9用格安トラックパッドつきキーボードケース【KVAGO】まとめ

 

これひとつだけでは本格的な執筆はできません。マウスが別に必要です。

 

一方で見た目や打鍵感はとてもよいのでネットサーフィンくらいならまあまあ使えますし、

ペンシルの充電もできるので傾斜をつけなくてもよいのであればイラスト向きにもOKです

 

クボタン
クボタン
ただワードプレスとイラスト両方をするには星2/5ってところでしょうか。僕と全く同じ用途であればおすすめしません。