その他のペンタブ

【2022最新版】HUIONの液タブKamvas pro総まとめ【ワコムcintiqとの違い】

  • 2022/4:Kamvas pro 13/16(2.5K)について追記
  • 2021/8:kamvas pro 16(4k)について追記

 

たぬきち
たぬきち
ワコムの液タブほしいけどめちゃくちゃ高い・・

そんな人にこそ見て欲しい!

 

本記事では、過去にkamvas pro 22のレビューをしたりkamvas pro16 4Kシリーズを使ってみたペンタブの性能について詳しかったりする僕が

kamvas proシリーズの種類と性能について

  1. cintiq(ワコムの初心者~中級者向け液タブ)との共通点
  2. cintiqとの違い
  3. Kamvas pro同士の比較

を解説していきます。

 

クボタン
クボタン
結論から先に言うとcintiqより安い値段でまずまずの性能。

 

他の液タブと比較しない理由

cintiq「pro」とkamvas proの同サイズで比べると値段が倍以上変わってきます。

また、今回紹介「しない」HUIONの液タブは、ペンに充電が必要だったり傾き検知がなかったりでwacomのペンと性能差が出てくるので割愛しました。

 

別にいい液タブだったらHUIONにこだわらないよ、という人は2021年時点でcintiqよりコスパが高い液タブ集という記事もおすすめです。

記事末にも同じリンクを載せておきます。

 

HUION kamvas proとWACOM cintiq3つの共通点

 

  1. ペンの筆圧と傾き検知の精度
  2. マルチタッチ機能がない
  3. ごく一部(後述)をのぞき最大解像度がフルHD

 

①ペンの筆圧と傾き検知

 

両者ともに8192レベルで感知してくれ、斜めにペンを傾けた際に±60度まで反応して線を太くしてくれます。

女の子
女の子
筆圧の感度が高いと、細かいタッチで描く人ほどアナログ感が高く感じられます。

 

②マルチタッチ機能がない

 

wacomの上位機種「cintiq pro」と違い、cintiqやKamvas proにはタッチ機能がありません

たぬきち
たぬきち
他のメーカーでいうと「XP-PEN」というメーカーのproモデルも↓のモデル以外はすべてタッチなしだよ。
XP-PEN初のマルチタッチ対応4K液タブArtist Pro 16 TP使用レビュー これまでマルチタッチ対応の液タブといえばwacomのみだったんですが、 2021年、ついにXP-PENから「Artist ...

 

③解像度がFHD(ごく一部を除く)

 

液晶のドットが1920×1080というスタンダードな性能もcintiqと同じ・・・でしたが!!

  • Kamvas pro 13 (2.5K)
  • Kamvas pro 16 (2.5K)
  • Kamvas pro 24 (2.5K)
  • Kamvas pro 16(4K)

に限り、よりきめ細かい表示が可能です。

コンドーさん
コンドーさん
ドットが細かいから、アナログっぽさが増すよ!
ハイスペック13インチ液タブKamvas pro 13 2.5Kを使ってみた 本記事では2022/4時点で初心者向けとしてかなりいい線いってる液タブを紹介します!! HUION Kamva...

HUION kamvas proとWACOM cintiqのちがい

13インチでFHD以上の解像度を持つKAMVAS pro 13 2.5K。

 

wacom「cintiq」
  • 色域がせまい
  • ショートカットキーなし(オンスクリーンコントロール)
  • ペンのお尻が消しゴムあり
  • ペン先が沈まない
  • サイズが2種
  • ちょっと高い
Huion「KANVAS pro」
  • 色域が広い
  • ショートカットキーあり(オンスクリーンコントロールなし)
  • ペンのお尻に消しゴムなし
  • ペン先が少しだけ沈む
  • サイズが6種
  • ちょっと安い

 

以下で深く掘り下げていってみようと思います。

 

Kamvas proの方が色域(=PC上で表現できる色の範囲)が広い

 

  • cintiqシリーズ = sRGB 96%
  • Kamvas proシリーズ = sRGB 100~145%

 

sRGBというのは、下の画像の青い三角形の中の何%の範囲の色がモニターで表示できるかという数値です。

eizoより引用

 

クボタン
クボタン
色域が高い=より多くの種類の色を表示できるということ。
コンドーさん
コンドーさん
色域が広いと、単純に描いててテンションがあがるよ!

 

kamvas pro本体にはショートカットキーがある

ボタンがないcintiqの見た目はスッキリしています

cintiqではスクリーン上にショートカットを呼び出せる(オンスクリーンコントロール機能)ため、物理的なボタンやintuos proにあったようなホイールがありません

女の子
女の子
これにより「誤ってボタンに触れることがなくなる」というメリットがあります。

 

一方、Kamvas proシリーズにはホイールと同じ使い方ができる「タッチバー」があったり、物理的なショートカットがある製品が多いです。

 

上下にタッチスライドさせることによりホイールでしていたような操作をすることが可能です。

クボタン
クボタン
mobilestudio proのタッチホイールよりも使いやすいと感じました。

 

HUIONのペンは少しクセがある(最新モデルでは改善済)

 

2年ほど前のKamvas proシリーズに付属したPW507というペンは、ペン先が少し沈みます。

 

ただ自分は少しだけ筆圧が強い方だと思うのですがKamvas pro22使用レビューをした際には使いづらいとは思いませんでした。

クボタン
クボタン
新たにレビューしたKamvas pro 16 4Kに付属していた新型ペン「PW517」に至ってはほぼ沈み込みはなかったよ。

 

また、Kamvas proのペンのお尻にはwacomと違い消しゴム機能がありません

kamvas pro 16 4k付属の新型ペン

コンドーさん
コンドーさん
個人的にはお尻の消しゴムって使わないから無くても全く問題ないです。
たぬきち
たぬきち
ペンをひっくり返してまたもとに戻すのって面倒だもんね・・

 

ペンのサイドスイッチが二つなのはwacomと同じです。

 

HUION Kamvas proの方がサイズが豊富

 

  • cintiqシリーズ =16 / 22 
  • kamvas proシリーズ=12 / 13 / 16 / 20 / 22 / 24

※数字はおおまかなインチ数

 

ちなみに、cintiqもKAMVAS proもサイズごとのペンや液晶の性能差はほとんど無いのでその点は安心です。

 

Kamvas proの方が少し安い

 

  • cintiqシリーズ=約6~11万
  • Kamvas proシリーズ=3~10万

 

同じサイズ・同じ解像度の製品で比べると、\10,000ほどKamvas proの方が安くなります

cintiq Kamvas pro
16インチ 約¥60,000 約¥45,000(旧フルHD版)
22インチ 約¥110,000 約¥100,000

 

たぬきち
たぬきち
Kamvas pro16インチには2.5Kや4Kという解像度の液タブが登場したんだけど、
それと比べるとさすがにcintiqの方が安いけどね。

 

Kamvas pro 16 2.5Kとcintiq 16なら値段も似ているうえ、性能的にも後発のKamvas proの方がよいのでそちらの方がおすすめです。

 

WACOM cintiqと比べた際のHUION Kamvas proの特徴まとめ

 

  • 液晶の質が若干優れ、本体のタッチバーが便利
  • ペンの性能は同じだが、ペン先が少し沈み、後ろに消しゴムがない
  • サイズが豊富(6種)で同サイズで比較するとcintiqより1万円ほど安い

 

クボタン
クボタン
以前に国外メーカーの液タブを触った時は使いもんにならんな・・と思ったのですが最近はワコムと遜色ないレベルに。

 

Kamvas proシリーズ内でのちがいとそれぞれの紹介

12 13 13
(2.5K)
16
(2.5K)
16
(4K)
20
(2019ver)
22
(2019ver)
24
発売 2018 2019 2021 2021 2021 2019 2019 2020
解像度 フルHD フルHD 2.5K 2.5K 4K フルHD フルHD 2.5K
ショートカット数 4 4 7 8 0 16 20 20
スタンド 6段階調節

14.5~45度

6段階調節

14.5~45度

6段階調節

14.5~45度

6段階調節

14.5~45度

6段階調節

14.5~45度

無段階調節

20~80度

無段階調節

20~80度

無段階調節

20~80度

接続方法 3in1
(USB-C⇒HDMI+USB+電源)
3in1
(USB-C⇒HDMI+USB+電源)
①3in2
(USB-C⇒HDMI+USB+電源)
②USB-C⇒C+電源
①3in2
(USB-C⇒HDMI+USB+電源)
②USB-C⇒C+電源
①3in1
(USB-C⇒HDMI+USB+電源)
②USB-C⇒C+電源
電源+HDMI/DP/VGA+USB 電源+HDMI/DP/VGA+USB 電源+HDMI/DP/VGA+USB
重量 765g 910g 1000g 1280g 1270g 3600g 4500g 8660g
寸法 350×198.6 388×219 373.5 x 229.1 436.2 x 247.3 402.7×257.4 552.2×315.3 589×344 659×391
画面サイズ 11.6 13.3 13.3 15.8 15.6 19.5 21.5 23.8

 

表に載っていない以下の項目に関しては同じ、もしくはほぼ同レベルと考えてもらってOKです。

  • 色域カバー率 = sRGB120% adobeRGB 92%※
  • 筆圧 = 最大8192レベル
  • ペンの読み込み速度 = 266PPS
  • 傾き検知 = ±60度

※追記・2021発売モデルはより高色域になりました

 

それぞれのモデルを紹介しつつ軽く所感をまとめていきます。

 

HUION Kamvas pro12


一番小さなモデル。店頭で触ったときにはあまりの軽さにびっくりしました。

ただ、液晶ガラスは少し分厚めですし、発売から4年も経った今これを購入することはおすすめしません。

 

HUION Kamvas pro13



2019年モデル。とりあえず液タブを試してみたいという方には12よりこちらの方がおすすめ。

なぜなら12インチより液晶ガラスが薄くてアナログ感が増すからです。

 

[new!]HUION Kamvas pro 13 2.5K

13インチ液タブは各社発売していますが、その中で唯一FHD以上の解像度を持つハイスペック13インチ液タブ

おまけにペンも新型で色域も高く、値段も¥50,000を下回るという全くもってスキのない液タブ。

個人的には2022現在、液タブデビューにとってはこれ以上ない選択肢だと思ってます。

 

[new!]HUION Kamvas pro 16 2.5K

一つ上のモデルの16インチ版です。

ということで液晶/ペンは13インチと同じく高水準

  • 今16インチFHDの液タブを使用していて画面の荒さが気になっている
  • 正確な色味がわかる確認用モニターがほしい

そんな人におすすめです。

 

HUION Kamvas pro16 4K

2021/4時点で、全kamvas proの中の最新モデル。

唯一の4Kモデルによりきめ細かい表示が可能で、通常版と性能がさらに向上したPLUS版の2種があります。

たぬきち
たぬきち
PLUS版に至っては、一部の性能がワコムの上位機種cintiq proを超えてしまっているヤバいやつ。

 

おまけに価格も4Kにしてはおさえ気味なので、あなたがデジ絵に対して熱を持っているのであれば2021年現在、全メーカーを含めた中で僕が一番おすすめしたい液タブです

 

▼スペック比較による考察記事

ついに出た!HUIONの4K液タブKamvas pro 16(4K)のスペックを見てみよう 2021年3月、HUIONよりkamvas pro 4Kシリーズが発表されました。 ...

 

▼実際使用してみてのレビュー

HUIONの16インチ型4K液タブKamvas Pro 16 (4K) Plus使用レビュー この度HUIONさんからKamvas Pro 16 (4K)シリーズをお借りできました~! U...

Huion kamvas 16 2021 (オススメ!)


 

このkamvas 16(2021)はproモデルではないのですがナイスなスペックなのでついでにご紹介。

こちらはほとんどのkamvas proと違いショートカットボタンとタッチバーがないものの

  • 液晶の性能はそのまま(ガラスが薄くて解像度はフルHD)
  • 新型で沈みにくいペン
  • もちろん簡易スタンドつき

なのでショートカットは使わない、もしくはショートカットデバイスをすでに持っている人にはおすすめです。

 

HUION kamvas pro 20


 

旧モデル(2017年版?)と2019年モデルがあります。

旧モデル
  • 100% sRGB
  • 8個のショートカットキー
  • 反応速度が14ms
2019年
  • 120% sRGBでより鮮やか
  • 16個のショートカットキー
  • 反応速度が8msで速い

 

新旧の両モデルにショートカットキーが左右に8個ずつ搭載されているのは同じなんですが、旧モデルは左右のキーに同じ機能しか割り振れませんでした。

たぬきち
たぬきち
つまり「右の上からx番目のボタン」と「左の上からx番目のボタン」が連動してて、同じ役割しか割り当てられないということだよ!

小型モデルとの違いは「スタンドが無段階調節」「3in1ケーブルではない」という2点。

 

HUION kamvas pro 22



こちらも20と同じく旧バージョンと2019バージョンがあります。

旧モデル
  • 100% sRGB
  • 10個のショートカットキー
  • 反応速度が14ms
2019年
  • 120% sRGBでより鮮やか
  • 20個のショートカットキー
  • 反応速度が8msで速い

20との違いはショートカットできるボタンの数だけ。

このkamvas pro22については使用レビューも書いてますので参考にしてもらえれば幸いです。

HUIONの最新液タブKAMVAS pro 22(2019)レビュー【写真てんこ盛り / wacomとの比較】 HUION様のご厚意で、記事最後にamazonで使えるKAMVAS pro22(2019)の5%オフのコードを掲載していますので...

 

HUION kamvas pro 24(オススメ!)


 

kamvas proで一番大きなモデル。

価格は2021年現在10万ジャストくらいですがワコムのcintiq 22と同じ値段なのに、cintiq 22より

  • 解像度が高くて(2.5K)
  • 画面が広くて
  • ガラスが薄くて
  • ショートカットボタンとタッチバーつき

といいことづくめなので、そう考えるとかなりコスパがいいと思います。

 

おまけにアマゾンで購入すると発売されたばかりのkamvas 16(2021)と同じ

ペン先が沈みにくい新型ペンが付属します

たぬきち
たぬきち
無敵やん?

 

HUIONの液タブからは今後も目が離せない

液タブは安い買い物ではないからこそ迷いもあるかもしれません。

ただWACOM/HUION/XP-PEN全社の液タブを使用したことがある僕から見て、最近のHUION製は他の2社と遜色ないレベルです

 

他社に引けを取らないポテンシャルを持ったkamvas proを一度試してみてはいかがでしょうか?

ついに出た!HUIONの4K液タブKamvas pro 16(4K)のスペックを見てみよう 2021年3月、HUIONよりkamvas pro 4Kシリーズが発表されました。 ...

 

【ちょっと待て】2022年に液タブを買うならcintiqよりもっとコスパがいいモデルがあるぞ! ストップストップ!! 2022年にもなってcintiq買うって正気かい? cintiqがよかったのは発売当初の話で、...