【cintiq pro全5機種まとめ】知っておきたいサイズ以外の違い

こんにちは、クボタンです。

ワコムのペンタブユーザーになって10年ほどでして、今はモバイルスタジオプロ16という製品を愛用してます。

今日はワコムの液晶タブレット「cintiq pro」について

  • cintiq proはワコム製品の中でどんな位置付けなのか
  • cintiq proにはどんな種類があるのか
  • cintiq proどうしでどんなちがいがあるのか

というようなお話をしていきます。「ちがいだけ教えてくれ!」という人は下のもくじから飛んでもらえればと思います。

ワコムの中でのcintiq proの位置付け(どの層向けか)

  • 「intuos pro」をはじめとした中級者〜向けの板型タブレット
  • 中華製の安い液晶タブレット
  • ワコムの旧cintiqシリーズ

現在いずれかを使っている人がステップアップしたい時に候補に入ってくるのがcintiq proです。

cintiq 16

cintiq pro 16

現在ワコムの液晶タブレットはエントリー(入門者)向けの「cintiq」と中級者〜向けの「cintiq pro」の2機種がありますが、昔は「cintiq」が中級者〜向け液晶タブレットでした。

それまではエントリー用の安い液晶タブレットはなく「液タブ=中級者〜が使うもの」みたいなイメージだったな

クボタン

少し乱暴にこの2機種の違いをまとめると

cintiq
  • 解像度がふつう
  • タッチ機能なし
  • 表面ガラスが薄い
cintiq pro
  • 解像度◎
  • タッチ機能あり
  • 表面ガラスがかなり薄い

といったところでして利便性と液晶の質が変わります。

cintiq proは全部で5種類ある

cintiq proは液晶サイズの大きさで分けられる「13」「16」「24」「32」の4種類と、「24」の別モデル(タッチ機能を省いたモデル)の合計5種類。

以下の画像をクリックすると公式ページに飛びます。

cintiq pro 13

cintiq pro 16

cintiq pro 24 ペンモデル

cintiq pro 24 ペン&タッチモデル

cintiq pro 32


以下で

  1. モデルどうしの違いを表
  2. 表をもとにした共通点
  3. 表をもとにしたちがい

の順で解説していきますね。

結果だけ知りたい!という人は表はとばしてオッケー

クボタン

機種 13 16 24ペン 24ペン&タッチ 32
画面のサイズ 13.3型 15.6型 23.6型 23.6型 31.5型
タブレットのサイズ

(mm)

360

x

235

x

13.9

410

x

265

x

17.5

677

x

394

x

47

677

x

394

x

47

854

x

506

x

53.25

タッチ機能 ×
最大解像度 FHD 4K 4K 4K 4K
最大表示色 1677万色 1677万色 10億7,374万色 10億7,374万色 10億7,374万色
adobe RGB

カバー率

約87% CIE1976 = 90%

CIE1931 = 85%

99% 99% 98%
付属ペン プロペン2 プロペン2 プロペン2 プロペン2 プロペン2
折りたたみ

スタンド

リモコンが

付属するか

× ×
付属する

ケーブル

ACアダプタ

電源

USB-typeA

USB-typeC

Mini DisplayPort

ACアダプタ

電源

USB-typeA

USB-typeC

Mini DisplayPort

ACアダプタ

電源

USB-typeA

USB-typeC

DisplayPort

Mini DisplayPort-DisplayPort変換

HDMI 2.0

ACアダプタ

電源

USB-typeA

USB-typeC

DisplayPort

Mini DisplayPort-DisplayPort変換

HDMI 2.0

ACアダプタ

電源

USB-typeA

USB-typeC

DisplayPort

Mini DisplayPort-DisplayPort変換

HDMI 2.0


cintiq pro各モデル間の共通点

付属ペン&最大筆圧レベル

最大筆圧8192レベルのプロペン2がついてきます。

数年前までの2048レベルと比べると4倍になり、ソフトなタッチで描く人は特に恩恵を感じられるかと。

タッチ操作が可能

cintiqと違って、proはすべてのサイズのモデルにおいてタッチ操作が可能です。

24のみ、タッチできない「ペンモデル」とタッチ可能な「ペン&タッチモデル」の2種類展開。

折りたたみスタンドつき

5度と20度に本体の角度を変えられます。

cintiq pro各モデル間の5つのちがい

個人的に重要だと思う順に紹介していきます。

ちがい1・cintiq proはモデルによって最大解像度が違う

押さえておくべきは「13」「16」の2モデル。

クボタン

cintiq pro 13は最大解像度がフルHD

3つある接続方法のうち、どの方法を用いても画質はフルHDになります。これはエントリーモデルの「cintiq」シリーズと同じ解像度。

イラスト制作時に解像度が高いことによるメリットとは

画像を拡大しまくると線がこんな風にドットになってしまいますが、解像度が高いと画像を拡大してもなかなかドットの粒が現れにくく作業が快適です。

つまり、こまごました絵を描く人にcintiq pro 13は向いていないと言えるね。

クボタン

 

cintiq pro 16はHDMI接続だと最大解像度が2Kになる

cintiq pro 13以外の4モデルの最大解像度は4Kなんですが、16だけHDMI接続した場合に限り2K(2560×1440)になります。

なので16で4K出力したい場合はそれ以外の方法で接続する必要があります。

接続方法については下の「ケーブルのちがい」のところで紹介してます。

クボタン

HDMI接続についての注意点

これはcintiq pro16に限ったことではないのですが、HDMI2.0ポートがついていても、PC側が対応していなければ2K/4K出力ができません。

自分のPCが2K/4K対応かはモデル名でググったり、PCのマニュアルを確認したり、メーカーに聞いてみたりするのがよいかと。

 

ちがい2・小型のcintiq pro 13,16は付属ケーブルが少ない

結果から先に言うと13,16を購入する場合、PCにminiDisplayPortがなかったらUSB type-C(サンダーボルト3)がついているmacでもない限り追加でケーブルを買う必要があります

一方、大型の24,32は追加で何かケーブル類を購入する必要が全くありません。

 

というのも、cintiq proは下記のケーブル+ACアダプタを用いてPCと接続するのですが・・・

wacomより引用

cintiq proの接続方法4パターン
  1. ACアダプタ + USB type-C(13,16,24,32)
  2. ACアダプタ + USB type-A(13,16,24,32) + HDMI(24,32)
  3. ACアダプタ + USB type-A(13,16,24,32) + DisplayPort(24,32)
  4. ACアダプタ + USB type-A(13,16,24,32) + miniDisplayPort(13,16)

 

ケーブル横の数字・・・そのケーブルが付属するモデル名

上を見てもらうとわかるとおり、cintiq proの大型(24,32)にはDisplayPortケーブル、小型(13,16)にはminiDisplayPortケーブルが付いてきます。

 

大型買った人

大型買ったけどminiDisplayPortでPCと接続したい(上のパターン④)」

という場合、大型に付属する変換ケーブルで対応できるんですけど、、、

 

小型買っただけどDisplayPortでPCと接続したい(上のパターン③)」

小型買った人

という場合、小型には変換ケーブルがついてきませんので別に用意する必要があります。

 

「よし、わかった!じゃあDisplayPortはあきらめてHDMI接続や!」

小型買った人

と思ってもHDMIケーブルも小型にはついてきませんのでこの場合も用意する必要があります。

 

ワコム公式で動作確認されている変換ケーブルとHDMIケーブルは以下のものです。

DisplayPort to miniDisplayPort(変換ケーブル)

HDMIケーブル

ちがい3・大型のcintiq pro24,32はリモコンつき

「expresskey remote(エクスプレスキー リモート)」という名前のワイヤレスリモコンが大型にはついてきます。

  • 「ctrl + ○○」みたいな複数のキーをボタン一つで呼び出せる
  • 上のサークル部分で画像の回転/拡大縮小・ペン/消しゴムの大きさ変更

これらを手元で行えるのは結構便利です。

ちがい4・大型のcintiq pro 24,32は色域が広い

EIZOより引用

大型cintiq proはadobe RGBカバー率(表現できる色の豊かさを表すひとつのモノサシ)が98%以上。これにより

  • モニターと印刷物の色味の違いが少なくなる
  • より細かな色にこだわって制作ができる
  • 色味の確認用モニターを別に買わなくてもいい

というメリットがあります。これはもう中級者ではなく完全に上級者向けの性能ですね。

こちらが色味の調整にこだわってもそれを見るモニターが変われば色味は変わってしまうので、「印刷はせず、ネット上にアップしておしまい!」という人にはあまり恩恵がないです。

クボタン

ちがい5・大型のcintiq proは「シンティックエンジン」対応

シンティックエンジンとはcintiq pro 24,32本体用の専用のwindowPC(別売り)。本体背面にカートリッジのように差し込んで使います。

仕事用と自宅用など、2箇所以上にcintiq proがおいてあるような環境だとこの「シンティックエンジン」をもっていくことでどこでも同じ設定・環境で制作ができるというメリットがあります。

でもめちゃくちゃ高いし売り切れ気味・・・!

クボタン

 

cintiq proは大型と小型で主なちがいは4つ

上の項の最後に紹介した「シンティックエンジン」についてはあまり購入する人はいないのでは、、と思うので他の主要な点を今一度振り返ります。

cintiq pro 13,16
  • 解像度がふつう
  • 付属ケーブルが少ない
  • リモコンなし
  • 色域がせまい
cintiq pro 24,32
  • 解像度が高い
  • 付属ケーブルが多い
  • リモコンあり
  • 色域が広い

ということで大型はよりプロ向けといった感じですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です