ワコムの最新液タブcintiq22とcintiq16の共通点と4つの違い

「サイズで決めろ!」


どうも!ワコム歴10年以、モバスタ16ユーザーのクボタンです!

みんな〜〜〜〜!ワコムから液晶型ペンタブレットのエントリーモデル「cintiq」シリーズに21.5インチモデルが登場したぞ〜〜〜〜!

さて今日は個人的に

cintiq22って以前発売されていた同シリーズの「cintiq16」と何か違うの?

というのが気になったので調べてみました~

cintiq16とcintiq22の比較

同じエントリー機種どうしで何が同じで何が違うのか表にしてみました。

結果だけわかればいいという人は ↓ はとばして「比較表のまとめ」だけ見てもらえればオッケーです。

cintiq 16 cintiq 22(新)
最大解像度 1920×1080(FHD) 1920×1080(FHD)
液晶方式 IPS IPS
視野角 176/176度 178/178度
最大表示色 1677万色 1677万色
色域 CIE1931 NTSCカバー率 72%

sRGBカバー率 96%

CIE1931 NTSCカバー率 72%

sRGBカバー率 96%

ペンの筆圧 8192レベル 8192レベル
ペンの傾き検知精度 60度 60度
タッチ入力 × ×
接続 3 in 1 ケーブル(HDMI+USB-A+電源) HDMIポート

USB-Aポート

オンスクリーンコントロール
ラジアルメニュー
スタンド 19度(内臓) 16~82度(同梱)
質量 1.9kg(スタンドを除く) 5.6kg(スタンドを除く)
寸法 422×285×25 570×359×40
構成 本体

propen2

ペンホルダー

通常芯3本

芯ぬき

3 in 1ケーブル

ACアダプタ

電源ケーブル

クイックスタートガイド

保証書

レギュレーションシート

本体

propen2

ペンホルダー

標準芯3本

芯抜き

HDMI ケーブル(2.0m)

USB 2.0 ケーブル(2.0m)

AC アダプタ(1.8m、12V、5A、60W)

電源ケーブル(1.8m)

クイックスタートガイド

レギュレーションシート

価格 ¥73,224 ¥118,800

cintiq16と22の比較表まとめ

共通点
  • 液晶の種類と性能
  • 付属するペン
  • タッチ操作不可
ちがい
  • スタンドの形状
  • 保証書の有無
  • 接続ケーブル
  • 重さとサイズ
以下で詳しく解説してみます〜!まずは共通点から!

クボタン

cintiq16とcintiq22の3つの共通点

まず結果からいうと、この3つの共通点のおかげで描き味に関して両者に差はないかと思います。

cintiq16との共通点1・液晶

どちらも

  • フルHD
  • 色域(表現可能な色の範囲)もsRGBカバー率96パーセント
  • IPSパネル(ナナメから液晶を見ても色味の変化が少ない、画像編集にもってこいの液晶パネル)

なので趣味で絵を描くぶんにはじゅうぶんな色表現ができるかと。

細かいことをいうと両者の液晶では視野角(モニター正面を基準として、明るさや色が変わらずに見える角度)が2度だけ違うけれど、ほぼ一緒。

MEMO
「sRGBカバー率?IPSパネル?」という人は画像編集用モニターの選び方という記事でも触れてますので、詳しく知りたい方はそちらを参照してください。
今使っているPCモニターが「色域」という言葉を意識せずに選んだものであれば、それよりは正確な色表現ができるんじゃないかな。

クボタン

今のモニターが仮にcintiqより色域が広かったとしても、併用することで「確認用モニター」「資料を開いておく用」に使えるので無駄にはならないかと思います。

cintiq16との共通点2・ペン

中級者〜向けのタブレット「intuos pro」「cintiq pro」シリーズと同じpropen2が使われています。

旧モデルのペンの4倍の精度、8192レベルの筆圧を感知してくれるモンスターペン。

軽いタッチでイラストを描く人ほど恩恵があるよ!

cintiq16との共通点3・タッチ操作ができない

タッチ操作では画像の拡大縮小・回転・移動などが可能で、直感的な操作ができるのであったほうが便利なんですがエントリーモデルのcintiq16とcintiq22には省かれています

cintiqでこれらの作業をすばやくするためにはキーボードにショートカットを配置するという方法があり、wacomからはexpress key remoteという専用のリモコンも出ています。

cintiq16とcintiq22の4つのちがい

個人的な基準ですが、重要な順で掲載。

クボタン

cintiq16とのちがい1・スタンドの形状

cintiq16

ワコムより引用

cintiq16は角度が固定のスタンドが本体とくっついている形で角度は19度固定

細かく角度を調節したい場合は専用の別売りスタンドが必要。

cintiq22

ワコムより引用

cintiq 22の方も16と同じく本体にくっていている形ですが、取り外し可能16~82度まで自由に調節できます。

設置場所や自分の好みに合わせて角度が細かく調節できる22のほうが使いやすいね~。

クボタン

cintiq16とのちがい2・保証書の有無

22には保証書がついてこない!

なんでやねん

なんだか公式サイトを見ると中国だけ保証書はついてくるらしいです。

なんでやねん(〜2nd season〜)

しかし保証書が付いてこないだけで保証自体はcintiq16/22共に1年間あるので安心してください。

あと、地域によって保証期間が1年のところと2年のところがあるのは納得なんですが、日本は1年。

なんでやねん(〜新たなる旅立ち〜)

cintiq16とのちがい3・接続ケーブル

ワコムより引用したcintiq16の「3in1ケーブル」

cintiqは3本のケーブル(pcへ2本、電源へ1本)でつなぐんですが、16に限ってそのケーブルが途中まで一本にまとめられた「3in1ケーブル」に。

ということでcintiq16はケーブルどうしがかさばりにくく、からまりにくいという利点が。

cintiq16とのちがい4・重さとサイズ

当たり前っちゃ当たり前なんですが一応ふれておきます。

クボタン

cintiq16…422 × 285 = 120270mm2
cintiq22…570 × 359 = 204630mm2

ということで面積的に見ると22は16の2倍以下なんですが、高さの方はというと

cintiq16…25mm
cintiq22…40mm

このとおり22はなかなか分厚く、その結果(?)

cintiq16…1.9kg
cintiq22…5.6kg

22は16のほぼ3倍の重さに。

この重さとサイズなのでちょこちょこ動かせるのは16の方だと思うんですが、上記の3in1ケーブルのおかげでスムーズな移動ができます。

【結論】cintiq22と16に大した差はない

同じクラスなんだから当たり前かもしれませんがcintiq16とcintiq22で描き味はかわらないので、そういった意味では純粋にサイズで選んでOKです。

大きな違いはスタンドくらいで「cintiq22のほうがいいけど値段がなぁ〜」という人は、cintiq22には単品で8000円ほどの高性能なスタンドがタダでついてくると考えると心理的なダメージが緩和されるかも・・・。

cintiq22

cintiq16

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です