wacomの液タブ

ワコムのintuos proと液タブで迷ったらcintiq 16にしろ!幸せになれるぞ!!

この記事はこんな人におすすめ

・intuos proと比べた時のcintiq16のメリット・デメリットが知りたい

・cintiq16を選ぶ最後のひと押しがほしい

こんにちは、ワコムのペンタブを使って10年くらいのクボタンです。

「次に買うタブレット、板タブと液タブどっちにしよう」
「アナログっぽく直接モニターに描きたいなぁ」
「でも液タブ高い…」

という悩みをお持ちのあなた!

あなたがもしデジタル自体初心者で、かつお金がないのであれば入門用板タブintuos、もしくはwacom one13の方が爆裂おすすめです。

 

しかし

「お金の面で引っかかって、レベルアップとしてのペンタブでintuos proとcintiq16を悩んでいる」のであれば…多少無理してでもcintiq 16買った方がいいんじゃないの

と僕は思うわけです。

 

intuos pro買うお金があるんだったらあと1〜2ヶ月がまんしてcintiq 16買えばいいのに~~~

って思うわけです。

 

・・・ということで以下にcintiq 16を選んだほうがいい理由と、デメリットもあるけど解決できるよ、という話をしていこうと思います!!

 

cintiq16を選ぶ2つのメリット

①cintiq 16はintuos proの替わりになる

考えてみてほしいんですが・・・

板タブを買って「あ~やっぱ液タブがよかったかも」となった場合、新たに液タブを買いなおす必要がありますよね?

 

しかし!

逆に液タブを買って万が一「あ~板タブの方があってたわ」となった場合、液タブは板タブのような使い方(pcのモニターを見ながら作業)も出来るんです!

しかもcintiq 16は中級者〜向け板タブintuos proと同じ筆圧とペンなんです!!

 

クボタン
クボタン
つまりcintiq 16を選ぶと、描き心地としては入門用からレベルアップをしつつ液タブも体験でき、自分に合ったタブレットスタイルをじっくり模索できるのだ。

 

cintiq 16の「液タブとしての」性能は?

 

cintiq pro16に比べてcintiq 16が劣っているところ

・表面ガラスが少しだけ厚い(視差がある)
・液晶がフルHD(proは最大4k)
・色域がせまい
・タッチできない

クボタン
クボタン
上級者向け液タブcintiq proに劣りますが、十分すぎるスタンダードレベルです。

 

②cintiq 16は「実は」めちゃ安い

 

たしかにintuos proと比べたら30,000円くらい高いです。

 

でも液タブというくくりで考えた時、今までのものからするとめちゃ格安なんですよ。

参考までにcintiq 16が登場する前にあった同じ16インチの液晶タブレットの価格をみてみましょう。

クボタン
クボタン
高杉る晋作ですね。

 

やらずに後悔するより、やって後悔する方がいいんじゃない?

 

「液タブどうしで比べると安いかもしれんけど、intuos proと迷っている身からすると知ったこっちゃねー」って思うかもしれません。

 

ただ、そもそも何のために買い替えるのかっていうと作業環境をよりよいものにしたいからではないでしょうか。

ひょっとしたら液タブの方が自分にあってるかもしれないんですよ?今選ばなかったら次買い替えるまで数年間成長が遅れるかもしれない。

で、それも100,000円くらい価格差があるなら論外ですけど30,000円なんですよ。ギリがんばれそうな感じしません?

よりよい環境への試金石として30,000円投資してみるのはありかなって個人的には思います。

 

cintiq 16を選んでデメリットはないの?

クボタン
クボタン
もちろんありますが、なんとかできます。

intuos proと比べてcintiq 16が劣っているのは以下の2点

 

  1. 本体にボタン(ショートカットキー)がない
  2. タッチ機能がない

 

ショートカットキーやタッチ機能のメリットは作業効率が上がることです。

もし今まで使っていなかったとしても、イラストレーターとしてレベルアップするなら使いこなしていきたいところですが・・・これらがcintiqにはない!

 

解決方法

 

  • PCのキーボードを使う
  • 左手デバイスを入手する

 

画像編集ソフトにはキーボードにショートカットが割り当てられているので、これを使うことによって解決できます。

もし余裕があるのなら、以下のような左手デバイスの購入も検討してみるのもよいかと。

複数同時押しのショートカットを一つのボタンに割り当てられるので、常に片手にペンを持ったまま作業ができます。超便利。

クボタン
クボタン
僕もモバスタ16でコレ使ってるんですが、便利すぎて本体のキーボードを使わなくなりました笑

 

レベルアップのペンタブとしてcintiq 16をおすすめする理由まとめ

 

  • 自分に液タブと板タブのどちらがあっているかじっくり検討できる
  • 液タブが肌に合わなかったとしてもintuos proの代用品として機能する
  • intuos proと違いボタンがないけど、キーボードや左手デバイスで換えがきく
  • intuos proと違いタッチできないけど、タッチホイール付きリモコンで換えがきく

 

確かにintuos proより高価です。

でもこの記事を見てくれたよりよいペンタブに買い換えようと思っているアナタは、デジ絵を長い趣味にしようと思っている人だと思います

自分にとってよりよい環境を探すのにお金の面だけであきらめてしまうのはもったいないかなぁと思い、今回の記事を作ってみました。

クボタン
クボタン
途中あおるようなところもあったけど、正直な気持ちをつづってみたつもりです。ごめんね!

 

アナタのペンタブライフがよりよいものになることを祈ってます。ではでは!