wacom one 13こそ真・初心者向け液タブである理由とcintiq 16とのちがい

 

こんにちは、アマチュアイラストレーターのクボタンです。

 

とうとう!ワコムから初心者向けでお値段的にもお手頃な液晶型タブレットが登場しましたよーーー!!

 

wacom one 13

 

今日はこのwacom one 13について

 

  1. wacom one 13こそが本当に初心者向けである理由
  2. wacom one 13の次に安いcintiq 16との比較

 

というテーマでお話していこうと思います。

こちらもおすすめ

デジ絵初心者の方はまずはこちらから。(wacom one 13についてもふれています)

パソコンでのイラスト制作のはじめかたをわかりやすく解説【必要なものは3つ】

 

wacom one 13は本当の意味でのエントリー向け液タブである理由

 

ワコムの液タブにくわしい人

エントリー向けならcintiq 16があるんちゃうの?

 

と思われるかもしれませんが、以前のこんな記事↓を書きました。

ワコムの液タブcintiq16まとめ。proとの違いとデジ絵初心者に不向きな2つの理由とは?

そう、cintiq 16を始めとする他のワコムの液タブには、お絵かきソフトがついてこないんです。

 

つまり、本体以外にもう少し出費がかさむということですね。

クボタン

ソフトつきのエントリー向けの板タブ「intuos」とは違うんだね。
wacom one 13に付属するソフト
  • CLIP STUDIO PAINT PRO(6ヶ月ライセンス)
  • Bamboo Paper プロパック

 

イラストレーターにとっては大正義のCLIP STUDIO PAINT PROがついてくるので、買ったその日からお絵かき可能!!

クボタン

 

cintiq 16との比較表

wacom one 13 cintiq 16
表示サイズ 13.3 15.6
最大解像度 1920×1080(FHD) 1920×1080(FHD)
液晶方式 IPS IPS
最大表示色 1677万色 1677万色
応答速度 26ms 25ms
視野角(水平/垂直) 170/170 176/176
色域 NTSCカバー率72% NTSCカバー率72%
筆圧レベル 4096 8192
傾き検知レベル ±60 ±60
マルチタッチ機能 × ×
内臓スタンド
外形寸法 357 × 225 × 14.6 422 × 285 × 25
質量 1.0kg 1.9kg

 

液晶の性能はcintiq 16とほぼ同じと思っていいです。ガラスは厚さはペン先から出ている芯の長さよりわずかに厚い程度。

タッチ機能がないのもcintiqと同じ。どうしてもタッチ機能がほしい場合はcintiq pro 13を選ぶべし!ただし、お値段は倍ほどに・・・。

他のwacom製液タブとのちがい

wacom one 13と他の液タブはペンが違う

 

他の全ての最新液タブについてくるのは「pro pen2」と呼ばれる筆圧を8192段階に感知できるモンスターペンですが、wacom one 13は半分の筆圧4098。

筆圧は細かいタッチで絵を描く人ほど恩恵があるんですが、4~5年前までプロ向けでも2048レベルだったことを考えれば4096レベルでも十分だと思います。

クボタン

 

上:pro pen2  下:Wacom one pen(大きさの比は実物と異なります。)

また、ペンの後ろにテールスイッチがないのも特徴のひとつ。ペンだけでできる自由度が少し減ります。

 

propen 2などのテールスイッチにはデフォルトで消しゴム機能がついてますが、いちいち反対に持ちかえるのがめんどうで、僕はあんまり使ってないですね〜

クボタン

 

おまけに、他のメーカーのペンも使えるのもひとつの特徴です。

対応ペン

  • STAEDTLER, Noris digital
  • LAMY, AL-star black EMR
  • Mitsubishi, 9800 Pencil
  • Raytrektab, DG-D08IWP
  • Samsung, Galaxy Note and Tab S Pen

wacomより引用

 

お気に入りのペンがあるならそれを使い続けることもできますね。

クボタン

 

一部android端末で使用可能

 

これが地味にスゴイ。PCがわりにスマホ(一部端末に限る)あればお絵かきできるってやばない?

クボタン

僕はワコムのmobilestudio proという、いわゆる「絵を描くことに特化したタブレット」を持ってるんですがめちゃくちゃ重いんですよね。

 

2kgあって、長時間作業の場合かさばる電源類も持っていかなくちゃならないので、モバイルできるけどそんなにモバイルしたくないという・・・。

 

androidと、この1kgしかない液タブがあれば外出時のお絵かきのハードルがぐんと下がるんじゃないでしょうか。

対応端末一覧

  • Huawei, Mate 20 Pro
  • Samsung, Galaxy S8
  • Samsung, Galaxy S10+
  • Samsung, Galaxy Note 9
  • Samsung, Galaxy Note 8
  • Samsung, Galaxy Note 10+
  • Samsung, Galaxy Note 10
  • Huawei, P30
  • Huawei, P20 Pro
  • Huawei, Mate 30 Pro

wacomより引用

 

wacom one 13はデジ絵をさらに身近にしてくれる

 

今まではデジ絵を安く始めようとする場合板タブ一択でしたが、これからはwacom one 13のおかげでアナログでの経験を活かしやすくなりました。

 

ソフト付きでcintiqとも性能があまり変わらない入門用液タブ、wacom one 13でデジ絵をはじめてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です