wacomの液タブ

デジ絵歴10年が解説するワコムの液タブcintiq 16まとめ|proとの違いと初心者におすすめする理由

 

2021/5 追記

この記事は2019年の液タブ界隈を基準とした記事です。

2021年に液タブを考えるならもっといいモデルがありますので、下記の記事もおすすめします~。

【ちょっと待て】2021年に液タブを買うならcintiqよりもっとコスパがいいモデルがあるぞ! ストップストップ!! 2021年にもなってcintiq買うって正気かい? cintiqがよかったのは発売当初の話で、...

 

以下、この記事の本文です。

 

「はがねのつるぎみたいなモンや!!」

 

 

wacomの液タブ「cintiq 16」めちゃくちゃ人気ありますよね。

アマゾンでのレビューも多く、なおかつ高評価!

 

ということで今回は

  1. cintiq 16の特徴や性能とは?(cintiq pro16との比較付き)
  2. cintiq 16が最近少しデジ絵初心者に寄り添ってきている・・!
  3. cintiq 16はこんな人におすすめ

 

というお話を

・wacom歴10年

・HUIONやXP-PENでの作画経験もあり

・ただいまiPad proも使用中

のぼくが解説してみようと思います。

クボタン
クボタン
これさえ読めばcintiq 16があなたの求めるペンタブかどうかが丸わかりです!

 

cintiq 16とcintiq pro 16の比較

cintiq 16の特徴・性能は悪くないよ!ということをお伝えするため、

まずは上級者向けのcintiq pro16と比較してかんたんにまとめてみました。

 

cintiq16とcintiq pro16の共通点
  • 付属のペン(筆圧8192)
  • 最大表示色
cintiq16の方が劣っているところ
  • 解像度(画像のきめ細やかさ)
  • 色域(表現できる色の豊かさ)
  • タッチ入力ができない
  • 視差(液晶ガラスの分厚さ)
より詳しい比較表を見たい人はこちらをタップ
cintiq 16 cintiq pro 16
最大解像度 1920×1080(FHD) 3840×2160(4K)
液晶方式 IPS IPS
最大表示色 1677万色 1677万色
色域 CIE1931 NTSC 72% CIE1976 adobeRGB カバー率90%

CIE1931 adobeRGB カバー率85%

ペンの筆圧 8192レベル 8192レベル
タッチ入力 ×
接続 3 in 1 ケーブル(HDMI+USB-A+電源) 1.ACアダプタ + オルタネートモード対応USB typeCポート

2.ACアダプタ + USB-A + MiniDisplayPort

3.ACアダプタ + USB-A + Displayport

4.ACアダプタ + USB-A + HDMIport

オンスクリーンコントロール
ラジアルメニュー
スタンド 19度 5度/20度
質量 1.9kg 1.5kg
構成 本体

propen2

ペンホルダー

通常芯3本

芯ぬき

3 in 1ケーブル

ACアダプタ

電源ケーブル

クイックスタートガイド

保証書

レギュレーションシート

本体

propen2

ペンスタンド

通常芯6本+フェルト芯4本

芯ぬき

ACアダプタ

電源ケーブル

wacom link plus

mini Displayportケーブル

USB typeCケーブル

USB2.0 – micro USBケーブル

クイックスタートガイド

保証書

レギュレーションシート

クリーニングクロス

 

女の子
女の子
4つも劣ってんじゃん。
クボタン
クボタン
まあ値段が倍以上するしね・・。

 

【cintiq pro 16】値段は倍、でも魅力は倍じゃない

正直、cintiq 16の方がコスパに優れています。

というのも、先ほどの4つのマイナスもそんなに悪くなかったり対処法があったりするからです。

 

以下ではそれらを中心にcintiq 16の特徴を見ていきましょう。

 

cintiq 16の特徴

 

スタンダードレベルの液晶

wacomより引用

 

cintiq 16の解像度はフルHDで、これは2020年現在普及率がもっとも高いPCモニターの解像度と同じです。

クボタン
クボタン
cintiq pro 16の最大4K表示に比べると見劣りするものの、十分な性能かと思います。

 

また、色域についてもよくも悪くもなく、といった具合

色域?adobe RGB?NTSC?いう人はこちらをタップ
  • 色域 = 人が認知できる色の範囲
  • adobe RGB / NTSC = ディスプレイで表現できる色の範囲

EIZOより引用

  • グラフに見えているすべての色 = 「色域」
  • 黄色い三角形 = NTSC
  • 赤い三角形 = adobe RGB
  • cintiq 16 = 黄色い三角形の72%の色をカバー
  • cintiq pro 16 = 赤い三角形の85%の色をカバー

 

カバー範囲は違えど、adobeRGBとNTSCは同じくらいの大きさ。

 

デジ絵初心者が色域に神経質になる必要はない

 

コンドーさん
コンドーさん
色鮮やかに見えた方がいいに決まっとるやん!

 

と思うかもですが

  • それでも一般のPCモニターよりは高性能
  • 仮にこちらがこだわったところで、受け取る側がいいモニターでないと伝わらない
  • cintiq pro 16の色域もプロ的にはイマイチな性能

なので、

・「ちょっと液タブ試してみようかしら」
・「はじめての液タブ!」

という方ならcintiq 16の色域でじゅうぶんです(今使っているPCモニターがEIZOの10~20万円するものとかの場合は別。)

 

クボタン
クボタン
色域を気にすべきなのはプロや、それに準ずるような人。また、描いたものの印刷をよくする人だけですね。
女の子
女の子
色にこだわるプロにとって、cintiq pro16のカバー率85%も低すぎるんだって。

 

タッチ入力ができない

wacomより引用のcintiq pro 16

 

タッチ機能のメリット

画像の回転・拡大縮小を直感的に(ipadやgoogle mapのように)操作出来ることによる作業の時間短縮。

 

cintiqにはタッチ機能がないのですが、ぶっちゃけ別になくても困りません

女の子
女の子
 というのも、キーボードショートカットや左手デバイスで代用できるから

clip studio専用左手デバイス「タブメイト」

 

実際、僕は左手デバイスと共に使ってからmobilestudio proではタッチ機能をほぼ使っていません。

クボタン
クボタン
安くて便利なのでマジでおすすめ!

 

視差(表面ガラスの分厚さ)がある

 

cintiq 16はpro13/pro16と比べてモニターの表面ガラスが分厚いです。

クボタン
クボタン
具体的にいうと、cintiq 16のガラスはペン先から飛び出た芯よりわずかに厚いくらいだよ!

 

旧モデルと比べるとかなり薄いですが、様々な液タブでお絵かきした僕の経験から言うと許容範囲ですし、そのうち慣れます

 

ただ

たぬきち
たぬきち
アナログライクに描きたいんやからガラスの薄さは絶対ゆずれへん!あ、でも値段は据え置きでたのむでな!

という人は僕が使った中ではXP-PENのartist 15.6 proがおすすめです。

クボタン
クボタン
時間があればxp-pen artist 15.6 proレビュー記事も参考にしてね!

 

cintiq 16はデジ絵初心者用ペンタブではなかったが・・・

 

cintiq16は性能的には申し分ないのですが、デジ絵入門者となると手放しでおすすめ出来ませんでした

たぬきち
たぬきち
だってお金がかかるんだよな~

 

「デジ絵初心者」には少し高い本体価格

7万円ほどします。

趣味の最初の投資に7万円かけられる人ってそうそういないんじゃないでしょうか。

クボタン
クボタン
生活にゆとりがある人ならともかく、キッズにはきつい・・・。

初心者からしたら高いのですが、今までの液タブ事情を知っている人間からすると安く感じます。

この大きさの液タブってcintiq 16が出る前までだと倍額以上でした

 

期間限定で画像編集ソフトの体験版がついてくる【2021/1追記】

2021年現在、期間限定でClip Studio EXが最大6か月無料体験できるキャンペーンが実施中です。

たぬきち
たぬきち
3万円ほどするイラスト・漫画製作の王道ソフトやで。

体験版なのでゆくゆくは購入しなければならないのですが、ペンタブ購入時の負担を少しでも軽くしたい人は今がチャンスです。

コンドーさん
コンドーさん
イラストしか描かない人は無料体験終了後、8000円ほどで購入できるClip Studio proに移行するといいよ!

 

もともとcintiq 16はソフトなしだった

 

つまり、0からデジ絵を始めようと思ったら本体と別にソフトを買うお金が必要でした

「コレ中級者向けだから、当然ソフトは持ってるよね?」といった感じでしょうね。

クボタン
クボタン
ということでcintiq16は、ドラクエでいう「はがねのつるぎ」やと思うねん。
女の子
女の子
ある程度戦いに慣れた人にとってのエントリーモデル、スタンダードモデルって立ち位置なのね。

 

 

cintiq 16はこんな人にオススメ!

wacomより引用

 

ここまでの内容を踏まえるとcintiq 16は以下のいずれかに当てはまる人に向いています。

  1. デジ絵初心者だけどお金に余裕はある(予算7~8万円)
  2. intuos(またはそれに準ずるモデル)の性能に物足りなさを感じてきた
  3. intuos proとcintiq 16で悩んでいる

 

板タブか液タブかで迷っているならcintiqにしてみては?

 

ワコムのintuos proと液タブで迷ったらcintiq 16にしろ!幸せになれるぞ!! こんにちは、ワコムのペンタブを使って10年くらいのクボタンです。 「次に買うタブレット、板タブと液タブどっちにしよう」 ...

こちらにも書きましたが

 

  • 板タブは液タブがわりになれないが、液タブは板タブ替わりになる
  • スペック的にはcintiq 16 ≒ intuos pro
  • だから万が一cintiqが肌に合わなくてもintuos pro替わりとして機能する

 

ということで、「お絵かき環境をよりよくしたい、自分の色々な可能性を試してみたい」という人には金銭面以外でのデメリットが皆無なのでかなりおすすめです。

 

以上でじっくりと「板タブと液タブのどちらが肌に合うのか」を見極められる優秀な液タブ、cintiq 16の紹介を終わります。

お付き合いありがとうございました〜!