ワコムの液タブcintiq16まとめ。proとの違いとデジ絵初心者に不向きな2つの理由とは?

「はがねのつるぎ!」


どうもwacom歴10年のクボタンでございます。

今回はタイトルで言いたいことが完結してます。cintiq 16はそんなにデジ絵初心者向けじゃないんじゃないの?というお話。

「え、公式にもエントリーモデルって書いてるやん?」「めちゃくちゃ高性能なん?」ナドナド思われたでしょうから以下に

・そもそもcintiqの特徴や性能は?

・cintiq16がデジ絵初心者向けではない理由は?

・じゃあcintiq16は誰向けやねん

というところを解説していきますね。

MEMO

2019/7末に登場したcintiq22とcintiq16の比較記事もお時間あればぜひ。

cintiq 16とcintiq pro 16の特徴・性能の比較

cintiq 16だけを見てもわかりづらいかもしれないので中級者~向けのcintiq pro16と比較してみたよ。

qubotan

cintiq 16 cintiqpro 16
最大解像度 1920×1080(FHD) 3840×2160(4K)
液晶方式 IPS IPS
最大表示色 1677万色 1677万色
色域 CIE1931 NTSC 72% CIE1976 adobeRGB カバー率90%

CIE1931 adobeRGB カバー率85%

ペンの筆圧 8192レベル 8192レベル
タッチ入力 ×
接続 3 in 1 ケーブル(HDMI+USB-A+電源) 1.ACアダプタ + オルタネートモード対応USB typeCポート

2.ACアダプタ + USB-A + MiniDisplayPort

3.ACアダプタ + USB-A + Displayport

4.ACアダプタ + USB-A + HDMIport

オンスクリーンコントロール
ラジアルメニュー
スタンド 19度 5度/20度
質量 1.9kg 1.5kg
構成 本体

propen2

ペンホルダー

通常芯3本

芯ぬき

3 in 1ケーブル

ACアダプタ

電源ケーブル

クイックスタートガイド

保証書

レギュレーションシート

本体

propen2

ペンスタンド

通常芯6本+フェルト芯4本

芯ぬき

ACアダプタ

電源ケーブル

wacom link plus

mini Displayportケーブル

USB typeCケーブル

USB2.0 – micro USBケーブル

クイックスタートガイド

保証書

レギュレーションシート

クリーニングクロス

表のまとめ

cintiq 16とpro 16の同じところ

・付属のペン(筆圧8192)

・最大表示色

cintiq pro16より劣るところ

・解像度が低い

・色域がせまい

・タッチ入力ができない

・視差が少しある

以下で違いについてざっと解説!

qubotan

違い1・cintiq 16の方が解像度が低い

低いといいつつもcintiq16はフルHDではあるので十分スタンダードレベル。cintiq pro16の最大4K表示に比べると見劣りするものの、cintiq16はエントリーモデルなので妥当かと。

違い2・cintiq 16の方が色域がせまい

cintiqpro16はabobe RGBカバー率 85%なのに対してcintiq16はNTSC 72%なのでproに比べると色の表現力で劣るけど

・「ちょっと液タブ試してみようかしら」
・「はじめての液タブ!」

という方なら気にすることは全くないし、気にならないところだと思う。(今使っているPCモニターがEIZOの10~20万円するものとかの場合は別。)

また、cintiqpro16の85%もそんなに高いわけではない。

・色域・・・人に見える色の範囲

adobe RGB / NTSC・・・ディスプレイで表現できる色の範囲。

EIZOより引用

・グラフに見えているすべての色=「色域」

赤い三角形=adobe RGB

黄色い三角形=NTSC

カバーしている範囲は違えどadobeRGBとNTSCは同じくらいの大きさだということが伺えますね。

qubotan

cintiq 16とcintiq pro 16の話に戻すと、こういうことです。

・cintiq16=黄色い三角形の範囲の72%の色をカバー

・cintiq pro=赤い三角形の範囲の85%の色をカバー

違い3・cintiq 16はタッチ入力できない

これは少し痛い。

タッチ機能があると画像の回転・拡大・縮小を直感的に(ipadやgoogle mapのように)操作出来るので地味に時間短縮につながります。

あとモニター上にキーボードを表示する機能(スクリーンクーボード)を使用する時にタッチだと便利かも。使わないかもだけど。

違い4・cintiq 16は視差がある

これは表にはなく、先日ヨドバシでcintiq16とcintiqpro13、cintiqpro16の3種を触ってみて感じたこと。cintiq16はpro2機種と比べてほんの少しだけモニターの表面ガラスが分厚い。ペン先からカーソルまでに距離が。

それでも旧モデルの液タブと比べたらかなり薄いんだけどね。

qubotan

cintiq 16がデジ絵初心者向けではない理由2つ

cintiq16の性能は中級者~には一部物足りない部分があるものの、液タブ初心者には申し分ないかなぁと。

しかし冒頭で述べたとおり、デジ絵入門者には手放しでおすすめ出来ない点が性能以外のところにあるので今からそれを見ていきましょう。

1・「デジ絵初心者価格には」高い価格

wacomより引用

7万円ほどします。ちなみにwacomの入門用板タブ「intuos」だったら1万円ほど。

趣味の最初の投資に7万円かけられる人ってそうそういないんじゃないでしょうか。生活にゆとりがある人ならともかく、キッズにはきつい。

子供のころの僕だったらお年玉と普段こつこつためたおこづかいでも手が届かなかったな・・

qubotan

補足

初心者からしたら高いってだけで、今までの液タブ事情を知っている人間からするとめっちゃくちゃ安いペンタブだったりする。

ペンタブ第一人者である日本企業ワコムの、この大きさの液タブってcintiq16が出る前までだったら倍額以上してたのだ。

2・画像編集ソフトがついてこない

同じワコムのエントリー向けの板タブintuosシリーズは本体を購入するとPCでお絵描きや写真編集する用のソフトがついてくるんですが、cintiq16にはソフトがついてこない

つまり、完全に0からデジ絵を始めようと思ったら本体と別にソフトにお金がかかるということ。無料のソフトもあるけれど、それなりのものを使おうと思うと¥5000~はいる。その点板タブのintuosだったら¥10,000くらいから購入できて有料ソフトもついてくるので、元取れてるのか心配になるレベルでお得っス。


ということでcintiq16はね、ドラクエでいうと「はがねのつるぎ」レベルのものやと僕は思うねん。ある程度戦い方に慣れた人にとってのエントリーモデル、スタンダードモデルってとこでないかと。

qubotan

cintiq16はこんな人にオススメ!

初心者向けじゃないことを踏まえて具体的に誰向きなのか。僕が考えるのは以下の2パターンの人です。

すでに入門モデルのペンタブを使っててステップアップしたい人

wacomより引用

ステップアップとして中級者〜向け板タブ「intuos pro」を買おうとしているそこのアナタ!あと3万円ちょい出すと直接モニターに描き込めるようになるよ!それがcintiq16だ。

先ほど性能のところで書いたとおり中級者~向け液タブcintiq proシリーズに比べると解像度(フルHD)や色域の面(NTSC 72%)で劣るものの、お試しレベルとしては十分なので、迷ってる人は「高性能な板タブがほしい、ついでに画面に直接描けるといいかも」というこのついでに3万円払えるかどうかで考えるとよいかと。

「+3万ってけっこうな額やんけ」と思った?わかるで!

でも今までやったら中級者〜向け板タブと15~16インチの液タブの金額差って10万円以上あってんで〜。

qubotan

あとペンタブをすでに持っていた場合、出費が抑えられるのもうれしい。ソフト代の他、ペンタブレット下取りキャンペーンもあって¥8,000キャッシュバックがあるので6万円代でcintiq16を入手できるよ。(2019.3.31までの公式サイトでの購入に限る)

お金に余裕があり、ある程度アナログ歴が長いデジ絵初心者

wacomより引用

初期投資として7万円とソフト代が払える人ならもちろんおすすめしたい!直接画面に描けるので、今までの学んだアナログの技術をある程度活かせますね!

また「アナログ歴が長いけどペンタブは板タブの方が性に合っていた」という人もいますが、cintiq16等の液タブは「PCのモニターを見ながら絵を描く」という板タブと同じ使い方もできるので、使ってみたもののやっぱ板タブスタイルがいいかもなんてことになっても安心。

別にソフトを購入する必要があるのには注意!

cintiq16のまとめ

「intuospro + 画面に直接描ける機能(入門編) = cintiq16」

初心者向けでない理由

・初心者には高い価格

・ソフトがついてこない

誰におすすめか

・デジ絵中級者〜

・7~8万出せる人


今まではwacomで高性能かつ低価格のペンタブレットを考える際に選択肢がintuos proしかなかったけど、そこに液タブという選択肢が加わったわけです。自分には液タブがあってるかそれとも板タブがあってるか見極めるのに最適な赤魔道士モデル。

正直今からデジ絵始める人がうらやましいね!おしまい。

今日紹介したものはこちら

下取りキャンペーンをやっている2019年1月現在、下取りなしだったらアマゾン(¥66,634)の方が安くて、下取りありだったら公式(73224-8000=¥65,224)の方が安いよ!

qubotan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です