茨城県にある季節によって違う顔を持つ滝と吊り橋に富士フイルムのカメラと行ってきた

友人に会いに年末茨城県に行ってきたんだけど、魅力度ランキング6年連続最下位の県の貫禄見せまくりって感じ。

な〜〜〜んにもない。

いやほんとびっくりするほどなんもなくてさ~

 

 

・カッチンカチンに凍った滝と
・ミラーボールみたいなイルミネーションがある洞窟と
・ライブハウスの控室みたいなお社と
・日本最大級の吊り橋

くらいしかなかったわ~~〜〜〜〜〜

 

 

 

え?気になるって??

この記事でわかること

・袋田の滝の情報・雰囲気

・ついでに足を延ばしたい吊り橋の情報・雰囲気

・fujifilmのミラーレスで素人が撮れる写真

袋田の滝って?

観光いばらきより引用

ざっくりした情報

・茨城の北の方にある

・冬になると滝が凍る

・時期によってはライトアップもされる

・日本三名瀑(日本のみやびな滝トップ3)のひとつ

昔の偉い人が言ったそうです「季節ごとに表情かわるこの滝マジやべぇわw」と・・・。

まぁ昔の人ですから?多少オーバーなんちゃいますか~と僕は思うわけです。滝なんて1回見るだけで十分なんすよ。そんな何度も見て何が楽しいんですかね~~~

 

 

 

観光いばらきより引用

あ すごいわこれ

凍る滝!「白川氷柱群」みたいなノリ?疑問を胸に抱きつつ車を走らせる僕らであった。

周辺の雰囲気とか

到着。滝の付近の駐車場にはご当地グルメの店やらホテルやらがたくさん。


滝までの道沿いにあるホテル「豊年万作」にあるアップルパイ屋で買った。4個800円。ふつうにうまい。そこそこ人気らしく長いときは1時間くらい待つらしい。

全然関係ないんですけど、江戸っ子ってアップルパイのことプルペェって言うってほんとですかね?


 

10分ほど歩くと山道に入るけど整備されていてゆるやかなので安心。左手に見える川がすでに凍りかけている。


木々「やめろや虐待やんけ!」

途中に一部だけめちゃめちゃ木々が凍ってるところがあって、なんでやろと思ってたら背面に蛇口があってスプリンクラーみたいに水をまいてた。天然ちゃうんかい。

つがいのオスとメスが楽しそうに写真を撮ってました。


お土産物屋さん的なものを通り抜けていく。営業しているところとそうでないところが。がらんとしているのもそれはそれで情緒があっていい感じ。


お土産物屋を通り過ぎると小さな吊り橋があってそこから袋田の滝が見える。駐車場からここまで30分くらい

左に見える展望台へ行くには入場料を払って洞窟の中に入っていく必要がある。300円と高くないし、洞窟の中にも見どころがあるので入ることをおすすめします。


展望台へ続く洞窟内のミラーボールと社

洞窟を進んでいく。天井のライトがキューブになっててお洒落。


入場料を払って洞窟へ入るとデカい毬的なオブジェクトがライトアップされている。ついたり消えたり色も変わったりで幻想的。

お札だけかとかと思ったらステッカーも貼られていてライブハウスの控室みたいになっとる・・。ちなみにさっきのミラーボールの近くにも社があります。


展望台からの眺め

けっこう近くて迫力ある。完全に凍結したらスノーピッケル片手にアイスクライマーする人もいるらしいぞ!


エレベーターにのってさらに上の展望台へ。袋田の滝は2~3段に分かれていて、この展望台からはその上部をみることが出来る。

帰り

滝も見終わって洞窟を抜けると今度は川の反対側に出てくる。疲れたので近場のこのお土産/軽食屋さん「菊池みやげ店」で暖を取ることに。


掘りごたつの席がある!最高!!


子持ちのあゆを頂く。ソルティ~。


アクセス

★〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3−19

ホームページ滝の凍り具合を確認できるぞ!

展望台営業時間

5~10月→8~18時

11~4月→9~17時

展望台入場料

大人300円

子供150円

龍神大吊橋へ

袋田の滝から少し南の方へ行くとものすごいでけぇ吊り橋があるぞということで足を延ばしてみました。

ざっくりした情報

・ダムの上にまたがる日本最大級の吊り橋

・375mもの長さの湖面から100m離れている

・バンジージャンプ可能

・季節ごとにイベントアリ

いやいやいやそんな大したことないでしょうよ・・・。

こちとらこの前バンジージャンプしてきてるんすわ

たから高さにはだいぶ耐性ついてるし?

ちょっとやそっとじゃ何も感じませんわ。

 

 

 

 

でかぁ!!


長ぁ!!!


あばばばわぁ!!!!

前のバンジーとはレベルが違う高さ(100m)とお値段(¥16,000)にビビって今回は遠慮しました・・・。リベンジしたい。気になる人はバンジージャパンのホームページを確認だ。


高所恐怖症の息の根を止める粋な心遣い。


すぐそばのお土産屋さんで買ったtastystick。納豆味はまじでうまいのでおすすめ。30本入りを買って今まさにこの記事を食いながら書いてる。

アクセス

★茨城県常陸太田市天下野2133-6

ホームページで各種イベント情報が確認できるぞ!

営業時間

8:30~17:00

★受付は16:40まで

入場料

大人310円

子供210円

そもそも茨城県に行ったのはつくばの友達に「DJするから見にきてよ」と言われたのが始まり。

朝早くに大阪を出発したものの結局なんやかんやでつくばについたのは夜。

DISCOS

「OctBaSS」というクラブに隣接する小さなバー。カウンターの横にDJブースがある。つくばの音楽シーンを盛り上げるのに一役買っているというウワサ。

上からスピーカーがぶら下がってきてます。残念ながらドッスンみたいには落ちてきません。

ミラーボール。僕らは割と早い時間からお邪魔してたんですが、夜も更けるにつれて人が増えてきた。お酒を片手に各々盛り上がってはって地元民に愛されてる場所なんだなぁと思いました。おしまい。

アクセス

ウェブサイト→octbass

おわりに

菊池みやげ店にて温かいお茶で曇った眼鏡

なんだよ茨城おもしろいじゃん。

2か所とも季節によって違う楽しみ方が出来るみたいだし、温泉も有名らしいし今度は一泊してみようかな。おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です