その他のペンタブ

【ちょっと待て】2022年に液タブを買うならcintiqよりもっとコスパがいいモデルがあるぞ!

 

ストップストップ!!

2022年にもなってcintiq買うって正気かい?

cintiqがよかったのは発売当初の話で、
今だと同価格帯でもっといい液タブが買えるぞ!!

 

ということでこの記事では

  1. 今日紹介する液タブがcintiqよりどう優れているかをまとめた上で
  2. サイズ別(cintiqと同じく16/22)にその液タブを紹介

していきます!

著者について

  • wacom / XP-PEN / HUIONの液タブ使用経験あり
  • 10種以上のペンタブ使用経験あり
  • 今なお進行形でペンタブに関する情報を集めまくり
クボタン
クボタン
よろしこ~

この記事はcintiqについての話です。上位機種cintiq proについてはバリバリ現役のスペックです。高いけど・・。

cintiqよりコスパがいいってどんな性能?

後で紹介するXP-PENの液タブinnovator 16。

この記事で紹介するすべての液タブの共通点は、cintiqより

  • 値段が安いか同程度(一部を除く)なのに
  • 表面ガラスが薄く
  • ペンの追従性能が同程度かそれ以上
  • 色鮮やか

というところです。

クボタン
クボタン
つまり、cintiqよりアナログ感が得られて快適なモデルを紹介します!
コンドーさん
コンドーさん
液タブを選ぶ理由が「紙と鉛筆のような感覚が欲しいから」だったら必見!

 

2022年現在でcintiq 16よりおすすめな液タブ4種【15.6型】

  1. XP-PEN artist 15.6 pro
  2. XP-PEN innovator 16
  3. XP-PEN Artist Pro 16
  4. HUION Kamvas Pro 4K
クボタン
クボタン
ちなみに全部使用レビュー済です。

 

コンドーさん
コンドーさん
順に紹介したのち、4者+cintiq 16の比較表も掲載しておくので参考にしてね。

 

XP-PEN Artist 15.6 pro

今日紹介する中で一番安く、スペック的にはスタンダードな液タブです。

XP-Penの激安液タブArtist 15.6 proレビュー【wacomに劣らない性能】 どうも、アマチュアお絵かきマンのクボタンです!こんな絵を描きます。 「液タブを導入したいけど高すぎて手が出ない」と...

 

↑の記事内容をもとに特徴をおおざっぱにまとめると

  • ストレスなく線が引ける
  • 表面ガラスが薄い
  • 色鮮やか
  • 配線スッキリ
  • 付属するスタンドがちゃっちい

といった感じでして、不満はほぼありませんでした。

 

コンドーさん
コンドーさん
ガラスうっすいな!
たぬきち
たぬきち
cintiq 16よりけっこう安いのも魅力。

 

XP-PEN innovator 16

artist 15.6 proの後継モデル。

XP-PENの最新モデルinnovator 16を液タブマニアがどこよりくわしく実機レビュー XP-PENの16インチ型最新液タブ「innovatorイノベーター 16」のレビューをするぞ~~~!! ...

 

↑のレビューをざっくりまとめると、innovator 16artist 15.6 proより

  • 色鮮やかになって
  • 使い勝手が上がって
  • 見た目がスタイリッシュになり、薄くなった

モデルで、それでもcintiqより少しだけ安いという液タブです。

 

たぬきち
たぬきち
ふたつあるホイールで、拡大縮小やブラシサイズの変更が本体のみでできるのが便利!

 

XP-PEN Artist Pro 16

2022/3現在、XP-PENの16インチ液タブの中で一番新しいモデルです。

XP-PENの最新液タブArtist Pro16レビュー~激震!ダブルホイールの再来~液タブ実機レビュアーのクボタンです。 XP-PENから今まで以上にアナログ感が増した15.6インチの最新の液タブをお借りしました~...

 

先ほどの「innovator 16」とガワは同じなので

  • ダブルホイールの使い勝手が最高
  • 本体が激うす/スタイリッシュ

という魅力はそのまま受け継ぎつつも、さらに

  • ペンの追従性能がアップして
  • innovator 16より液晶が鮮やかになった

モデル。

特に、鮮やかさのスペック的にはトップクラスなので印刷をよくする人にもおすすめです。

クボタン
クボタン
前モデルのinnovator 16とそんなに価格が変わらないので、こちらの方がコスパはよいと思います。

 

HUION kamvas pro 16(4K)

 

今回紹介する中で一番新しく(2021/3発売)、かつ一番高価な液タブです。

 

cintiqと比べると高いんですが、そのぶん性能は上位機種cintiq proに近く、

  • wacom以外で初めての4K(液晶がめちゃくちゃきめ細かい)モデル
  • ノーマル版とPLUS版(スペックをさらに上げたモデル)がある
  • PLUS版はすべての液タブの中でトップクラスの色域を誇る
  • 本体のショートカットなし

といった完全にプロ仕様なんですが、お値段的にはcintiq pro 16より¥50,000ほど安いという、完全にcintiq proキラーです。

クボタン
クボタン
初心者向けじゃないけど、デジ絵をガチでやるならスペック的にも末永く使えるコイツをおすすめします

 

たぬきち
たぬきち
よりくわしいレビューは以下を参考にしてね。
HUIONの16インチ型4K液タブKamvas Pro 16 (4K) Plus使用レビュー この度HUIONさんからKamvas Pro 16 (4K)シリーズをお借りできました~! U...

 

紹介した15.6インチ型4モデルまとめ【比較表】

 

たぬきち
たぬきち
よりくわしく4者とcintiq 16を比べてみたいという人は↓をオープンしてね。
比較表を見る

赤字cintiqより劣っているところ

青字cintiqより優れているところ

cintiq
16
artist
15.6 pro
innovator
16
Artist Pro 16 kamvas
pro16
4K/PLUS
液晶サイズ 15.6 15.6 15.6 15.6 15.6
フルラミネート ×
解像度 フルHD フルHD フルHD フルHD 4K
最大輝度 210cd/m2 記載なし 250cd/m2 記載なし 220cd/m2
/ 200cd/m2
最大コントラスト 1000:1 1000:1 1200:1 1000:1 1000:1 / 1200:1
色域カバー率 sRGB 96% sRGB 120% sRGB 125% sRGB 133% sRGB120% / sRGB145%
応答速度 25ms 14ms 16.4ms 記載なし 25ms
読み取り分解能 0.005mm 0.005mm※ 0.005mm※ 0.005mm※ 0.005mm※
ショートカット オンスクリーン・コントロール 8個(+1個のホイール) 8個(+2個のホイール) 8個(+2個のホイール) ×
おおよその価格 ¥65,000 ¥45,000 ¥45,000 \55,000 ¥100,000 /
¥110,000
現在の価格 現在の価格 現在の価格 現在の価格

※「ペン解像度」の欄に記載されているLPIをもとにしての数値です。

 

コンドーさん
コンドーさん
各スペックの意味がわからない、という人はペンタブ用語大百科も参考にしてね。

 

2022年現在でcintiq 22よりおすすめな液タブ2種【21.5~型】

 

  1. XP-PEN artist 24 pro
  2. HUION kamvas pro 24
コンドーさん
コンドーさん
16インチと同じく、個別解説のあとに比較表を載せます。

 

XP-PEN artist 24 pro

 

同じ大型であるcintiq 22と比べると以下のようなメリットがあります。

  • 少し画面サイズが大きく(23.8インチ)
  • 解像度が高く(きめ細かく)
  • 色鮮やかで
  • ガラスが薄くて
  • ¥10,000ほど安い
コンドーさん
コンドーさん
ショートカットの数も豊富(20個)で、本体だけである程度の動作が完結してしまうのが魅力!

 

HUION kamvas pro 24

同じ大型cintiq22と比べた場合のメリットは

  • 少し画面サイズが大きく(23.8インチ)
  • 解像度が高く(きめ細かく)
  • 色鮮やかで
  • ガラスが薄くて
  • ¥10,000ほど安い

といった具合です。

 

一方、XP-PENのartist 24 proと比べた場合性能や値段もほぼ変わりません

コンドーさん
コンドーさん
artistの方が画面がすこし明るい、というくらい。

 

大型液タブで迷ったら

 

クボタン
クボタン
今紹介した2者で悩んでいるのならショートカットの形で選べばいいと思います

左・XP-PENのホイール 右・HUIONのタッチバー

個人的にはXP-PENのホイールの方が使いやすかったです。

というのも、物理的にカチカチカチ・・と一段ずつ回していくホイールなので、タッチ式にありがちな

クボタン
クボタン
あ、もう!!拡大しすぎ!

みたいなストレスがないからです。

 

紹介した20~インチ型2モデルまとめ【比較表】

 

たぬきち
たぬきち
cintiq 22を含めた3者を比較したい人は以下をオープン!
比較表を見る

赤字…cintiqより劣っているところ

青字…cintiqより優れているところ

cintiq
22
artist
24 pro
kamvas
pro 24
液晶サイズ 21.5 23.8 23.8
フルラミネート ×
解像度 フルHD 2.5K 2.5K
最大輝度 210cd/m2 250cd/m2 220cd/m2
最大コントラスト 1000:1 1000:1 1000:1
色域カバー率 sRGB 96% adobe RGB 90% sRGB 120%
応答速度 22ms 14ms 14ms
読み取り分解能 0.005mm 0.005mm※ 0.005mm※
ショートカット オンスクリーン・コントロール 20個(+2個のホイール) 20個(+2個のタッチバー)
おおよその価格 ¥110,000 ¥90,000 ¥100,000
現在の価格 現在の価格

※「ペン解像度」の欄に記載されているLPIをもとにしての数値です。

 

【おまけ】出費を少しでも抑えたい人向けの液タブ

 

コンドーさん
コンドーさん
さらにお財布に優しい液タブはないの?

 

という人のために「4万円台でおさえる初心者向けおすすめ液タブ5選」という記事を書きましたので併せて参考にしてみてください〜。

【2022】初心者向け液タブの選びかたと4万円台でおさえるおすすめモデル この記事では、上記の内容を 極力むずかしい言葉はさけつつ できるだけ短く 解説して...