XP-Penの激安液タブArtist 15.6 proレビュー【wacomに劣らない性能】

この記事の内容と話の流れ
  1. wacomの液タブcintiq 16との相違点
  2. 開封と付属品の解説・感想
  3. 実際使用してみた感想

どうも、アマチュアお絵かきマンのクボタンです!

 

液タブを導入したいけど高すぎて手が出ない」という悩みを持っている人に、3〜4万円台でけっこう使える優秀な液タブを紹介したいと思います。

Artist 15.6 pro

!サイバーマンデー中の特別セール版!

 

ありがたいことにXP-Pen様からプロユース向け液タブArtist 15.6 Pro(ホリデーセット)をご提供頂きました。

 

普段wacomのmobilestudiopro16を使っている僕が、実際使用してみて感じたことをレビューしていこうと思います。

 

XP-Penの中の人にわからないことや聞いて書いたのでそこらのスペック表には書かれていない深いところまでお話できると思います

クボタン

 

XP-Pen「Artist 15.6 pro」とwacom「cintiq 16」のちがい

 

共通点

  • 解像度 = FHD(1920×1080)
  • 表示色 = 約1670万色
  • タッチ入力不可
  • 簡易スタンドつき
  • ペンの性能 = 筆圧8196レベル / ±60度の傾き検知 / 充電不要
artistシリーズの旧型ペンは「傾き検知なし」「要充電」でしたが、wacomと肩を並べるところまで来ました。

クボタン

違い

Artist 15.6 Pro
  • 値段が安い
  • 色域が広い
  • オンスクリーンコントロールなし
  • 本体にショートカットキーあり
  • ペンの後ろにテールスイッチなし
Cintiq 16
  • 値段が高い
  • 色域がせまい
  • オンスクリーンコントロールあり
  • 本体にショートカットキーなし
  • ペンの後ろにテールスイッチあり

 

Artist 15.6 proの色域はwacomの上位機種「cintiq pro 16」と同じというスペック!

 

色域が広いと、モニター上で見る色と印刷したものの色の違いが少なくなるよ。

クボタン

両者の価格差は¥2~30,000ほど。

 

オンスクリーンコントロールとは

 

 

スクリーン上にショートカットボタンを表示する機能。cintiq本体にボタンがなく、見た目がすっきりしているのはこの機能のおかげです。

必要な時にだけ呼び出せるので、作業中に誤って触れてしまうという事故が防げます。

 

比較表

Artist 15.6 Pro cintiq 16
価格※ 約¥45,000 約¥65,000
最大解像度 1920×1080(FHD) 1920×1080(FHD)
液晶方式  IPS IPS
最大表示色  1677万色 1677万色
色域(カバー率)  NTSC 88%

adobe RGB 90%

sRGB 120%

CIE1931 NTSC 72%
ペンの筆圧  8192レベル 8192レベル
ペンの傾き検知 ±60 ±60
タッチ入力 × ×
オンスクリーンコントロール ×
接続  3in1ケーブル 3 in 1 ケーブル(HDMI+USB-A+電源)
スタンド
質量  記述なし 1.9kg

 

wacomの16インチ液タブには「cintiq 16」の上位機種、「cintiq pro 16」があるのですが、↑では値段と性能がArtist~に近い「cintiq 16」と比較してみました。

Cintiq pro16はArtist 15.6 proと¥100,000以上の価格差がありますので・・・。

クボタン

こちらもおすすめ

 

Artist 15.6 pro通常版とホリデーセットのちがい

 

ホリデー版の付属物一覧

  • 追加付属品つき(カレンダー・スマホグリップ・バッジ)
  • 通常版より安い

 

もともと安いのにさらに安くなって、液タブが3万円代で買えるってやばない?!

クボタン

Artist 15.6 proホリデーセット

 

共通の付属品一覧

 

ホリデー版のすべての付属品を並べてみました

 

  • 液晶タブレット本体
  • PA2パッシブペン
  • 替え芯8本
  • ペンホルダー
  • スタンド
  • 3 in 1ケーブル
  • 延長ケーブル
  • クイックガイド
  • グローブ
  • クリーニングクロス

 

 

Artist 15.6 proを実際使用して感じたこと

cintiq 16よりすぐれた接続方法

 

 

  • タブレット本体から出るコードは「3 in 1コード」一本だけ!
  • PCから給電出来るので、Cintiq 16と違ってACアダプタがいらない

という理由で配線、もといがごちゃつかないのはかなり◎!

 

細かいところですが、USB-c端子が本体の奥まで入れるタイプで端子の故障を防ぎやすい工夫も好感が持てますね!

クボタン

 

Artist 15.6 proのスタンドはイマイチ

 

本体にねじ等でくっつけるタイプではなく、上に乗せるタイプのスタンドです。

 

収納時に「ベキッ」と音がするほど押さないといけなくて少し不安になります。

クボタン

wacom製と変わらない感覚で使えるペン

 

軽くて扱いやすいです。

 

芯はwacomやHUIONと違って少し長めで、HUIONのペンのような沈み込みはありません。

 

また、HUION製と同じくペンのお尻に消しゴム機能がないのですが、サイドスイッチの一つが「ブラシ⇔消しゴム」の設定になってて切り替えがスムーズです。

wacomのペンのテールスイッチ(ペン尻のスイッチ)って「ペンを反対に持つ」という動作が微妙に面倒臭くて使わなかったんですよね。

クボタン

 

本体のホイールが超使いやすい

 

マスコットキャラがあしらわれているホリデーセットのホイール

ワコムの「intuos pro」「モバイルスタジオプロ」についているホイールはタッチ式で微調整がうまく出来なかったりするのですが、こちらのホイールは物理的。

 

カチカチカチ・・・と回すタイプで、止めたいところでビタッと止まってくれてストレスがたまりません

正直、WACOMやHUIONより使いやすいです。

クボタン

 

また、wacomのホイールは真ん中のボタンで「拡大縮小」「回転」「ブラシサイズ変更」などの機能を切り替えられますが、Artistシリーズのホイールにはボタンがありません

しかし、本体のショートカットボタンの一番下がその切り替えの役割を果たしてくれています

 

Artist 15.6 pro本体には最初からシートが張られている

 

二層構造で、使用前に上の一枚をはがすというスマホのフィルムのようになっています

 

本体を保護し、映り込みを軽減してくれます。

ただでさえ安い本体なのにシートまでついているんだね。

 

保護シートって数千円して地味に高いんだよね・・

クボタン

ただ、「ペーパーライク」ではないのですべり止めとしての性能はない点には注意。

 

液晶が薄くてアナログっぽい描き味が楽しめる

 

公式で「フルラミネーション式」という名前がついているこの液晶は視差が少なく、アナログで絵を描いている人が違和感なく導入できるレベルです。

 

ペンの追従が少し甘いことも

 

殆どの人が気にならないようなところですが、一応。

このように、ふつうに使う分には全く問題ないのですが、

 

非常にせまい範囲をすばやくストロークさせると、ペンの動きを10とするならば8くらいの追従力になります。

そんな塗り方する人あんまいないと思うけど

クボタン

 

Artist 15.6 proはコスパに優れている

 

Artist 15.6 proまとめ

 

  • 机周りがごちゃつかないシンプルな配線
  • スタンドはイマイチ
  • wacomと同性能のペン
  • 使いやすいホイール
  • 液晶フィルムがついているがすべり止めではない
  • 液晶が薄くてアナログっぽい
  • 素早いストロークは少し苦手

使用するのに致命的なところがなく、かつwacomのcintiq 16と同性能で半額以下。これがArtist 15.6 proです。

とくに板タブ「intuos」「intuos pro」から液タブに乗り換えてみたいな〜なんて人におすすめです。
万が一液タブが肌に合わなかったとしてももうひとつモニターがあれば板タブのようにも使えるしね。

クボタン

 

Artist 15.6 proホリデーセット

!サイバーマンデー中の特別セール版!

Artist 15.6 pro 公式ページ(セール版)はこちら


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です