ワコムの液晶ペンタブcintiq pro24にタッチ版登場!通常版ペンモデルとの違いは?

どうもワコム歴10年のクボタンです。

今年発売されたcintiq pro24にタッチ機能に対応したモデルが発売!

通常版の公式動画(1分)

今日は

・「タッチ版と通常版の同じところは?」

・「タッチ版と通常版の違いは?」

というところを踏まえ

「cintiqpro24タッチ版は買いなのか」

という個人的な見解をお話していこうかと思います。

cintiqpro24通常版とタッチ版の同じところは3つ!

出典:wacom

同じところその1・付属品

因みについてくるものは以下の通りだ!

・Wacom Cintiq Pro本体
・Wacom Pro Pen 2
・ペンスタンド(標準芯6本、フェルト芯4本、芯抜き)
・カラーリング
・ペンホルダー
・ACアダプタ(1.8m)
・電源ケーブル(1.8m)
・ExpressKey™ Remote
(充電用マイクロUSBケーブル(30cm)、ワイヤレスレシーバ)
・USB Type-Cケーブル(1.8m)
・DisplayPortケーブル(3.0m)
・HDMI 2.0ケーブル(3.0m)
・USBケーブル(3.0m)
・DisplayPort – Mini DisplayPort変換アダプタ
・クイックスタートガイド
・保証書
・レギュレーションシート
・クリーニングクロス

出典:wacom

 

なんてったって付属でExpressKey™ Remote(1万円くらいするリモコン)がついてくるのが素晴らしい!

同じところその2・重量

両方とも7.2kg。タッチ機能搭載で少し変わるかと思いきやそんなことなかった。ばんざ~い!

同じところその3・性能

最大表示色やadobeRGBカバー率99%等々、とくに変化なし。

もっとくわしく知りたい人は公式のcintiqpro通常版のページタッチ版のページを比べてみるといいよ。全く変わらないけど。

qubotan

cintiqpro24通常版とタッチ版の違うところは?

出典:wacom

A.タッチ機能の有無と値段だけ。

ん~実にシンプル。

で、どれだけ価格が違うのか公式のページで確認してみた。

※amazonで2018.10月に再調査しました。

・通常版(ペンモデル)…税込\233,906

・タッチ版(ペン&タッチモデル)…税込み\283,046

その差およそ\50,000。

タッチ機能って何に使うの?

 

主に画面の拡大縮小・回転。

これが直感的に行えるのは地味に便利だったりはする。

qubotan

 

結局、cintiqpro24タッチ版は買いなのか。

タッチ機能だけに50000円を見出せるかどうか。

僕はモバスタにてタッチ機能を使ってます。便利っちゃ便利だけどこれだけに¥50000って言われると・・・。

今、ポンと目の前に31万円出されてどっちか買っていいよと言われたら僕だったら通常版を買って、余った金でPCクーラーや替え芯、液晶フィルム、ソフト、書籍等必要なものを買う。さらにあまった金で焼き肉を食う。

qubotan


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です