ペンタブレット

【2020】ワコムのペンタブレットの全種類の特徴と値段を総まとめ

「ワコムのペンタブ種類多すぎてよくわからん!」

「それぞれどんな特徴があるの?」

「金額はどんなもん?」

 

どうも!ワコム歴10年のイラストレーター、クボタンです。こんな絵描きます!

今日は「これからデジ絵をはじめる」もしくは「スキルアップのため新たなペンタブを探している」というあなた向けに、

 

  • ワコムのペンタブレットにはどんな名前(ブランド)のものがあって
  • それぞれ何種類あってどれくらいの価格帯なのか

 

完全網羅、かつ簡単に説明してみましたので、ぜひお役立てください〜。

クボタン
クボタン
それぞれについて、よりくわしく知りたい方は各ブランドに設置してあるリンク先の記事も参考にしてくださいね。

ワコムのペンタブは6種類に大別できる

 

  1. intuos(インテュオス)= 入門者向け板タブ
  2. intuos pro(インテュオス プロ) = 中級者〜向け板タブ
  3. wacom one 13 = 入門者向け液タブ
  4. cintiq(シンティック) = 中級者向け液タブ
  5. cintiq pro(シンティック プロ) = 上級者向け液タブ
  6. mobilestudio pro(モバイルスタジオ プロ) = 独立型タブレット

*入門、中級者、上級者とは性能(価格)差を表します。

 

独立型タブレットとは?

PCがなくても単体で使えるタブレットで、性能はcintiq proと同レベル。

「絵を描くことに特化したi pad」とイメージしてもらえればとよいかと思います。

 

クボタン
クボタン
独立型タブレットと違い、液タブにはPCが必要だよ。

 

1・intuos(インテュオス)

価格帯・約¥10,000~20,000

有料の画像編集ソフトがセットでついてくるお財布にやさしい板タブ。

有料ソフト自体がもともと数千円するものなので、金額面で始めやすいのでデジ絵初心者はまずはここからがおすすめ。

「付属ソフト」「サイズ」「新/旧モデル」の違いにより合計10種類も存在しますが、ほとんどの場合新型を選んだ方が幸せになれます。

よりくわしくはintuosの総まとめ記事へどうぞ。

【2020】ワコムの入門用ペンタブintuosの種類と違いをがっつりくわしく総まとめ! どうも、ワコム歴10年のクボタンです。 そこのアナタ・・・。 「intuosを買おうとしてるんだけど種類が多くてどれ...

 

2・intuos pro(インテュオスプロ)

価格帯・約¥25,000~

intuosと比べ、描き味や利便性が向上した板タブがintuos proです。

intuosとintuos proの5つの違い【デジ絵初心者がintuosを選ぶべき理由】[box class="box28" title="タイトルこの記事でわかること"] ・intuosとintuosproの違い ...

 

intuos proには「サイズ」「新/旧モデル」の違いなどで合計9種類ありますが、新旧のproどうしを比べると

  • 値段もそんなに変わらなかったり
  • 技術も進化していて描き味が増してたり
  • 同じサイズのものでもコンパクト化されている

ので新型を選んだ方がいいです。

また、割引されているわけではありませんがアマゾンではソフト付きのものも。

 

intuos proについてよりくわしく知りたい方は下記の記事もぜひ。

あなたに合うのはコレ!新旧ワコムintuos proシリーズの種類とその違い2019/05・intuos pro新型Sサイズについて追記 [tensen] [box class="box28" tit...

 

3・wacom one 13

価格・約¥40,000

2020年1月に発売されたばかりのデジ絵入門者向け液タブ

今までのwacomの液タブと違いイラストソフトつきなのでintuos同様入門用として最適ですが、サイズは小ぶりな13インチのみ。

液晶の精度は他の液タブと似ていますが、ペンが違ったり一部アンドロイドに接続して使えたりします。

wacom one 13こそ真・初心者向け液タブである理由とcintiq 16とのちがい こんにちは、アマチュアイラストレーターのクボタンです。 とうとう!ワコムから初心者向けでお値段的にもお手頃な液晶型タブレッ...

 

4・cintiq(シンティック)

価格帯・約¥65,000~

2020年に上のwacom one13が登場したことにより、地位がアップした中級者向け液タブ。

新モデル(2019年~)と旧モデル(それ以前)がありますが、旧モデルのcintiqは上級者向けの液タブで、今となっては性能もイマイチなのでここでは除外します。

 

さて、新モデルには大きさが違う「cintiq 16」「cintiq 22」の2種類があります。

cintiq 16

cintiq 22

cintiq 16と22のちがいにも書きましたが両者で大きく違いはなく、両者ともフルHDでペンはproと同じ最新型。タッチ操作はできません。

アマゾンレビューが多く、かつ評価もwacomの中ではトップレベル。

くわしくはcintiq 16まとめ記事から。

ワコムの液タブcintiq 16まとめ|proとの違いとデジ絵初心者に不向きな理由 「はがねのつるぎや!!」 どうもwacom歴10年イラストレーター、クボタンでございます。 wacomの液タ...

 

cintiqとintuos proで迷ってるのならcintiqがおすすめ

 

たぶんこの2種で迷っている人って「液タブ試してみたいけど、買って自分に合わなかったらお金の無駄になるんじゃない・・?」的な思いがあるんじゃないでしょうか。

クボタン
クボタン
cintiqって板タブとしてintuos proがわりにも使える(性能がほぼ同レベル)から、万が一液タブが肌に合わなくてもそのまま使えるんやで!

そんな話を以下でしてますので参考にしてみて下さい~

ワコムのintuos proと液タブで迷ったらcintiq 16にしろ!幸せになれるぞ!! こんにちは、ワコムのペンタブを使って10年くらいのクボタンです。 「次に買うタブレット、板タブと液タブどっちにしよう」 ...

 

5・cintiq pro(シンティックプロ)

価格帯・約¥80,000~

cintiqと比べて、このcintiiq proがパワーアップしたのは主に3点。

 

  1. 色味の表現力(adobe RGBカバー率)
  2. 液晶のガラスがより薄くてアナログ感が増す
  3. タッチ機能がある(pro 24ペンモデルを除く)

 

cintiqも以前の液タブに比べ結構ガラスは薄くなりましたが、それでも薄いガラスごしに描いている感があります。比べてpro(特に小型の13/16)は直接描いている感がすごいです。

 

cintiq proには大きさや機能の違いで「cintiq pro 13」「cintiq pro 16」「cintiq pro 24ペンモデル」「cintiq pro 24ペン&タッチモデル」「cintiq pro 32」の5種類あります。

クボタン
クボタン
他のシリーズと違い、サイズが違うと性能も変わってきます。
【cintiq pro全5機種まとめ】知っておきたいサイズ以外の違いこんにちは、クボタンです。 ワコムのペンタブユーザーになって10年ほどでして、今はモバイルスタジオプロ16という製品を愛用してます...

 

6・mobilestudio pro(モバイルスタジオプロ)

価格帯・約¥228,000~

絵を描くことに特化した高性能windowsタブレットで、PCにつなげて上のcintiq proのような使い方も可能です。

旧型2017モデルと新型2019モデルがあるのですが、2020年現在では旧型の入手がむずかしいです。

新型は13インチが2モデルと16インチが1モデルあり、それぞれ性能も違います。

【wacomの独立型液タブ】新型mobilestudio pro3機種の旧型とのちがい 追記・2020年に新たに13インチ(16GB)が加わったので少し文章を修正しました。 どうも、旧モバスタユーザ...

 

クボタン
クボタン
mobilestudio pro16を1年使用してのレビューでも書きましたが、どこでも本気のお絵描きができる一方、問題もちらほらありコスパはあまり高くありません。

 

自分にあったペンタブを選ぼう

 

最後にどんな人にどのモデルがおすすめかというのをざっくりまとめてみます!

 

 

クボタン
クボタン
よきペンタブライフを!!