どっちを選ぶ?wacomのペンタブintuosとintuosproの5つの違いとは。

タイトルこの記事でわかること

・intuosとintuosproの違い

・初心者はどちらを選ぶべきか

まいどどうも!最近ペンタブの記事ばかり書いててぼく自身もモバイルスタジオプロを使ってますクボタンです。

以前に初心者向けペンタブ「intuos」のバリエーションや違いについての記事や、環境ごとのおすすめはどれかという記事を書いたり、中級者以降向けの「intuos pro」についても同じ記事をあげました。

今回はそもそもまずintuosとintuos proでは何が違うのか、どう進化するのかというお話をしていきます。

初心者がどちらを選んだ方がいいのかもあわせて書くYO!

intuosとintuos proの5つの違い

新型intuosMサイズ(左)と新型intuos proMサイズ(右)

intuosと比べた時のproの特徴

1・本体のボタンの数が多い

2・本体のくるくるがある

3・proの新機種の方が筆圧レベルが高い

4・ペンのお尻に消しゴム機能がある

5・proのほうに付属ソフトはない

さて。どう利便性が増すか、上の項目をさらに細かく説明!

intuosとproのちがい1・ペンタブ端のボタンの数

左がintuos(新)。右がpro(新)。

proの方がたくさんショートカットを割り当てられるけれど、初めてデジ絵するぜって人はあんまり多くなくてもいいかもしれない。

僕がデジ絵を始めるときに最初使ってたペンタブ、wacomのbamboo。これにも4つついてたけど僕は全然使わなかった。(使いこなせてなかったチンパンですわ)

intuosとproのちがい2・proだけにくるくるが。

くるくるってなんやねん。

qubotan

この真ん中のやつ。正式名称はタッチホイール。

指でくるくるなぞることでペンの太さや画像の回転、拡大縮小なんかが非常にスムーズに行える

僕の持ってるmobilestudioproというワコムのタブレットにもついてるんだけど非常に作業がはかどりんぐで、今となってはかかせない。

intuosとproのちがい3・proの新機種の方が筆圧レベルが高い

旧機種だとintuos、intuos pro共に2048レベル。

新機種のintuosは4096段階に、intuos proは8192段階に

2048でもすごいと思ってる僕にはもう、正直よくわからない次元です。

intuosとproのちがい4・proのペンのお尻に消しゴム機能

上の画像はproのペンのお尻。おすとほどよい弾力があって(意味深)筆圧も感知してくれる。たまんねぇなぁ・・

こんな感じでプロ用にだけペンのお尻に消しゴム機能が。intuosのペンのお尻は平です。

いちいちツールの「消しゴム」選ばなくていいという利点isプライスレス。

intuosとproのちがい5・proには付属ソフトがついてない

もう一度言うよ。proの方にないだからね。

デジ絵、画像編集初心者でproを買うなら別にソフトが必要なので注意。

デジ絵中級者以降の人がproを買うことが多いでしょうから、その時すでにソフトを持っていることがほとんど。というわけでなので、カットされているのかと。

その点intuosはペンタブさえ買えば画像編集ソフトが付いてくるのでお得。ペンタブ買って、ソッコーお絵描き、画像編集よ。

まあ昨今は無料で使える高性能なソフトもあるけど、もともと有料(物によっては1万円以上する)のものがタダになっているのでありがたいね。

intuosでもらえるソフトの例

  • クリップスタジオプロ(イラスト用ソフト)
  • Zbrushcore(3D制作用ソフト)
  • corel painter essentials 6(イラスト用ソフト)
  • corel aftershot 3(写真編集用ソフト)

昔はproにもフォトショップエレメンツというソフトが付いてたんだけどネ。

値段の違いはどんなもん??

2018年5月現在、アマゾンで最安値のものを比べてみたらintuosは9000円くらいからのラインナップなのに対してproの方は2万円から。

S、Mサイズ両方ともintuosとproには1万円ほどの価格差が。

初心者の場合、ソフト代も浮くのでもっと価格差が出るね。

まとめ

出典:WACOM

  • intuosproの方が性能と利便性があがる
  • intuosproはソフトがついてこない
  • intuosは有料ソフト付きでめちゃ安い

初心者にはintuosの方がお得!

ということです!お付き合いありがとうございました!

・intuosに決めた!自分に合うモデルが知りたいという人はこちら。

 

・intuos proに決めた!自分に合うモデルが知りたいという人はこちら。

 

・おいどんは液晶タブレットを見るでごわす!という人はこちら。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です