その他のペンタブ

XP-PENの最新液タブArtist Pro16レビュー~激震!ダブルホイールの再来~

液タブ実機レビュアーのクボタンです。

XP-PENから今まで以上にアナログ感が増した15.6インチの最新の液タブをお借りしました~!

Artist Pro 16

 

本記事では

  • XP-PENの過去のものと比べてどう進化したのか
  • 実際使ってみてどうだったか
  • 他社の製品と比べてみてどうか

をお届けしていきます!

たぬきち
たぬきち
XP-PEN、今まで手を出したことなかったけどどうなの?

なんて人はどうぞ最後までお付き合いください〜!

 

著者(クボタン)について

  • WACOM/HUION/XP-PEN/iPad pro使用経験アリ
  • デジ絵歴10年以上
  • ペンタブのスペック/用語の知識アリ
クボタン
クボタン
よろぴこ

 

ARTIST PRO 16の過去モデルとの違い/スペック

内容物一覧

超カンタンにまとめるとinnovator(前モデル)と比べて

  • 色鮮やかになり
  • 新型ペンでよりアナログ感がある描き味になって
  • 使いやすさはそのまま

それがArtist Pro 16です。

コンドーさん
コンドーさん
これで価格差が数千円なんだから、もし前モデルと比較検討しているのなら絶対Artist Pro 16を選んだ方がいいよ!!

 

Artist Pro 16と前モデルとのスペック比較

XP-PENより引用。接続もカンタンです。

 

Artist pro 16 innovator 16
色域カバー率 Adobe RGB 99%

NTSC 94%

sRGB 133%

AdobeRGB 88%

NTSC 88%

sRGB 125%

解像度 フルHD(1920 × 1080) フルHD(1920 × 1080)
レポートレート 200RPS (最大) MAX ≧ 220RPS
応答速度 記述ナシ 16.4ms
ショートカットキー 8個+ダブルホイール 8個+ダブルホイール
サイズ 443.27 x 256.45 x 9mm 443.27 × 256.45 × 9 mm

 

比べてわかるのは液晶の鮮やかさくらいなのですが、この鮮やかさは他社と比較(後述)しても圧倒的で、100点中150点といったところです!

色域が高いメリットは

  • 色塗り時のテンションが上がる
  • 印刷時に紙と液晶との差が少なくなる

というところ。

 

たぬきち
たぬきち
おまけに値段が¥50,000くらいなのでコスパはかなり高いよ!

¥50,000というのはwacomの上級者向け板タブのLサイズが購入でき、初心者向け液タブcintiq 16には届かないという価格です。

 

ARTIST PRO 16を実際使用してみて感じたこと

ペン立てからペンケースに変わりました。替え芯9本入り。

クボタン
クボタン
総じて快適に使うことができました!

 

前モデルのいいところを引き継いでいる

XP-PENより引用

Artist Pro 16は、前作innovator 16と同じく

  • 液晶ガラスがうすいのは当たり前として
  • 本体が熱くなりにくく
  • ダブルホイールが超使いやすい

という利点を引き継いでいるため、ストレスなくイラスト製作が可能です。

 

僕が使っているときには全く熱くなりませんでしたが、なるにしても今までの経験上電源まわりの可能性が高いです。

クボタン
クボタン
Artist pro 16の電源は液晶左上にあるから熱くなったとしてもそんなに気にならないんじゃないかな。

 

とくにダブルホイールは神機能!!

ショートカット類の中央についているホイールには外側(周りのリング)と内側(中央の黒い部分)で違う機能が割り当てられます

▼両ホイールを使用した動画▼

クボタン
クボタン
拡大縮小/画像の回転はよく使う機能だし、いちいちキーボードまで手を伸ばさなくていいのは地味に便利だね。
女の子
女の子
もちろん違う機能も割り当て可能だよ

 

より追従感がアップした気がした

XP-PENより引用

このARTIST PRO 16の一番の目玉と言えるのがペンに埋められたチップです!

 

一番「お、変わったな」と感じたのは速いストロークをした時のペン先と引かれる線のズレの少なさです。

 

今までの液タブは↑のように描くと、実際に引かれる線がストロークより少し短いものに感じられたんですが、その違和感がかなり減少しています。

コンドーさん
コンドーさん
つまり、よりアナログライクになったということだね
たぬきち
たぬきち
素早いタッチの人により恩恵がありそう

 

【余談】海外製ペンタブのペンは使いにくいというのは過去の話

 

たぬきち
たぬきち
海外製ってペン先が沈むから使いにくいんちゃうの?

みたいなことがよく言われますが、ここ2~3年に登場したペンタブだと個人的にはwacomと同じように使えました。

クボタン
クボタン
10種くらいレビューしてきたので信頼してもらえるとうれしい!

 

ワコムと同じくペン尻に消しゴム機能がついた(いらない)

wacomと同じく消しゴム機能がつきましたが、こちらは沈むので使いにくかったです・・。

 

ただ、個人的にはデジ絵に慣れてくると

  • いちいち持ちかえるのが面倒
  • ペンや本体のショートカットキーで消しゴムに切りかえた方が楽

となり、ペン尻は使わなくなったので「使いにくいけど使わないから問題ない」というのが正直な感想です。

 

Artist Pro 16と他社製品のちがい【ワコム/HUION】

 

たぬきち
たぬきち
ワコムやHUIONと比べてスペック的にどうなの?
コンドーさん
コンドーさん
ということで同じくフルHD/16インチの最新モデルと比べてみました
Artist pro 16 Kamvas pro 16 cintiq 16
メーカー XP-PEN HUION WACOM
発売年度 2021 2019 2019
色域 Adobe RGB 99%
NTSC 94%
sRGB 133%
sRGB 120% sRGB 96%
フルラミネート ×
ショートカット ボタン×8
ホイール×2
ボタン×7
タッチバー×1
なし(オンスクリーンコントロール)
ペンのショートカット サイド×2
ペン尻×1
サイド×2 サイド×2
ペン尻×1
マルチタッチ機能 × × ×
読み取り分解能 5080LPI 5080LPI 5080LPI(最高0.005mm)
サイズ 443.27
x
256.45
x
9mm
437.8
x
251.2
x
11.5 mm
422
x
285
x
24.5 mm
重さ 1.43kg 1.35kg 1.9 kg

 

【まとめ】2022現在「気合を入れてイラスト制作をしたい初心者」にとってArtist Pro 16はベストな液タブ

表の結果を簡単にまとめると、2022年現在Artist Pro16は

  • 書き味の点で優秀(新型ペン)
  • 他社に比べて液晶が色あざやか(高色域)で
  • ショートカットも豊富

なので、液タブデビューにはかなーーりおすすめできる製品です。

コンドーさん
コンドーさん
2022/3現在、マジでイチオシ。

クボタン
クボタン
今までアナログで描いてきた人も違和感なく移行できそうなのが大きなメリット!

 

初心者以外は満足できないかというと全然そんなことないのですが、

  1. さらなるデジ絵のスキルアップをしたい(2台目以降の液タブ)
  2. ショートカットツールを別に持っている

これら両方を満たしている状況でしたら、以下の二つの液タブもおすすめですのでもしよかったら覗いてみてください~

XP-PEN初のマルチタッチ対応4K液タブArtist Pro 16 TP使用レビュー これまでマルチタッチ対応の液タブといえばwacomのみだったんですが、 2021年、ついにXP-PENから「Artist ...
HUIONの16インチ型4K液タブKamvas Pro 16 (4K) Plus使用レビュー この度HUIONさんからKamvas Pro 16 (4K)シリーズをお借りできました~! U...