その他のペンタブ

ついに出た!HUIONの4K液タブKamvas pro 16(4K)のスペックを見てみよう

 

たぬきち
たぬきち
ついにwacom以外から4K液タブが登場したぞ~。

 

2021年3月、HUIONよりkamvas pro 4Kシリーズが発表されました。

コンドーさん
コンドーさん
値段も4Kにしちゃお手頃。

 

さてこの記事ではペンタブ事情通である僕がkamvas pro 16(4K)について

  • そもそも4Kとは?4Kのメリットって?
  • 他社の最新モデルと比べて性能的にはどうなの?

といった点を深掘りしていこうと思います。

 

クボタン
クボタン
4Kについての説明はわかっている、という人は↓の目次02からどうぞ〜。

 

そもそも4K(=UHD)とは?

4Kとは液晶がヨコ3840×タテ2160個のドットでできているということです。

 

現在最も普及しているフルHD(1920×1080)モデルと比べると、かなりきめ細かいモデルということになります。

 

4K液タブはイラスト制作的にどんなメリットがある?

フルHD
4K
  1. より大きな画像を画面内に100%の大きさで収められる(絵全体を見ながら細かい作業ができる)
  2. グラデーション(色の移り変わり)がよりなめらかに表現される
  3. イラストソフトのメニューが小さくなることで作業領域が広がる

 

とくに16インチのような小型液タブだと③の恩恵がデカいと思います。

女の子
女の子
この上下左右のメニューが小さくなることでキャンバスの領域が増えるってことだね。
たぬきち
たぬきち
キャンバスの広さは正義!!
クボタン
クボタン
逆に「メニューが小さすぎ!」というときはPC側で拡大できるので問題ナシだよ

 

 

kamvas pro 16 4Kには2種のラインナップがある

 

超ざっくりまとめると
  1. 通常版 = まあまあハイスペック
  2. PLUS版 = 通常版よりさらにハイスペック。通常版+¥10,000

 

HUION公式のkamvas pro 16 4K紹介ページはこちら

 

以下ではこの2種と他社製品を比べてわかったkamvas proの性能を紹介します。

 

kamvas pro 16 4Kの性能(他社モデルとの比較)

 

女の子
女の子
4K部分が目玉なのはわかったけど、他の部分はどうなの・・?

と気になったので4K以外の性能について以下の他社製品と比べてみました。

  • wacom「cintiq pro 16」
  • XP-PEN「innovator 16」
たぬきち
たぬきち
両方とも2021/4現在最新の上位モデルだよ。もちろん液晶サイズは同じ。

 

比較表はこの記事の後ろに載せますが、まずは結論から。

これらと比べてKAMVAS PRO 16 4Kには以下のような特徴がありました。

 

 

HUION kamvas pro 16 4K 紹介ページはこちら

 

クボタン
クボタン
以下でひとつずつ解説してみますね。

 

1・アナログ感がある

 

たぬきち
たぬきち
板タブではなく液タブを選ぶのは「紙とペンに近い感覚で描けるから」だよね!

 

kamvas pro 16 4Kは

  • 表面ガラスが薄い(フルラミネート)
  • ペンの追従性能も悪くない(最高25ms)

のでアナログっぽい感覚でお絵かきを楽しむことができます。

 

ただ、このへんの性能は他社の最新上位モデルも満たしているところなので、HUIONが特別優れているというわけではありません。

 

kamvas pro 16 4K付属のペンは新型に。沈み込みがなくなった

アナログ感について触れておきたい点がもうひとつ。

HUIONのレビューではたまに

コンドーさん
コンドーさん
ペン先が沈み込むので使いにくい

というレビューが見られます。

 

個人的にはkamvas pro 22をレビューした2019年の時点でも気にならなかったんですが、そこからペンの世代が新しくなり沈み込みがさらに改善されたようです

たぬきち
たぬきち
ペン側もより使いやすく、アナログに近づいたってことだね。

 

2・PLUS版はトップクラスの色鮮やかさ

 

PLUS版は色域が広く(sRGBを145%)、他社と比べ頭一つぬけた性能をしています

 

コンドーさん
コンドーさん
色域が広い=液晶がより多くの種類の色を表現できるということ。塗っててテンションがあがるよ。
たぬきち
たぬきち
色使いにこだわりたい人は色域の高さを重視して液タブやモニターを選ぼう!

 

一方通常版はsRGBカバー率120%ということで、こちらは他社とおそらく同レベル

 

クボタン
クボタン
通常版でも価格や性能を考えるとコスパはよいかな~と個人的には思います。

 

PLUS版の方が画面が暗い

 

wacomのcintiqという液タブにはまれに「画面がくらい」とのレビューがあるんですが、PLUS版はそれを下回る明るさです。

それぞれの輝度(明るさ)
  • cintiq 16 = 210cd/m2
  • kamvas pro通常版 = 220cd/m2
  • kamvas pro PLUS版 = 200cd/m2

 

100件以上あるレビュー中で明るさに対する不満は2件だけなので些細な問題そうですが、作画環境が明るすぎる人は要注意です。

 

コンドーさん
コンドーさん
至近距離で作業するから、明るさは低い方が目にいいけど
明るくもできた方が色んな環境に対応できてよりよいよね。

 

3・本体にショートカットボタンが一切ない!

 

クボタン
クボタン
ある意味英断だと思います。

 

kamvas pro 16 4Kには

ので、本体のみで使えるショートカットはペン横についている2つだけです。

 

ショートカットキーがないので見た目はスッキリ。

たぬきち
たぬきち
ショートカット駆使しまくりの人には本体と別にキーボードやショートカットデバイスを用意する必要があるね!

 

ただ一般的な液タブ本体のショートカットボタンって微妙に少ない(16インチだと8個が多い)ので、

コンドーさん
コンドーさん
それだったらなくてもいいわ!どうせデバイス買うし。
むしろ無い方が誤タップもなくなるしうれしい!

なんて人もいて、実はショートカットマスターほど本体のショートカットボタンは不要だったりします

 

たぶん、HUION側も「4Kなんて上級者向けを買う人はショートカットデバイスくらい持っとるやろから本体のショートカットなんて使わんやろ!」みたいな感じで省略したのでは?と思います・・・。

クボタン
クボタン
その読みは正しいぞ!!
女の子
女の子
何様・・・

 

ちなみにHUION公式からも最近ホイール付きショートカットデバイスが出ました。

 

4・4K液タブとしては格安

 

同じ4K 16インチ液タブのcintiq pro 16と比べると価格が¥50,000ほど安いです。

 

HUION公式ページでkamvas pro 4Kの価格を確認する

*2021/4現在、kamvas pro 4Kはamazon/楽天では取り扱いがありません。

 

機能や性能面からみてもkamvas pro 16 4Kのコスパはよい

 

kamvas proになくてcintiq proにあるメリットとしては

  • タッチ操作ができる
  • オンスクリーンコントロールができる

という点が挙げられますが、この2つに¥50,000の価値があるかというと・・・。

 

加えて、先ほどお話ししたとおりkamvas proはPLUS版だと色域がトップクラスに広いので色を塗っているときの満足度が高くなります

 

kamvas pro 4Kシリーズと他社の4Kモデルや16インチモデルの比較表

 

コンドーさん
コンドーさん
ここまでの記事を書くために参考にした各モデルのスペックの詳細はこちら。

 

kamvas pro
16 4K
Kamvas pro
16 4K plus
cintiq pro 16 innovator 16
解像度 4K 4K 4K FHD
液晶方式 IPS IPS IPS IPS
輝度 220cd/m2 200cd/m2 250cd/m2 250cd/m2
コントラスト比 1000:1 1200:1 1000:1 1200:1
視野角 178° 178° 176° 178°
色域カバー率 sRGB 120% sRGB 145% CIE 1976
adobeRGB
90%
adobeRGB
92%
sRGB 125%
応答速度 25ms 25ms 25ms 16.4ms
タッチ操作 × × ×
ショートカット × × オンスクリーン
コントロール
8個(+ホイール2個)
フルラミネーション

※各項目の意味が分からなければペンタブ用語大辞典も参考にしてみて下さい。

 

クボタン
クボタン
4Kでなくてもいいならinnovator 16もかなり高性能でおすすめです。kamvas proよりさらに安いしね。
XP-PENの最新モデルinnovator 16を液タブマニアがどこよりくわしく実機レビュー XP-PENの16インチ型最新液タブ「innovatorイノベーター 16」のレビューをするぞ~~~!! ...

【まとめ】10万円で4K液タブが手に入る時代になってしまった

ワコムの4Kという牙城に風穴を空けたkamvas pro 4K。

作業環境が明るすぎないのであればデメリットもなく、スペック的にも申し分ないので現状のペンタブに物足りなさを感じている人は検討してみてはいかがでしょうか。

たぬきち
たぬきち
ハイスタンダードな性能で末長く現役で活躍してくれる液タブだと思うよ!

 

HUION kamvas pro 16 4Kの紹介ページはこちら