【Gopro HERO8】追加リークから考える7からの変更点【フレームなし10m防水?】

 

どうもGopro HERO7を毎日使ってますクボタンです。

先日Gopro HERO8のリーク記事を書きましたが、winfutureという海外のサイトでさらなる追加リーク画像が投稿されていました。

それを元に現状わかっているHERO7からの変更点と予想を今回は手短にお話したいと思います〜。

Gopro HERO8はマウンターが本体についている

HERO 7までのthe frame

今まで自撮り棒をはじめとした様々なマウント(アクセサリ)をGoproに装着する際、本体とともについてくるケージ(the frame)が必須でした。

winfuture

HERO8では本体下に直にマウンターがついていて、今までよりさらに気軽に持ち運びができそうです。

ちなみにこのマウンター部分は常時この状態ではなく、折りたたんで本体側にしまえるようなのでそういった意味でも使わない時もかさばらない。

しかしそうなってくると今までは本体下にあったバッテリーとmicroSDはどこから差し込むんだろうか・・・。

まさか内臓バッテリーに内臓メモリ・・?いやいやないないないない・・!!

Gopro HERO8ではケーブルの差し込み口が変わる?

差し込み口関係で言えばもうひとつ。

上の画像のサイドの「8」と書かれている部分の下にはこれまでHDMIケーブルや充電ケーブルの差し込み口があったんですが、それがなくなっています。

 

HERO7の右サイドにはケーブル類をさすためのドアがある

リーク元に反対側のサイドの画像もあるんですが、そちらにもパッと見だとなさそうな感じです。つるつる。

Gopro HERO8はフレームなしで~10m防水という予想

なにやらゴツめなカバーがついたHERO8のリーク画像その2

HERO7まではケージがついている状態で~10mの防水でして、これはケージによってケーブル類のドアから水が侵入するのをより防げるからですね。

今回「本体にマウンターがついている」ということは「本体だけで~10m防水が可能」

その根拠として「フレームなしで浸水を防げるようドア類の位置、または構造を見直したのでは?」というのが僕の予想です。

Gopro HERO8のカメラの性能面での進化

HERO8ではカメラ自体の性能に関してのリークはあまりないようです。

現時点でちらほらささやかれているのは

  • 4K/120fps撮影が可能に
  • HDR動画

くらいでしょうか。

手ぶれ補正・暗所性能などはそこまで大きく変化はないかも・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です