boreasのリュックまとめ!カッコよくガチ仕様なのに認知度が低いのでおすすめ

この記事はこんなリュックを探している人におすすめ

・かっこよくて高性能

・人とかぶらない

・個性的だけど街でも使える

リュック大好きで用途に合わせて6つ所持しているクボタンです。

上の悩みを抱えている人にという人におすすめのブランドがあるので紹介!

ボレアスはあんまり日本では見かけないブランドですね。

サンフランシスコで2010年に創業したばかりなのであまり知られていないのかもしれません。

ボレアスの特徴

・正面からの見た目/ショルダーハーネスのデザインがかっこいい

・人の目を惹きつけるサイバーでアーバンで近未来的な唯一無二のデザイン

・アウトドアブランドなので機能的な部分はしっかりしている

・独自のパッドを使用していて通気性とクッション性が高く、背中や方に負担をかけにくい

今回はそんなboreasのバックパックを容量の少ない順に紹介していきたいと思います。

フェアファックス

容量:13L

重量:460g

サイズ:46×23×19

ポケット数:5

カラー:2種類

今回紹介する中で一番容量が少ないながらも「evaフォーム」という独自のパッドをバックパネルとショルダーストラップの両方に使用している本格派。

ちょっとした街歩き用にもいけるし(パーカーと超似合いそう)チェストストラップや腰ベルト、サイドポケットもあるのでトレイルランニングやハイキング、サイクリングのお供にも最適。

トパーズ

容量:18L/25L

重量:310g/350g

サイズ:47×26×13/49×26×20

ポケット数:2

カラー:5種類

18Lと25Lの2サイズ。ロールトップで多少容量より多めに詰め込める。

くるくる丸められるので旅行先でのサブバッグとしても利用可能。

自分の持っている服や用途に合わせて合計10通り選べる。

サイズによってカラーバリエーションが違うので注意されたし。背中にevaフォームがないぶん財布に優しい値段。

ラーキン

容量:18L

重量:750g

サイズ:50×25×21

ポケット数:4

カラー:2種類

上で紹介したトパーズと比べると値段も重量もポケットの数もアップ。

一番上で紹介したフェアファックスをでっかくした感じ。「evaフォーム」というパッドもバックパネルとショルダーストラップの両方に使用。

トーラス

容量:20L

重量:200g

サイズ:48×30×18(折り畳み時:15×18)

ポケット数:なし

カラー:3種類

トパーズと同じく折りたためる。

トパーズよりとにかく持ち運びやすさを重視した感じでより軽く、よりコンパクトに。

その分ショルダーハーネスは簡素なものなのでメインのバックパックとして使うものではない。

アーバンラグニタス

容量:21L

重量:971g

サイズ:50.8×30.5×22.9

ポケット数:5?

カラー:2種類

boreasではあんまりない感じの素材とカラーリングだけどショルダーストラップやバックから見た感じでしっかりboreasだと認識できる。

チェストストラップと腰ベルトは取り外し可能なので街歩きの時は取っておくという選択肢も。

エコー

容量:25L

重量:940g

サイズ:54×30×23

ポケット数:3

カラー:2種類

完全防水。外側のサイドにポケットがないので

旅行や登山で使うなら別にペットボトルカバーはほしい。

オレマ

容量:25L

重量:670g

サイズ:52×29×19

ポケット数:7

カラー:3種類

上で紹介したラーキンの亜種といったイメージ。

素材は同じものの、容量が増え、ポケットの数も増え、重量は減っている。

あと、腰ベルトがだいぶしっかりしたものになっていてより安定感が。

普段の街歩きメインに使いたいのであればフェアファックスやラーキンの方がおすすめ。

ボリナス

容量:30L

重量:1030g

サイズ:56×30×17

ポケット数:4

カラー:3種類

後ろから見た感じやショルダーストラップがかっこいいのはboreasの製品すべてに言えることだけども、コイツや下で紹介するブートレガーはブランドのロゴマークをあしらったパッドがうっすら見えている背面パッドもカッコいい。

黒とオレンジの配色のものもボレアスらしくていいけれど黒一色のものもアーバンでたまりません。

トコパ

容量:30L

重量:1030g

サイズ:60×35×25

ポケット数:??腰ベルトとサイドポケットはある

カラー:3種類

しっかりした腰ベルトがついた30L。boreasのバックパックでここまで黒一色なのは珍しい。

5・ブートレガー

(左右のカラバリはちがうものです)

容量:30L

重量:1230g

サイズ:58×33×26

ポケット数:5

カラー:2種類

驚きの3WAYバックパック。何がすごいって3通りの使い方が出来る、ではなく3つのバックパックが同梱されているというところ。

もう少し詳しく説明すると、背負う部分(パッド+ショルダー)とバッグの部分をこんな感じで分離させることが出来て

付属の別のバッグを付けることで用途に応じて使い分けが出来るんですね。

それぞれ30L、28L、13L。

街歩きからトレイルランや登山までこれひとつで色々活躍出来る。

モントレイ

容量:35L

重量:990g

サイズ:54×30×23

ポケット数:5

カラー:1種類

上で紹介したエコーをでっかくした感じ。やはりサイドポケットがなく完全防水。

エラワン

容量:50L

重量:1030g

サイズ:73×36×28

ポケット数:3

カラー:2種類

ボックス型で、横に持ち手がついている大容量2WAYバックパック。

カラビナを外すことでショルダーハーネスをしまうことが出来る。詳しくは動画で。

緑色の方がかっこいいと思うんだけど、アマゾンでは売り切れているようです。

ハロ

容量:65L

重量:2280g

サイズ:62×35×22

ポケット数:10

カラー:2種類

世界をめぐるバックパッカーにおすすめの大容量バックパック。

ポケットも充実、レインカバー付き。

配色センスが素晴らしいなぁと思う。緑の方はもちろんのこと、別カラーのライトグレーの方もいい。普段はこういう色は避けがちなんだけどこれはかっこいい。

ちなみに僕が大型バックパックを買うときにとこれとカリマーsfのsabre45とでだいぶ迷った。

終わりに

個性的なバックパックが多いボレアス。

有名なメーカーなのですが、日本ではそこまで認知度がなく作りもしっかりしていてレビューも高評価が多いので他人と差をつけたい人は是非参考にしてみて下さいね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です