【Gopro買い方ガイド】発売サイクルから購入タイミングを考える人へ【最新作を待つべきか】

 

「今からgoproを買っていいのか」
「最新Goproって毎回決まった時期に発売されるの?」
「購入直後にすぐ新Goproが出たらいやだ」

 

という方も多いのでは。

この記事を読めばあなたが今Goproを買うべきかどうかがばっちりわかりますよ!

クボタン

 

ということで今回は数年間Goproをはじめとしたアクションカム情報を追いかけ続け、HERO7とMAXの2台もちである僕が

  • Goproの新作が発売されるタイミングは秋!
  • でも、今買うべきかは新作までの「残り期間」で決めない方がいい
  • 実は時間が経ってから買うことにもメリットはあるよ
  • そもそもあなたの用途だったら実はGoproじゃなくてもいいかも

 

といった内容をお話していこうと思います。

 

新Gopro が登場するのはだいたい秋!

 

ここ3~4年のGoproの新ナンバリングの発売時期は以下の通りです。

 

モデル名 発売日
gopro HERO8( H ) 2019.10.25
gopro HERO7( H / M / ) 2018.9.27
gopro HERO6( ) 2017.9.29
gopro HERO5( ) 2016.10.08
表のモデル名横の( )の意味

H・・・ハイスペック(高性能)モデル

M・・・ミドルスペック(中性能)モデル

E・・・エントリー(入門用)モデル

基本的に新ナンバリング(「Gopro HERO 〇」という機種)は秋にハイスペック1機種のみ発売されることが多いです。

その他機能を抑えた廉価版や限定版は春や夏に発売されることもたま〜にあります。

 

Gopro購入を新作登場までの残り時間で決めない方がいい

 

時期にかかわらず、新モデル発売までの使用機会が多そうなら現モデルにしておきましょう

なぜなら一番もったいないのは思い出の記録ができないことで、同じ日は2度と来ないからだよ!!

クボタン

そうは言っても春夏に購入して、速攻新作が出たらがっかりしそうやん?

 

その点では多少がっかりするかもやけど。

ただ発売から時間が経つにつれて色々なキャンペーンが出て金額的にはトクになることが多いんやで。

クボタン

 

 

ということで、以下に季節ごとにどんなGoproの情報やキャンペーンが登場しがちかを掲載していきます。

また、オマケで各季節によくある定番イベントみたいなのも載せておきますので、ご自身の予定とも併せて判断材料にしてもらえれば幸いです〜!

 

秋…最新Goproが発売されがち

9月に入るころには新Goproのリーク情報が出回っていることが多いのでさすがにステイが賢明だと思います。

 

ただ、発売後もそこから1~2か月経つと以下でお話する抱き合わせセット的なものも発売される傾向にあるので、もし秋口にあまりお出かけがない場合は冬まで様子見もありです。

秋のイベントや行事

運動会・文化祭/学園祭・〇〇狩り・遠足・ハイキング・ハロウィン

冬…お得な抱き合わせセットが発売されがち

 

新Goproが発売されて数か月経っている冬には、アクセサリが同梱された特別セットが販売されがちです。

本体を購入するとアクセサリが無料でついてきたり、単体で購入するより格安で購入できたり様々です。

クボタン

 

ちなみに最新Gopro HERO8の場合だと、「ホリデーバンドル」というものが登場しています。

Goproを使っている身からすると、この付属アクセサリの中でも控えのバッテリーと手持ち棒「SHORTY」は持ってて損はないものです。

あなたにとって今回が初のGoproならば、アリ。

クボタン

 

「ホリデーバンドル」は通常版より高いですが、公式で同じアクセサリを別途購入した場合よりは¥6,735お得です。以下に詳しく掘り下げた記事がありますのでご興味がありましたら是非。

 

非公開: Gopro HERO8限定セットとサードパーティ製で揃えるのとどちらが安上がりか検証してみた

 

冬のイベントや行事

各種イルミネーション・クリスマス・スキー・スノーボード・年末年始旅行・帰省・初詣・成人式・バレンタイン

春…抱き合わせセット・廉価版・限定版が発売されがち

 

春・夏には普通のナンバリング以外のGoproが発売されることがちらほらあります。

 

過去に登場したナンバリング以外のGopro

モデル名 発売日
gopro HERO2018( ) 2018.3.29
gopro HERO5 session( 小 ) 2016.10.15
gopro HERO+( ) 2015.7
gopro HERO4 session( 小 ) 2015.7
gopro HERO( ) 2014.10
表のモデル名横の( )の意味

E・・・エントリー(機能をおさえた入門用)モデル

・・・小型モデル

 

SESSIONシリーズは携帯性抜群で人気がありましたが、ここ数年新モデルが登場していません。

クボタン

 

春のイベントや行事

春休み・遠足・花見・ゴールデンウィーク・バーベキュー

 

夏…新Goproのリーク画像が出がち

 

夏にはリーク情報が出回りがちですが、画像が多く性能に関しては未知数。

 

長期休暇が取りやすく旅行やレジャーに行く機会も増えそうですし、水周りでもガシガシ使っていけるGoproは海やプールでの強い味方になるかと。

 

夏のイベントや行事

夏休み・お盆・プール・海水浴・帰省・祭り・花火・キャンプ・大型フェス

 

【重要】そもそもあなたの用途の場合「Gopro」である必要性はある?

 

さて、最後に今一度考えて欲しいのがこの点。

いわゆる「Goproのある生活」的な日常使用がメインの場合、最新のGoproだと完全にオーバースペックです。

小走り・ロードバイクくらいのブレ感ならGopro HERO7でじゅうぶんなんやで。

クボタン

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック
GoPro(ゴープロ)

 

Gopro以外の他社製品も実はけっこうおすすめ

 

現在Gopro以外にも

  • 超有名企業で信頼性アリ
  • 小型で防水で耐久性がある
  • 手ブレ補正もばっちり
  • もちろん4K撮影可能
  • むしろGoproよりすぐれているところさえある

というアクションカムがありますので、最後に現在のおすすめを2つご紹介してみますね。

 

DJI osmo action

特徴

・フロントにも液晶がついてて自撮りにも便利!

・Goproより¥10,000ほど安い!

 

 

insta360 ONE R

特徴

・Goproと同じ価格帯で、おまけに360度カメラが別についてくる

・3種のカメラパーツを自由に組みかえられる

 

 

他社の場合、確実に1年で新作を出して来るとは限らないので、そういった意味でも精神衛生上おすすめですよ〜。

クボタン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です