1万円台の完全ワイヤレスイヤホンERATOのVERSEを選んだ理由と使用感。

この記事はこんな人におすすめ

・完全ワイヤレスイヤホンのレビューが知りたい

・完全ワイヤレスに興味あるけど迷っている

・興味あるけどあんまり金かけたくない

・ドラゴンボールが好き

どうも、funkとデスコミュ~ジック大好きなqubotanです。

数年前まではイヤフォンにもいろいろこだわって自分好みのやつを結構探し回って買ったりしてたんですが、いかんせん乱暴に扱っているからか最終的には毎回断線してたんですよね。

*断線直後の自分

そしていつからかiphoneの純正のやつでいいやという生活に戻ってたのですが、不思議したくて冒険したくてこいつをヨドバシで買ってみました。

 

完全ワイヤレスのイヤホン、ERATOのVERSE

初めて聞くメーカー。

完全にワイヤレスというのは右と左も完全に独立してる、まったく線のないイヤホンのこと。

今日はコイツを買うまでに至った経緯をお話していこうかと!

「完全ワイヤレスってどうなの?」「完全ワイヤレスに興味あるけど迷っている」

という人の判断材料になれたら幸いです。

 

価格帯の基準「1~2万円のものを買うと決めた理由」

よっしゃ、ワイヤレスイヤホン買うで!と思ったはいいものの、ワイヤレスイヤホンの事情をよく知らなかった自分はとりあえずどんな種類が発売しているのかを調べました。

そうすると下は5000円くらいから上は5万円くらいまでのものが。メーカーの名前も聞いたことないものが多いし、同じ価格帯なら大体おんなじ音質じゃなかろうかと思い1~2万円のものを買うか、と相成りました。

 

 

でもなぜ1~2万円のものを選んだか。

そもそも根底に自分の予算がなかったというのはさておき

その理由を手短に。

・「そこそこ」聴けるレベルのものがいい

せっかく買い替えるんなら今よりいい音質の方のものにしたい。

現在がアイフォン6s買ったときについてきた純正のやつなのである程度何でも満足出来そうな気がするけど、さすがに1万円以下はイマイチなんじゃないのかと思って聴いてません・・・。

逆に「この音質、DANDAN心惹かれてくやん・・・」となりたくもなかったのであまり高いヤツも聴かないようにした。

・これからまだまだ伸びしろがある分野な気がする

高すぎるものを買ってすぐ新製品、というか性能がアップしたものが出たら夜も寝られない。

*買った直後に値下げしたり新製品が出たときの自分

・・・ということであたらしい製品が出てもメンタル面のダメージが少なくそこそこ聴けるであろう1~2万円のものを買うことに。

なぜERATOのVERSEにしたか。

さてここからが本題。なぜこれを選んだのか。

色々同じような価格帯のものがある中でを聴き比べて選んだので、それらの感想も一緒に紹介していこうかと思います。

なお、「音楽を聴くこと」を重視した評価なので他の利便性は考えてません。

1・solrepublic

比べた中では最安値。高音がめっちゃ出る。シャリシャリ。店員さん曰く左右同時にケースから出さないと上手くペアリング出来ないらしい・・・。正直、アイフォン純正の方が音質はいいんじゃないかと思いました。。。

2・BE free8

  • 【VGP2018 金賞 受賞】国内最高権威のオーディオビジュアルワードにて金賞を受賞しました。VGPとは国内製品・海外製品を問わず、日本国内において発売されている幅広い製品を対象として優れた才能と技術・コンセプトを具現した優秀モデルに贈られます。
  • 充電時間 :イヤホン 2時間(フル充電) / バッテリーボックス3時間(フル充電)
  • 重量 (kg) :イヤホンセット(CP350 tips含め) 11g / バッテリーボックス 44g
  • NFMI(近距離磁界誘導)テクノロジー採用、CVCノイズキャンセリングマイク
  • SBC, AAC, aptX low latency/Dynamic型6mmドライバー、500mAhバッテリー

出典:アマゾン

音はよかった。バランスがいい。ただ、付属のイヤーチップが小さくて装着感が微妙。他は全く問題なし!

3・wf-1000X

  • 専用アプリケーションでノイズキャンセリング等のカスタマイズが可能に。
  • トリプルコンフォートイヤピース/フィッティングサポーター付属で優れた装着感を実現。
  • ケースから取り出すと自動で電源ON
  • NFC搭載、ワンタッチペアリングで簡単接続。
  • Siri/Google Nowなどのスマートフォンの音声アシスタント機能を起動できる
  • 質量:本体のみ(左右各)約6.8g
  • 付属:USBケーブル、イヤーピース 【ハイブリッドイヤーピースロングSS,S,M,L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)、フィッティングサポーターM,L(各2)】、キャリングケース(充電ケース)

出典:アマゾン

ソニーの商品。同価格帯では頭一つぬけている音質・フィット感だと感じました。唯一のノイズキャンセル付きというのもデカい。

他に外部音の取り込み機能「アンビエントモード」というものもあって、周りの音を聴きながら音楽を楽しむこともできる。正直、防水じゃないという点以外かなりいい感じ。

しかし「ソニーのはちょっと音が途切れやすいかもです」と店員さん。実際スマホを離しただけでぷつぷつ音切れが。。。

4・airpods

これは聴いてない。ごめんなさい・・・

というか売り場になかったので聴けなかったんですよねー

 

  • 自動でオンになり、自動で接続
  • すべてのApple製デバイスをワンタップで設定
  • ダブルタップで瞬時にSiriへアクセス
  • 1回の充電で連続再生5時間。複数回充電できる充電 ケースを使用すれば24時間以上の連続再生が可能
  • ケースですばやく充電
  • 豊かで質の高いオーディオと音声
  • デバイス間の切り替えはシームレス
  • AirPods(左右各):16.5 × 18.0 × 40.5 mm/充電ケース:44.3 × 21.3 × 53.5 mm
  • システム条件:iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル/watchOS 3以降を搭載したApple Watchのモデル/macOS Sierra以降を搭載したMacのモデル

 

出典:アマゾン

非常に使い勝手がいいという話はとてもよく聞くんですが今自分が求めているものは音質なので、純正と同じ形のコレに魅力はあんまり感じなかったのです。イヤーチップでずっぽり入れるものがいい。

5・VERSE

  • 【本体】
  • 再生時間:最大3時間
  • 通話時間:最大4時間
  • バッテリー:60mAh リチャージャブルリチウムイオン
  • フル充電時間:2時間

出典:アマゾン

結果的に買ったやつ。音としてはぎりぎり及第点装着感もばっちり。ただ、マックス音量が少し小さ目。アイフォン純正のやつよりは確実に音量小さい。

6・聞き比べてみて結局。

いずれのモデルにも気になるところがあって、このVERSEを選んだのも買った時点では、お前に惚れた!という感じではなく「んー、これしかないかな」といった消去法でたどり着いた感じ。

開封してみる

箱。

空けてみた。箱がキツキツで地味に開封するのに5分くらい。

向かって右の箱の底にマニュアルと保証書等合わせて4部。

左の方に入っていた本体を出してみる。

かなり小さい。握り込める大きさ。

本体の下に替えのイヤーチップと電源用USB。

使ってみてわかった3つのいいところ

1・充電器の充電がすぐなくなるということはない

買ってから1週間経つ。毎日通勤で1日1時間弱聴いていて使うたびに充電してるけど今のところ充電器の充電が消える気配はない。

アマゾンのレビューですぐ切れるというレビューを見かけましたがぼくのは大丈夫みたい。

2・音飛びしない

今のところ音飛びしたことが一回もない。満員電車にのるという生活してないからかもしれませんが。でも、普通に電車は乗るけど音飛びしない。

ちなみに部屋に携帯をおいて音楽鳴らす→隣の部屋のトイレで用を足す間も途切れなかった。

 

追記(3/5)

さすがに長いこと使っていると途切れることも。でもあんまり途切れない。

3・その他

・イヤーチップのサイズ違いが同梱されている。

自分はもともとのものがちょうどいい感じだったんで変えてないですが選択肢は多いに越したことはない。

・音質はまずまず

上でも一回書いた通り。しかし過度の期待は禁物。

使ってみてわかった気になる5つのところ

1・付属のUSBが短い

ほんとけっこう短い。もう少し長くてもいいんじゃない・・・?

2・箱があけにくい

上に書きましたがなんかクレーマーみたいですね。

比較的どうでもいい内容。でもちょっとだけ困ったのも事実。

3・マックス音量が小さめ

やっぱり爆音で聞く人は少し物足りないかもしれない。めっちゃ小さいわけではない。気になる人は気になるレベル。

4・バッテリーが減ったときアナウンスがうっとうしい

聴きまくってバッテリーが少なくなると、30秒に一回くらいの感覚で「バッテリー・ロウ」とささやかれる。

ぎりぎりまで音楽を楽しみたいので、いきなり切れてくれた方がいいと思った。

5・周りの音が聞こえない

密閉式なのでしゃあないといえばそうなのかもしれない。コンビニで買い物をする時とかいちいちとる羽目になる。

公道でのランニングで使うのはおすすめしないかも。

総評

結論からいうとまずまず。

当たり前だけど紐がないというのはよい。

断線して壊れることがないのだから!!

 

音質はiPhone付属のものから大きく変わった感じはしない。ちょっとよくなった?レベル。

まあそこは完全独立させる技術にも金がかかるのでしょうがない。

なので同じ値段でワイヤレスと音質の両方を求めるのであれば、左右だけ繋がっているイヤホンやヘッドホンの方がいいよ!

 

あと、普通のイヤホンを買う以上に買う前に聴いてみるということが大切だと思う

価格とBluetoothの性能はあんま比例しないらしく、高いくせにブツブツ切れるみたいなのはよくあるらしいので。上に書きましたが同じ価格帯ではソニーのがそれでした。

家電量販店に行って実際にペアリングして、スマホを尻ポケットに入れてみたり、首をふるなりして音の途切れ具合を確かめてみるといいと思います。

大体ケースの中で大切に展示されていると思うので店員さんに勇気を出して声をかけよう。

大人のフリしてあきらめちゃ奇跡の謎など解けないよ。

*0:45~の意味不明なバスドラ(+ベース?)が最高やね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です