steam版ゆめにっき3Dのレビュー。原作との違いやプレイ後の感想をネタばれなしでお届け!

こんにちは。

ゆめにっきの3D版がsteamで出ていると聞き秒で購入したqubotanです。

一応クリアもしたので今回は

  • ゆめにっきとはどんなゲームなのか
  • YUMENIKKI DDをプレイしてみて感じたこと
  • オリジナル版とYUMENIKKI DDのちがい

をさくっとお届け。購入するか迷ってる人の判断材料になれば幸いです。

ゆめにっきとは

出典:YUMENIKKI-DREAM DIARY

もともとは2004年に公開されたフリーゲーム。

作者のききやま氏による他に類を見ないアートワーク、音楽、キャラクターが作り上げる独特の世界観にどっぷりハマる人が続出した。

ゲーム内容はというと、ベッドに入って眠って、不思議で不気味な夢の世界をただただ歩き回るといったもの。歩き回っていると何かアイテムがあるかもしれないし、ないかもしれない。なくても気にしない。世界観に酔いしれるゲームなのだ。

さてそんなゆめにっきですが、2018年にsteamにて「YUMENIKKI -DREAM DIARY-」として作者のききやま氏全面監修のもと3Dになって帰ってきたんです。

公式HPはこちらから。

以下にプレイした感想を書いていきます!!

 

オリジナルを模した「ゆめ」がいっぱい

出典:YUMENIKKI-DREAM DIARY

オリジナルバージョンをプレイしたことがない人が不思議な世界に酔いしれることができるのはもちろん、プレイ済の人も「ここはオリジナルでいうとあのゆめだなぁ」というのが音楽やオブジェクトで分かって、懐かしくも新鮮な気持ちで新しいゆめにっきが楽しめる

旧作を知っている人はテンションあがるよ。

 

アクション性が強くなっている

出典:YUMENIKKI-DREAM DIARY

オリジナル版ではできなかったジャンプが出来る。走れる。フィールドによっては左右にしか移動できないところもあったり。

このジャンプを使うことが多いんだけど、マイナスの要素としては視点移動が自分でできないので、場所によっては高低差などの位置関係がうまく捉えられずストレスにも。

まあ失敗したところで現実の世界に引き戻される(ゲームオーバーになる)わけでもなく、なんのデメリットもないので気長にやりゃあいいんですが、いらいらする人は多少いるかもしれない。

 

やることが決まっている感

出典:YUMENIKKI-DREAM DIARY

オリジナルの方は本当に何のヒントもなく、縦横無尽に広がる夢の世界をひたすらさまよってさまよって、たまたま何かを見つける、何も見つからなくてもそれはそれでいいか、と雰囲気を楽しめたイメージ。

一方今作はというと「あ、ここは多分こうするんだろうな」というのがわかりやすい作りになっている。つまり、雰囲気ゲーではなく明確に「何か」をするゲームになっている。

その改良が親切で分かり易いという意見もあればそういうゲームじゃねぇからこれ!って意見もあるかと。あう人もいるし、あわない人もいる。steamの評価においても賛否両論なのもわかる気がする。

 

進化する「ゆめ」

出典:YUMENIKKI-DREAM DIARY

つい最近バージョン2.00が公開されました。そう、このDREAM DIARYはアップデートしていくのです。

まだオリジナルから再現されていない「ゆめ」もあるので、これからもどんどんふくらむ「ゆめ」に期待です!

今ならサマーセールで30%オフで購入できるのでもしこの記事を読んで気になった人は是非とも。

スチームのページはこちらから。

では今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です