パソコンでのイラスト制作に必要な3つを超絶わかりやすく解説!

「パソコンで絵を描きたいけど何がいるかわからん!」

「どんくらいお金かかるんやろ」

どうもみなさんこんにちは!

パソコンで絵を描くのが趣味であるクボタンです。空白期間もありますが10年選手くらいかな??

このページをおとずれたみなさんはPCで絵を描きたい、つまりデジ絵を始めたいと思ってるんじゃないでしょうか。

今日はそのために必要なものをPC自体にもあんまり詳しくない人にでもわかるようにまとめたのでよかったら参考にしてね。

PCでのイラスト制作に必要なもの3つ

いきなり結論から言いますね。

  1. PC(性能のいいやつ)+モニター
  2. ハード
  3. ソフト

PCでのイラスト制作にはこの3つが必要でして、これはそれぞれゲームに例えると

1・PCとモニター = テレビとゲーム機
2・ハード = コントローラー
3・ソフト = ゲームソフト

みたいな感じです。どれかひとつでも欠けると基本的にはお絵描きはできません。

順番にひとつずつ掘り下げてみますね。

 

PCでのイラスト制作ツール1・PCとモニター

当たり前!と思うかもですがまずはここから。

「今からお絵描き用にPC買うぞ!」という人のために簡単にポイントをまとめてみると以下の感じ。

  1. windows/macどっちでもいい
  2. スペック(性能)は高い方がいい
  3. モニターは20インチ以上が望ましい

以下で詳しく掘り下げますが、「今使っているPCをそのまま使うぞ!」という人は2からチェックしてみてください。

1・windowsでもmacでもどっちでもいいよ!

なぜなら、PCでお絵描きするにはソフトがいる(あとで解説します)んですけど、主要なソフトはwindowsとmac両方に対応しているからです。

 

2・スペック(性能)が高いとストレスが減るよ!

「いちいち動作が重い・・」「あ!動きが止まった!!(フリーズ)」などなど、スペックが低いと絵を描くこと以外に集中力を持って行かれます

 

逆にスペックが高ければ「インターネットで資料を探しつつ、お気に入りの音楽を聞きつつ、さらに別のソフトを使いつつ絵を快適に描く」なんてこともサクサクこなせます。

僕はyoutube+3Dモデリングのソフト+お絵描きソフトという3つを同時に使うよ。

クボタン

快適にイラスト制作がこなせるPCのスペックの目安

CPU(プロセッサ)→corei5以上

メモリ→8gb以上

GPU→「NVIDIA」「RADEON」のもの

 

  • CPU…PC君の脳みそ。かしこさ。
  • メモリ…PC君が作業する机の広さ
  • GPU…画像&映像を編集したり表示したりすることに特化した第二の脳みそ。

↑の説明を見て「???」となる人や、自分のPCスペックの調べ方がよくわからん!という人は↓をオープンしてみてください。わかっている人は飛ばしてもらってオッケーです。

スペックの確認方法

・windows10
画面左下の「ここに入力して検索」のところにdxdiagと入力してenter

 

・windowd8、7
画面左下のwindowsボタンをクリック「プログラムとファイルの検索」にdxdiagと入力してenter

 

・mac
画面左上のリンゴマークをクリック→「このmacについて」をクリック

性能は確認できたでしょうか?

「確認できたけどどんなレベルのものなのかよくわからない」という人は以下を参考にしてみてください。

プロセッサ(cpu)

core i5」「core i7」なら問題ないです。できればcore i7。

他のcpuについてはこんな感じです。

  • core i3…ちょっときびしい
  • pentium…おじいちゃん
  • celeron…ひいおじいちゃん

メモリ

8GB(=8000MB)以上は欲しいところです。16GBあれば余裕です。

CPUがceleronでメモリ512MBのPCでお絵描きすることは、ひいおじいちゃんにトイレで因数分解させるようなもんやで。

クボタン

GPU

GPUに関しては、cpuやメモリに比べると優先順位は高くないです。

macの人は「このmacについて」のところに表示されていますね。windowsの人は「ディスプレイ2」というタブに移動して確認してみてください。

「intel~」から始まってたら作業がちょっともたつくこともあるかもでして、「NVIDIA」「RADEON」とか書いてあったら安心です。

 

MEMO

上の2つは会社の名前で、NVIDIAの方がポピュラー。

NVIDIAの主要なGPUは

 

・3Dゲーム用だけど画像編集もまあまあいける「geforce

・画像編集、動画編集、3D制作に特化した「quadro

 

という2種。凡庸性が高いgeforceでじゅうぶんだと思います。


モニターは大きい方がいいよ!

上のを写真はお絵描きソフトを開いている状態のモニター。

なんか左右と上にツールがある

こんな感じでモニターの大きさ=キャンバスサイズというわけではないのでモニターは大きい方がいいです。

モニターの選び方を詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてもらえればと思います。

デスクトップPCとノートPCどっちがいいの?

お絵描きを優先したPCを買うのであればデスクトップを推します。

理由は二つ。

①・ノートPCだったら画面との距離が離れるから画面が見づらい

②・ノートPCにはモニターが大きいものが少ない

ノートPCは持ち運び前提で作られていることが多いのでどうしてもモニターが小さくなるよね。

クボタン

あとこれはお絵描き用途に限ったことではないですが、デスクトップPCの方が寿命が長いというのもおすすめする理由のひとつです。

PCでのイラストツール2・ハード「ペンタブレット」

ゲームでいうところのコントローラー、PCでのイラスト制作のハードは「ペン」「タブレットの」2つから構成されます。

1・ペン

ペンの先には芯が入っていて、ずっと使っていると鉛筆のように先が削れていくのでその都度ピンセット的な道具で新しい芯に取り替えます。

ケチっていつまでも変えずにいると交換の時大変。

クボタン

ペンの横には二つのボタン、そして種類によってはペンのお尻に消しゴム機能が。

2・ペンを読み取るタブレット

マウスと違って、ペンはこのタブレット上でしか反応しません。

そしてこのタブレットには3種類あります。

1・板型タブレット

PCのモニターを見ながら手元のペンを走らせるスタイル。マウスに近い使用感。


2・液晶型タブレット

タブレットがモニターにもなっていて直接描き込めるタブレット。紙に絵を描くのと近い感覚で作業できる。


3・独立型タブレット

上の2つと違い、別にPCが必要ないタブレット。ipadをイメージしてもらえればわかりやすい。


このペンとタブレットの二つをあわせてペンタブレットと呼びます。

みんな省略してペンタブと言っているね。

クボタン

ちなみにタブレットを購入するとペンは一緒に入っているから安心されよ!

 

 

ペンタブの値段は?

ペンタブレットの日本企業「ワコム」の製品のおおよその価格は以下のような感じです。

  • 板型 ・・・約1~4万
  • 液晶型・・・約6~40万
  • 独立型・・・約18~35万

液晶タブレットは初心者には多少高いお値段なので、余裕がないのであれば1万円くらいから買える初心者向けの「板タブ」をおすすめします。

また、初心者向けの板タブは有料イラスト制作ソフトが無料で付いてくるというのもメリット。


「ワコムのタブレットにはどんな種類があるのか」「タブレットはどう選べばよいのか」は以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

PCでお絵描きするためにいるもの3・ソフト

ゲーム機本体を持っててもソフトを持ってなかったらゲームを遊べないのと一緒で、パソコンで絵を描くにもイラスト制作のソフトが必要。

「フォトショップ(フォトショ)」とか「クリップスタジオ(クリスタ)」とか聞いたことない?これらはソフトの名前なのだ。

クボタン

以下に代表的なソフトの紹介していきますね。

フォトショップ

出典:get into pc

  • プロの世界でもよく使われている、画像編集の代名詞的ソフト
  • 買い切りではなく毎年更新していくタイプで、年25000円ほどかかる。

 

ちょっと触ってみたいなぁなんて人は、機能を抑えた買い切りバージョン「フォトショップ エレメンツ」が16000円ほどでおすすめ。

クリップスタジオペイント

出典:prtimes

  • photoshopに比べて「イラスト制作」に特化している
  • photoshopと違って買い切りなのでお金がかからない
  • イラストだけ描く人用の「PRO」、漫画も描く人用の「EX」がある

無料体験版もあるのでとりあえず公式ページでダウンロードしてみてはいかがでしょうか??

あと、ワコムの初心者向けタブレット「intuos」にはクリップスタジオプロが特典でついてくるモデルもあります。詳しくは以下の記事から。

↑これらのリンクは記事の最後にも同じものを載せておきますので、あとまわしでも大丈夫です。

GIMP

 

  • photoshopに似た操作感。
  • フォトショップなみに多機能
  • 無料

どうせタダだし「フォトショップ使いたい!でも今は金がない!」という人はつなぎにでもさわってみるといいんじゃないでしょうか?

ダウンロードはここから。

 

【まとめ】PCイラスト制作でいるもの&始める最低予算の目安

PCでのイラスト制作にて必要な3つのもの
  1. PC+モニター(約¥80,000~)
  2. ペンタブレット(約¥10,000~¥300,000)
  3. イラスト制作用ソフト(¥0~¥25,000)

上でもお話しましたがwacomの初心者向けのペンタブレット「intuos」には有料ソフトが付属するので、もしある程度の性能のPCがあるとするとすればPCでのイラスト制作は1万円~から始められます。

 

ということで、次におすすめするのは合計10種類もあるワコムの初心者向けペンタブ「intuos」の記事です。

お時間あるようなら是非〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です