yiynovaのお絵かき用大型格安液晶タブレットの使用レビュー。

追記2019.1 今は画面は少し小さくなるけどcintiq16買った方がいいと思うよ!!

ワコムの液タブcintiq16まとめ。proとの違いとデジ絵初心者に不向きな2つの理由とは?

デジタルで絵を描くというのを続けていると

・もっとデカいキャンバスに描きたい

・直接描きたい

という欲求が出てくるんですよね。

そして大型液晶タブレットにあこがれるわけですが一級品は高くてなかなか手が出ないんですよねー

それで、少し前に中国製の液晶タブレットを購入したことが。

Yiynova MVP22U+RH 21.5インチ(win,mac対応)

なんでこれを買ったかというとそりゃもう安くてデカいからです。

製品の特長

・液晶:21.5インチ

※ワコムcintiq22とほぼ同じ

・価格:6万円台(2018年1月アマゾン調べ)

※ワコムcintiq22だと20万円くらいするので半額以下!!

・解像度:フルHD

※結構前のものなのでしょうがない。ワコムcintiq22と同じ。

・筆圧感知:2048レベル

※ワコムcintiq22(旧モデル)に同じ。

日本ではあんまりレビューも見なかったので大丈夫かな~と不安に思いつつ

ワコムのものに比べると破格の安さで、微妙ならば返品すればいいやってな感じでポチる。

以下に細かな使用して感じたことなんかをまとめてみますね。

視差はワコムのcintiq22HDと同じくらい

今は新しいcintiq、cintiqproが出てるのでそちらの方が圧倒的によいですね。表面のガラスが分厚いのでアナログ感は薄れます。

ペンの追従速度

少し遅いかな、といった具合。

ゆっくり線を引く人は大丈夫かと思いますが気になる人は気になるレベル。

因みに当方のPCのCPUはcorei7でメモリは8ギガで、グラフィックボードはGTX745でございます。

ペンの重さがちょうどいい

電池をペンに入れるタイプなので重たいのではと思ってたけど全然。

手がしんどくならない。

リモコンつき

ワコムのものにもついてる、手で拡大縮小できる、

ジョグダイアル的な部分がリモコンになっていて好きなところに配置可能。

勿論wiiリモコンのように常に持ちながらのスタイルも可能。これは便利。

斜めに線を引くとカクカクっとなることが。

斜めにゆっくり線を引くとフォトショップでグリッドを表示させて線を引いた時のように線がたまに階段状になることがあるんですよね。かなり残念なポイント。

ストロークする際、実際より少し小ぶりになる

素早く丸を描いた際に等にわかるんですがペンの描く丸より実際にストロークされる丸がわずかに小さくなる(気がする)んですね。

ゆっくり線を引く人であれば気にならないかもしれませんがこれも残念。

対応がよい

上記の件で色々カスタマーサービスに相談したんですが迅速かつ丁寧です。本当に驚きました。

まとめ

とまあこんな感じでした。

初めての液晶タブレットで、かつ大きな画面が欲しい!でもお金がない!!という方には

試してみる価値ありな一品かと。

⬆︎とか言ってましたが今はcintiq16の方がおすすめです(2019.1 追記)

ではでは。

合わせて読みたい液タブ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です