Gopro 7と他のウェアラブル/アクションカムの比較記事総まとめ

Gopro 7 blackユーザーのクボタンです!

今までGopro HERO 7 BLACKの記事をいくつも書いてきたんですが、その間にGoproのライバルもたくさん登場してきました。

今回はそれらのライバルたちとそれぞれの特徴をまとめて紹介しようと思います。

1・Gopro HERO7 blackと他のGoproの比較

他社のものと比べる前にまずは最近のGoproどうしで比べてみた記事です。

HERO7自体に

  • エントリーモデルのWHITE
  • ミドルスペックのSHILVER
  • ハイスペックのBLACK

の3機種出てまして、それにHERO6を加えた4種類を比較した記事を書きました。

ざっくり言うと性能的には7BLACK→6→7SHILVER→7WHITEといった具合でして、個人的には「手ぶれ機能に優れ」「動きながらなめらかなタイムラプスが撮れる」black一択。

2・DJI osmo pocketとGoproの比較

公式動画

あんまり水まわりやスポーツで使うことがなさそうだという人にはGoproよりもおすすめのカメラ。

DJI osmo pocketはアクションカムではないんですが、なんとカメラ自体にジンバル(物理的な手ブレ防止機構)がついているおかげで安定性はGopro HERO7 blackの上をいきます。

アクションカムやスマホ用のジンバルは単体で数万円するものなので、それがカメラに組み込まれているのにGoproと同価格帯で買うことができる、と考えるとgopro 7blackよりだいぶお得。

ただし、いいところずくしではなかったり・・・。

3・DJI osmo actionとGoproの比較

公式動画

一つ上で紹介したDJI osmo pocketの後、同じメーカーであるDJIから登場したアクションカム。

前作のosmo pocketは防水機能やタフさがなくGoproとの住み分けができてたのですが、今作のosmo actionは使い道もフォルムも似ていて、Goproのガチのライバルといったところ。

パッと見、前面にも液晶があって自撮りのアングルが確認しやすいというメリットは予想できると思うのですが、比べてみると他にもいくつか違いがありました。

正直、Goproと比べて一長一短です

4・insta360 oneXとGoproの比較

公式動画

「カメラワークにこだわりたい!」「自分の旅行を視聴者に追体験させてあげたい!」みたいな人にめちゃんこおすすめ

このinsta360 oneXは360度切り取れるビデオカメラ!アクションカムではないんですけど、発売当時goproと値段が似ていたもので比べてみました。

360度で撮った動画は画面をタップすることで自由に視点を変えられるので、臨場感がヤバイ

また、360度動画はあとからクロップ(画面の一部分の切り抜き)することも可能で・・・

・・・こんな感じで取った後に見せたいところだけ編集できます。

5・sony RX0ⅡとGoproの比較

公式動画

Goproとほぼ同じサイズ感のデジタルカメラ。クリエイター(気質の人)におすすめです。

というのも、Goproよりセンサーサイズが大きいのできれいな映像が撮れるのに加えて、動画のlog撮影(写真におけるraw撮影みたいなもの)瞳フォーカスという機能を使うことで写真や動画をこだわりの「作品」にランクアップできるからです。

背面にはチルト型液晶がついていて自撮りがしやすかったり、Goproと違って物理ボタンが多いため「スワイプやタッチの反応が悪い!!」といらいらせずにすむのも利点。

アクションカムじゃなくてデジカメなんですが、手ぶれ補正と防水もしっかりしていてライバルになるのでは?と思い比べてみたのが以下の記事です。

Goproとその他の選び方はこんな感じで選ぶといいよ

最後に色々比較記事を書いてきた僕が思うそれぞれの選び方をまとめてみます。

  • スポーツで使わない/手ぶれ皆無の動画→osmo pocket
  • スポーツで使用/自撮りしやすい→osmo action
  • スポーツで使用/osmo actionより色鮮やかに広範囲を撮りたい→HERO7 black
  • 撮影後カメラワークにこだわりたい/360度撮影→insta360oneX
  • 撮影後編集にこだわりたい/クオリティ高い写真→RX0Ⅱ

上の5種類だと値段は2019/8現在、みんな4~6万円前後で大差ないです。

あなたにぴったりのカメラが見つかったならば幸い!では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です